ゲーム

ニンテンドースイッチライトと新型ニンテンドースイッチを徹底比較!プレイスタイルごとのおすすめを解説

2019年9月20日にニンテンドースイッチの携帯専用モデルである「ニンテンドースイッチライト」(Nintendo Switch Lite)が発売されました。

携帯使用に特化したスイッチということで、据置機としての機能をバッサリ削除した分、価格が安くなり携帯性も大きく増しているのが特徴です。

また、通常型のニンテンドースイッチもリニューアルされ、バッテリー持続時間が長くなった新モデルが発売されました。

それぞれ仕様の大きく異なるモデルではありますが、価格差がおよそ10,000円ということもあり、どちらを買おうか悩まれてる方も多いのではないかと思います。

携帯特化で大丈夫かな…テレビでプレイするかも…。

この記事では、新しく発売されたニンテンドースイッチライトと、リニューアルされた新型のスイッチを比較し、それぞれの特徴についてまとめています。

どのようなプレイスタイルの方にオススメなのかも提案していますので、ご一読いただければ幸いです。

それぞれのニンテンドースイッチについて

ニンテンドースイッチのそれぞれのモデルについては下記の通りです。

ニンテンドースイッチライトについて

ニンテンドースイッチライトの基本的な情報は以下の通りです。

  • 発売日:2019年9月20日(金)
  • 希望小売価格:19,980円 (税別)
  • 本体カラー:イエロー、グレー、ターコイズの3色

初期ラインナップはパステル系のカラーリングですね。

女性や低年齢層など、比較的ライトプレイヤーが多い層にターゲットをあわせているのがうかがえます。

また、11月1日(金)には、「ポケットモンスター ソード・シールド」の発売にあわせて「ザシアン」「ザマゼンタ」の2色が追加発売されました。

ニンテンドースイッチライト:ザシアン・ザマゼンタ

スティックと各ボタンにザシアンとザマゼンタのカラーが採用されており、背面にもザシアンとザマゼンタがプリントされています。

ポケモンファンにはおすすめのモデルです!

新モデルのニンテンドースイッチについて

リニューアルされたニンテンドースイッチの基本的な情報は以下の通りです。

  • 発売日:2019年8月30日(金)
  • 希望小売価格:29,980円(税別) 
  • 本体カラー:ネオンブルー・ネオンレッド、グレーの2色

旧型からカラーは変えておらず、ニンテンドースイッチのイメージを継続しています。

実際、今回のリニューアルはいわゆるマイナーアップデートに近く、変更の内容も内部性能の向上にとどめています。

外見上の形状変更もないことから、変化を見せるなら次回以降という任天堂の判断がうかがえます。

スイッチライトと通常型スイッチの価格差は約10,000円

価格を見てみると、

  • 新型スイッチ…29,980円(税別)
  • スイッチライト…19,980円(税別)

約10,000円の価格差があります。

この価格差は結構大きいですが、それにともなって機能も省略されています。

省略されたジョイコン機能がプレイスタイルやタイトルの選択に関わってくるかで、納得度が異なってきそうです。

各ニンテンドースイッチのスペックの比較

旧型も含めたニンテンドースイッチの各モデルのスペックを比較した一覧は以下の通りです。

名称 旧型ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch) 新型ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch) ニンテンドースイッチライト(Nintendo Switch Lite)
発売日 2017年3月3日(金) 2019年8月30日(金) 2019年9月20日(金)
希望小売価格 29,980円(税別) 19,980円(税別)
プレイモード TVモード:◯
テーブルモード:◯
携帯モード:◯
TVモード:×
テーブルモード:×
携帯モード:◯
遊べるソフト すべてのニンテンドースイッチソフト 携帯モードに対応したすべてのニンテンドースイッチソフト ( 一部制限あり
Joy-Con(ジョイコン) 1セット付属 付属なし
Nintendo Switchドック 1台付属 非対応
本体サイズ 縦102mm × 横239mm × 厚さ13.9mm 縦91.1mm × 横208mm × 厚さ13.9mm
重量 約398g 約275g
画面サイズ 6.2インチ 5.5インチ
画面解像度 画面解像度:1280×720ピクセル
バッテリー持続時間 約2.5〜6.5時間 約4.5〜9.0時間 約3.0〜7.0時間

旧型スイッチは3000円のクーポン付きで売られていたりするようですね。

新旧モデル間での違いはバッテリー持続時間のみなので、割り切れる方はそちらの選択肢もありかと思います。

スイッチライトと新型スイッチはどちらがオススメなのか

どちらを買うとより幸せになれるかは、プレイスタイルによってかなり違ってくると思います。

購入をお考えの方は、購入の前に下記について整理するとよいと思います。

  • スイッチをプレイする場所はどこか
  • スイッチでプレイするタイトルは何か
  • スイッチを誰とプレイするか

これらを見直すことで、自分のプレイスタイルにもっとも適した選択ができるのではないかと思います。

スイッチをプレイする場所はどこか

スイッチライトはプレイモードは携帯モードに特化

  • テレビモード→新型スイッチのみ
  • テーブルモード→新型スイッチのみ
  • 携帯モード→新型・ライト両方

スイッチライトは「ニンテンドースイッチドック」に非対応のため、テレビへの出力機能がなく、本体液晶でのプレイオンリーです。

また、コントローラーが本体と一体になっているため、テーブルモードでのジョイコン2人プレイにも対応していないのが特長です。

スイッチライトは小型で軽量

その分、スイッチライトは本体が一回りコンパクトになっています。

  • 通常型スイッチ…縦102ミリ・横239ミリ・厚さ13.9ミリ
  • スイッチライト…縦91.1ミリ・横208ミリ・厚さ13.9ミリ

また、重さもかなり軽量化されています。

  • 通常型スイッチ…約398g
  • スイッチライト…約275g

約123gの重量差。

これはおよそ文庫本1冊、またはスマホ1台分程度の違いです。

また、New3DSが約253gですので、スイッチライトとほぼ同じと考えれば、スイッチライトの軽さがイメージしやすいのではないかと思います。

スイッチライトはバッテリーは改善したが新型スイッチの方が上

また、スイッチライトはバッテリーについても従来型よりも改善されています。

  • 従来型スイッチ…約2.5〜6.5時間
  • 新型スイッチ …約4.5〜9.0時間
  • スイッチライト…約3.0〜7.0時間

本来であれば携帯専用モデルなので、スイッチライトの勝利、といきたいのですが、新型スイッチがバッテリーを従来型よりも劇的に改善してしまっています。

最長で公称約9.0時間とかなり伸びているので、持ち運びメインの人には少し選びづらい状況が発生しているかもしれません。

スイッチでプレイするタイトルは何か

スイッチライトはテレビへの出力ができないため、携帯モードオンリーでのプレイになります。

長時間つづけてプレイする方は、携帯モードでのプレイで問題ないか検討した方がよさそうです。

スイッチライトは液晶画面のサイズが一回りコンパクト

  • 通常型スイッチ…6.2インチ
  • スイッチライト…5.5インチ

スイッチライトは一回り液晶サイズが小さくなっています。

とはいっても、5.5インチはiPhone 8 Plusと同等の大きさなので、プレイに十分な大きさは確保されています。

スイッチライトはジョイコン(Joy-Con)の付属はなし

スイッチライトはコントローラーが本体一体型のため、ジョイコンが付属していません。

HD振動機能とモーションIRカメラが使用できないため、この辺の機能を使用するゲームで遊びたいときに制限が生じてしまいます。

スイッチの売りのひとつがこのジョイコン機能なので、これは正直すこしネックかも。

とはいえ、使うゲームといえば…1-2-スイッチとか…?

ARMSとかもダメそうですね。

あとからジョイコンを買い足すことでジョイコンが必要なゲームもプレイは可能ですが、さすがにスイッチライトを買っておいて別にジョイコン買う人もそうそうおるまい…。

通常型スイッチよりもドック分、金額的に損をする計算になってしまいます。

なお、従来型のジョイコンは故障を繰り返すことが話題でしたが、新型では設計から改善されているとの話もあるようです。

うちの旧型スイッチの左スティックも不調でジョイコンを買い足すはめに…。

ジョイコンを買い替えると高いんですよね。8000円くらいしますし。

修理に出した場合でも保証期間外だと2000円ちょっとかかるようです。

ジョイコンが壊れるのが嫌だからという理由でスイッチライトをお考えの場合は、再検討の材料にはなるかと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

スイッチを誰とプレイするのか

スイッチはジョイコンを使用することで「おすそわけプレイ」が可能です。

ジョイコンを取り外して、片方ずつを一つのコントローラーとして2人プレイで遊べるやつですね。

このおすそわけプレイが結構いいんですよね。

ファミコンで対人プレイもできますし、そういう遊び方も地味に面白かったりするんですよね。

誰かと一緒にプレイする機会があるのか、それともソロでひたすらもくもくプレイしたいのかも一つの判断材料です。

まとめ:スイッチに選択肢が増えたことは歓迎できること

以上より、自室のベッドで寝転んでプレイしたり通勤通学に持ち出して使用することが多ければ、プレイ環境に適している分、スイッチライトがオススメです。

反対に、重厚なグラフィックの大作RPGをプレイしたり、友人を自宅に呼んで何人かでゲームをするようなことが多ければ、大画面に出力できる通常型がプレイ環境に適しています。

このあたりはゲームの遊び方次第ですね!

何はともあれ、スイッチに選択肢が増えたことは非常にうれしいことだと思います。

通常型との価格差10,000円は大きいですし、ソフトがまるっと1本買える値段ですので。

ゲーム機もガジェットも、何もつねに最高スペックが正義かというとそうでもないと思うんですよね。

隙間時間しか遊べない方とかでしたら携帯性に特化したスイッチライトの方が絶対に遊べると思いますし。

スイッチの購入をご検討の方は、購入前に自分のプレイスタイルをもう一度見直して、あらためてご判断いただくとよいかと思います。

自分に合ったスイッチを選んでプレイを思いっきり楽しみましょう!

ABOUT ME
ヨノイ
ヨノイ
ヨノイといいます!ブログや文章を書くことが好きで、ネットのさまざまなサービスや製品について発信しています!Amazonが大好きなのでそのあたりの情報が多め。記事をシェアしてくれると喜びます!\(^o^)/
Amazonギフト券にチャージすると最大2.5%還元!
Amazonでお得にポイントをゲットする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券のチャージタイプがおすすめ!

Amazonギフト券のチャージタイプは購入することでアカウントに残高が追加される仕組み。

チャージ後はそのままAmazonでの買い物で使用できます。

チャージするだけでポイントが最大2.5%分加算されるのでかなりお得!ぜひ利用しましょう!

\現金でチャージするだけで最大2.5%!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です