Amazonギフト券にチャージで最大2.5%還元!

Audible(オーディブル)とはどんなサービス?使用してみた感想【レビュー】

オーディブルってどんなサービスなんだろう?本を聴くだけなら読むほど大変じゃなさそうだけど、本当に効果あるのかな?詳しいことが知りたいです。

現代はスマホとインターネットによる情報化も進みインプット全盛の時代。

人々の学習意欲はかつてないほど高まっていると言えますが、その一方でなかなかインプットのための時間を確保できない現状もありますよね。

ヨノイ

長い労働時間やワンオペ育児など……。

そこでおすすめなのがオーディブルAudible)。

オーディブルは本を音声コンテンツとして聴けるオーディオブックサービスです。

これまで読書と言えば実際に本を開いて文字を読まなければなりませんでした。

しかし、オーディブルなら音声なので耳で聴くだけ。

場所や状況に縛られることなく、これまで上手く活用できなかった時間をインプットの時間に変えることができます。

忙しい日常の中で、読書のためだけに時間を確保するのはなかなか大変なこと。

時間をより有効に使うためにも、ぜひオーディブルを利用してみましょう。

\聴くだけで本が読める!/

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

Audible(オーディブル)とは

Audibleオーディブル)は本を音声コンテンツとして聴くことができるサービス

PCからの利用はもちろん、スマホアプリにもコンテンツをダウンロードできるので、どこでも音声で読書を楽しめます。

ヨノイ

いわゆる「オーディオブック」と呼ばれるサービスですね!

これまで読書といえば本を開いて自分で文章を読む必要がありましたが、オーディブルなら音楽のように耳で聞くだけ。

これまで何でもなかった時間をインプットの時間にすることができます。

たとえばこんな時間をオーディブルの時間に変えることができます。

オーディブルを活用できる場面

  • 本が開けないほど混雑した通勤通学中の電車内
  • ジョギングやフィットネスなどの時間
  • 料理や掃除など家事をしている時間

オーディブルはアプリとしてもリリースされているのでスマホで利用することも可能。

イヤフォンさえあればどこでも利用できます。

またオーディブルを利用できるのはスマホだけではありません。

オーディブルはEchoでも再生することができるので、家にいる時間であればいつでも「何かをしながら」インプットすることができます。

AmazonのEcho(第2世代)を6ヶ月以上使用した結果をレビュー【レビュー】AmazonのEcho(第2世代)を6ヶ月以上使用してみた感想

Audible(オーディブル)のシステムについて

オーディブルを利用するための仕組みについて解説します。

オーディブルの定額制は月額1,500円で1冊を購入可能

オーディブルは月額1,500円のコイン制

毎月「コイン」が1枚配布されるので、そのコインを使って配信コンテンツの中から好きなタイトルを購入するシステムです。

ヨノイ

コインという仕組みを用いていますが、毎月1,500円で1冊の本を買うのと同じですね。

1冊では物足りずコンテンツをもっと楽しみたいという方は、もちろん追加でコンテンツを購入することも可能です。

ちなみに一度購入したタイトルは途中で返品・交換ができます。

試し読みとして最初の数分間を聴いてみて、合わなそうであれば返品して他の作品を探すといった使い方もできます。

また、購入したタイトルは退会後も聴くことができるので、しばらく利用機会がなさそうであれば、月額制の利用をいったん中断することも可能です。

オーディブルの音声コンテンツは会員でなくても購入可能

オーディブルの音声コンテンツは定額制の会員でなくても購入可能です。

その場合はコインが使えないので、コンテンツごとに購入費用を支払うかたちになります。

ただしオーディブルの音声コンテンツのほとんどは1,500円以上の値段で設定されており、タイトルによっては3,000円近い値段のものまであります。

また定額制の会員は非会員価格の30%オフで購入できます。

月額1,500円の定額制を利用した方が圧倒的にお得なため、現状ではあえて非会員のまま利用するメリットはありません。

Audible Stationが無料で利用可能

定額制会員は、Audible Stationオーディブルステーション)を無料で利用できます。

オーディブルステーションは特定のテーマに沿ってコンテンツが流れている、ラジオチャンネルのようなコンテンツ。

松本人志と高須光聖のラジオ番組「放送室」が聴けたり、落語が多数あったりなど、読書以外にもコンテンツを楽しむことができます。

また英語コンテンツも豊富なため、リスニングの練習としても利用するのも有効です。

Audible(オーディブル)の30日間無料体験について

オーディブルは30日間の無料体験を実施中です。

無料体験の期間中はいつでも退会可能なので、オーディブルを気軽に体験できます。

オーディブルを開始するには絶好の機会ですので、気になる方はぜひ登録してみましょう。

なお、コンテンツは途中で返品・交換が可能です。

数も豊富なので、聞き比べながらじっくりと選ぶのがおすすめです。

\聴くだけで本が読める!/

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

Audible(オーディブル)の使い方

オーディブルの使い方は以下の通りです。

  1. オーディブルに登録
  2. スマホにオーディブルアプリをダウンロード
  3. 聴きたい本をコインで購入

それぞれの手順を具体的にご説明します。

STEP.1
オーディブルに登録する
 

まずオーディブルのトップページより会員登録します。

\聴くだけで本が読める!/

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

STEP.2
Audible(オーディブル)アプリをスマホなどにダウンロードする

オーディブルのアプリはスマホやタブレットで利用できます。

iOS、Androidともにアプリが用意されているので、それぞれApp StoreとGoogle Playよりダウンロードしインストールします。

 

STEP.3
Audibleから聴きたいコンテンツをダウンロード
 

コンテンツの一覧はアプリからも見ることができますが、ダウンロードはアプリから行うことができません。

Audible:ダウンロード

コンテンツのダウンロードはWeb版のオーディブルページから行う必要があります。

PCからアクセスしてコインで購入しましょう。

 

STEP.4
コンテンツを再生する
 

ダウンロードが終わったら早速コンテンツを楽しみましょう!

Audible(オーディブル)の料金支払日について

オーディブルの初回の料金発生日は、30日間の無料体験が終わった翌日です。

つまり登録して31日目に月額料金1,500円分が引き落とされ、さらにその1ヶ月後に2回目の支払いが発生します。

料金支払日は初回の登録日から日数で起算されるので、登録するタイミングに損や得はありません。

Audible(オーディブル)のデメリット

オーディブルはとても面白いサービスですが、実際に使用してみて幾つか感じたこともあります。

音声コンテンツは頭に残りにくい

正直な感想としては、音声コンテンツはきちんと集中して聴かないと頭に残らない印象です。

個人差はありそうですが、聴覚から大量の情報がノンストップで入ってくると、それなりに集中力を要求されるんですよね。

ある程度の訓練が必要なのかもしれませんが、読書とは違った意識でインプットを捉える必要があるのかなと感じています。

「前のページに戻って読み返す」という使い方にやや不向き

紙の書籍であればページを戻って読み返すことができますが、オーディオブックはこの辺りが不得手です。

オーディブルにもブックマーク機能はあるのですが、当然ながら開けるのはあらかじめ登録しておいた場所だけです。

本であれば、パラパラめくれば割合すぐに目的のページに辿り着くことができますが、音声コンテンツの場合は検討をつけて戻るというのが正直難しいです。

「あのことが書いてあったページ何だっけ」とちょっと戻りたいときに結構ストレスですね。

この辺りは視覚情報との違いが顕著に出ているような気がしています。

文章量と比較して時間がかかってしまう

これも音声コンテンツの宿命かもしれませんが、読み上げていくと黙読するよりもはるかに時間がかかってしまいます。

再生速度もかなり細かく調整できるので、僕は1.5倍から2倍の速度で再生していましたが、それでも時間はかかります。

読むスピードが速い人だと、かなりもどかしく感じるのではないかと思います。

ヨノイ

文章は視界に入った2、3行をまとめて処理できるのでまとまった情報量を高速にさばくことができますが、音声はちょっと厳しい…。

また、消化するために再生スピードを上げれば当然より聴き流す状態に近くなるので、こちらも記憶への定着のしづらさに繫がっているような気がします。

ラインナップが少ない

現状ではオーディブルはラインナップがあまり充実していません。

もう少し選択肢が増えてくれるとありがたいというのが本音ですね。

ヨノイ

あまり「選べる」という感覚はないかもしれません!

またジャンルに偏りがあるのも少し気になるところ。

やはりベストセラー系やビジネス、自己啓発系が多い印象です。

Audible(オーディブル)のメリット

次はオーディブルに感じたメリットについてです。

インプットの場を選ばず車の運転時でもラジオ代わりに利用できる

オーディブルの最大のメリットは聴くだけでOKということ。

これまでインプットの場になりえなかった時間を読書体験に変えることができます。

とくに通勤に車を利用されている方にとっては、絶好のチャンス。

これまでだと運転中に出来ることはせいぜい音楽を聴くかラジオを聴くか、頑張っても英会話の再生くらいだったところを、読書の時間にできます。

らくだけどうしさんでは車通勤で実際にオーディブルを利用してみた感想と、注意すべき点について書かれています。

参考 車通勤を学びの時間に!オーディブルなら本を耳で聴ける!【感想・使い方】|ドライブ|amazon|ながら運転|らくだけどうし

通勤時の電車内でオーディブルを利用するという話は比較的よく見ますが、車運転時に利用についての記事はたいへん貴重で参考になります。

車を運転することが多い方は、是非ご一読くださいませ。

育児中の方でも利用しやすい

やはり育児中の方にとっては、貴重な読書の機会として利用できるのではないかと思います。

とくにお子さんが未就学児の頃は、お子さんから長時間視線を外すことに抵抗がありますよね。

なかなか文章に集中するのも難しいものですが、そんな場合でもオーディブルを利用すればお子さんの様子を見ながら読書ができます。

ヨノイ

読書好きの方にとっては気分転換になるのでは。

もくりんぐさんでは、実際に他のオーディオブックサービス「audiobook」と比較した体験記事を書かれています。

育児の実体験中に書かれていることもあり、最終的にどちらを選ばれたかも含めて大変参考になりますので、ぜひご覧になってください。

参考 オーディオブックを育児や育児の合間に使うならオーディブルとaudiobookどっち?もくりんぐ

視覚や四肢に障がいをお持ちの方でも利用しやすい

また身体に障がいをお持ちの方にとっても、読書体験を得られるよいサービスではないかと思います。

とくにEchoやAlexaは音声による指示が可能です。

積極的に導入することで、より利用しやすくなるのではないでしょうか。

Audible(オーディブル)の解約手順

また今回オーディブル(Audible)を一旦解約したので、その手順についても解説しておきます。

オーディブルの解約はブラウザから行い、手順の流れはPCとスマホでほぼ同じです。

今回の例ではスマホの画面を例にして解説します。

STEP.1
Audible公式サイトへブラウザからアクセス

Audible公式サイトへブラウザからアクセスします。

まず公式トップにある無料体験のボタンをタップします。

Audible(オーディブル)の解約・退会

Eメールまたは携帯電話番号、Amazonのパスワードを入力してサインインします。

Audible(オーディブル)の解約・退会

なお解約手続きはスマホアプリからはできないので要注意です。

STEP.2
画面最下部の「PCサイト」で画面表示を切り替え

スマホでAudibleサイトへアクセスするとスマホ用サイトが表示されますが、解約はPCサイトからしか行えません。

そのため画面をPCサイトに切り替えます。

画面最下部の「PCサイト」をタップします。

Audible(オーディブル)の解約・退会

STEP.3
PCサイトの画面上部のメニューから「アカウントサービス」をタップ

画面がPCサイトに切り替わったら画面上部の「◯◯さん、こんにちは!」をタップします。

Audible(オーディブル)の解約・退会

メニューが開くので、「アカウントサービス」をタップします。

Audible(オーディブル)の解約・退会

STEP.4
「退会手続きへ」をタップ

Audible(オーディブル)の解約・退会

STEP.5
「このまま退会手続きを行う」をタップ

Audible(オーディブル)の解約・退会

STEP.6
退会理由のアンケートを回答し「次へ」をタップ

Audible(オーディブル)の解約・退会

STEP.7
「退会手続きを完了する」をタップし、手続き終了

Audible(オーディブル)の解約・退会

以上で手続きは終了です。

PCでも解約の手順の流れは同じです。

PCの場合はAudibleにアクセスすれば自動的にPCサイトが表示されますので、スマホのようにスマホサイトからの切り替えは不要です。

解約後のコイン・購入済みのオーディオブックの扱いについて

解約の際に気をつけておきたい点は以下の2つです。

Audible解約時の注意点

  • 未使用のコインは解約するとなくなる
  • 購入済みのオーディオブックは解約後も聴くことができる

すでに購入したオーディオブックは解約後も再生できますが、未使用のコインは解約した時点でなくなります。

コインを使わないまま解約してしまうともったいないので、解約前にオーディオブックと交換しておきましょう。

コインがたまったら解約・退会を上手に利用しよう

Audibleを日常的に利用していても、意外とコインを上手に消化できなかったりします。

コインには使用期限がありますので、使わないで手元に残しておくと無駄にしてしまいかねません。

だぶついてきたなと感じたら貯まったコインをオーディオブックに交換した上で、早めにいったん解約をするのが賢い使い方です。

\聴くだけで本が読める!/

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

利用一時休止の「休会」を選択することも可能

利用を再開する予定があれば「休会」を選ぶことも可能です。

休会はAudibleの利用の一時休止で、詳しい内容は下記のとおり。

Audible休止のポイント

  • 休止期間中は持っているコインがなくならない
  • 12ヶ月間に1回、30日、60日、90日間の3種類の期間から休会が可能

ただし休会中は毎月のコインの付与がなくなります。

またコインの使用期限は付与されて6ヶ月以内ですが、これは休会中でも変わりません。

なお休会は利用の履歴などからオーディブル側から適用と判断された場合のみ利用できます

退会の手順の最後で「休会申請」のメニューが表示された場合は、休会を利用することが可能です。

またカスタマーサービスからも休会が可能か問い合わせできます。

休会したいけれど解約手続きの中で休会のメニューが見当たらない場合は、問い合わせをしてみるのもありですね。

まとめ:オーディブルが向いているか試すためには無料体験がおすすめ

たとえば通勤や通学など、これまで音楽を聴くくらいしかできなかった時間がインプットになり得るというのはとても歓迎できることです。

とくに電車内の混雑具合が激しく読書も難しいような場合だと、コンテンツの選択肢としてアリではないかと思います。

また本文でも触れたように、育児中の方、身体面での事情で読書が困難な方にとっても有益なサービスです。

オーディブルは利用度がライフスタイルに大きく影響されるサービスで、実際に使ってみないとピンと来ない要素を多分に持ったサービスでもあります。

体験型のサービスは百聞は一見に如かず。

使ってみてはじめて納得できる部分も多いはずです。

オーディブルには無料体験が用意されています。

登録も簡単で解約もいつでもできるので、興味を持たれた方はぜひ試してみてください。

\聴くだけで本が読める!/

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

人気記事U-NEXTの評判は?メリット、デメリットを一挙解説

人気記事動画配信サービス12社を徹底比較!本当におすすめできるVODランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です