Amazonギフト券にチャージですると最大2.5%が還元!

楽天koboとAmazon Kindle、電子書籍はどちらがおすすめ?サービスを徹底比較!

現在、国内で電子書籍の利用を考えた場合、普及率などから見ても、実質的な選択肢はAmazon Kindle楽天koboのいずれかと言えるでしょう。

国内での電子書籍サービス(一般書籍に限定)の利用率では、1位のAmazon Kindleを2位の楽天koboが追いかけるという構図になっており、どちらを選ぶかは悩ましいところです。

インプレス総合研究所:電子書籍ビジネス調査報告書2020

出典: 電子書籍ビジネス調査報告書2020 | インプレス総合研究所

とくにサービスを決める上で注意しておきたいのは、購入した電子書籍は他のサービスへ移動することができないということ。

後々での乗り換えはデメリットしかないため、事前によくリサーチした上で決めるべきです。

そこで本記事では、Amazon Kindleと楽天koboについてサービス内容を比較し、それぞれの優位性を整理しました。

サービス選びに慎重になりすぎて、選ぶことに時間を取られ過ぎてしまうのも本末転倒。

ぜひこちらの記事を参考に、サービス選びを進めていただければと思います。

【結論】書籍代を徹底的に抑えたいなら楽天kobo、Amazonプライム会員ならKindle

【結論】書籍代を徹底的に抑えたいなら楽天kobo、Amazonプライム会員ならKindle

まず結論から言うと、ネットでの買い物が楽天メインなら楽天koboを、AmazonメインであればKindleをおすすめします。

理由としては下記の2点です。

  • 商品の購入は特定のサービスに集約させた方がメリットが生じやすい
  • それぞれポイント等の還元やクーポン割引が大きく、価格の額面的な面でわかりやすく優位

それぞれについて詳しく解説します。

【ポイント①】商品は特定サービスへの集約でエコシステムの恩恵を最大化できる

まず1つ目のポイントは、商品の購入は単独のサービスに集約させた方がメリットが強まるということです。

特に楽天は、楽天系列に利用を集約することで割引などが加算される仕組みを積極的に取り入れています。

(いわゆる楽天経済圏。)

【ポイント②】特にkoboは還元率やクーポン割引で額面上で優位性が出やすい

また2つ目は、とくにKindleよりもkoboに関して顕著ですが、ポイント等の還元やクーポン割引が大きく、価格の額面に反映されやすいという利点があります。

「本を1円でも安く買いたい」と考える方にとっては、koboは「金額として見えるかたち」で還元されやすいため、納得感があるでしょう。

» Amazonで本をまとめ買いするとお得!一律3%がポイント還元!

Amazonプライム会員なら総合的なコスパからKindle一択

反対に、Amazonをよく利用する方はKindleがおすすめです。

特にAmazonプライム会員になっている方はKindle一択だと言えるでしょう。

Amazonプライムは動画や音楽なども含んだ総合的なサービスですが、Kindleに関しても読み放題サービスが設けられているなど、強いメリットが用意されています。

プライム会員であればKindle端末を持つべきですし、Kindleを利用するのであればプライム会員にならないと損だとも言えます。

» Amazonプライムとはどんなサービス?すべての特典をわかりやすく紹介!

少なくとも現状では、Amazonのサービスをフルに利用しようとすると、Amazonプライムへの加入は前提です。

幸いにもAmazonプライムには30日間の無料トライアルが用意されているので、まだ体験したことのない方は、ぜひこの機会に申し込んでみましょう。

楽天koboもAmazon Kindleも電子書籍を読むという本質では差はない

電子書籍を読むという本質的な点では、koboもKindleも大きな違いはありません。

電子書籍リーダーとして見ても、Kindlekoboはそれぞれ優れたデバイスです。

どちらを選んだとしても良質な読書体験を提供してくれるでしょう。

もちろんサイズや値段などの細かな違いはありますが、デバイスとしての性能差に大きな開きはなく、本質的にそこまで違いはありません。

» 楽天の電子書籍リーダーKoboの現行4機種を紹介!おすすめのモデルはどれ?

» AmazonのKindleタブレットの現行3機種を徹底比較!おすすめのモデルは?

ただし注意しておきたいのは、楽天kobo、Amazon Kindleで配信されている電子書籍のラインナップには、微妙な違いがあるということです。

koboでは配信されているけどKindleにはないということがありますし、またその逆もありえます。

最近では、とくにメジャーな作品のラインナップについては差がなくなってきていますが、目当ての作家や作品がある場合は、あらかじめ確認をしておくと安心です。

楽天koboとAmazon Kindleのそれぞれ優位な点を比較してみる

koboとKindleにはそれぞれサービスとしてのメリットがありますが、比較してみると方向性が大きく異なることがわかります。

楽天koboはクーポンやポイント還元が圧倒的に優れている

楽天はクーポンやポイントの還元を施策の中核として位置づけていますが、これはkoboにおいても同様です。

ポイント付与率が最大15倍までアップする楽天SPUをはじめとして、クーポンやポイントアップキャンペーンなど、買い物をすればするほど割安に購入できるのが、楽天の特徴です。

これらは楽天内のサービスを横断して実施、適用されるため、楽天を利用すればするほどkoboも安く利用できるというメリットがあります。

そのため、楽天を利用するのであれば、徹底的に消費を楽天に集約するのが正解です。

Amazon Kindleでも豊富なセールなどでユーザーへの還元を実施

一方のAmazonも、ユーザーへの還元は積極的に実施しています。

Kindleでは常時セールを行っており、「日替わりセール」、「月替わりセール」、「Kindleマンガセール・キャンペーン」などを利用できます。

またKindleのセールは、1冊99円などのかなり極端な値段設定を行ったりするのも特徴です。

ただし、対象のタイトルが限定されており、また一定の期間で入れ替わってしまうため、いつでも大きな還元の恩恵が受けられるというわけではありません。

またその他にも、突発的に価格がセール並みに下がることもあり、事前情報をキャッチできるよう常にアンテナを張っておく必要があります。

» Amazonのセール・キャンペーン情報まとめ!安くなるタイミングでお得に購入

なおAmazonでも、電子書籍は紙の書籍よりも数%ほど安くなっています。

Amazon Kindleは読み放題サービスに強力な優位性がある

Amazon Kindleを選ぶメリットとして大きいのは、Amazonプライムを主軸とした強力な読み放題サービスです。

プライム会員には、Prime Reading(プライムリーディング)と呼ばれる電子書籍の読み放題サービスが用意されており、追加料金なく利用することができます。

用意されている冊数もかなり多いので、ただ「読書をしたい」という目的であれば、これだけで十分な読書体験を得られます。

「これから読書をしていきたいけど何を読んでいいかわからない」という方は、最初はプライムリーディングでいろいろ読んでみるとよいでしょう。

また、Amazonでは月額制の電子書籍読み放題サービスを展開しており、さらに強力なKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)というサービスも利用できます

こちらは読み放題の対象書籍をさらに拡大したもので、「もっと読書をしたい」というコアな読書家のニーズにも応えられるプログラムになっています。

» 和書12万冊が読み放題!Kindle Unlimitedのメリット・デメリットを徹底解説【無料体験】

またKindle Unlimitedでは数ヶ月間の利用が無料、または99円になるキャンペーンを定期的に実施しています。

その他にも、Kindle端末の購入時に3ヶ月分のKindle Unlimitedのライセンスが無料で付与されるなど、利用を始めやすいキャンペーンが多いのも特徴です。

» Kindle Unlimitedが2ヶ月299円キャンペーン実施中!【はじめてのKindle アンリミテッドプラン】

Amazon Kindleの読み放題サービスはPrime ReadingとKindle Unlimitedの二段階で展開

Amazonの最大の強みは、強力な読み放題サービス。

現在展開されている月額制サービスは、次の2種類があります。

  • Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)
  • Prime Reading(プライムリーディング)

それぞれ詳しく解説します。

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍120万冊以上

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)は月額制の読み放題サービス。

月額980円で対象の本、マンガ、雑誌、洋書などを何冊でも読むことができます。

タイトル数は、和書が12万冊以上、洋書なら120万冊以上と驚異的な冊数です。

金額から見ても一月にハードカバー書籍を1冊読めばペイできるので、コストパフォーマンスのよさは異常と言ってよいくらいです。

Kindle Unlimitedは初回利用者に限り、30日間の無料体験を実施しています。

まだ申し込みをされてない場合は、実際に無料体験に申し込んでみることで、書籍の圧倒的な冊数が体感できます。

Prime ReadingはAmazonプライム会員限定で無料で利用可能

Amazonプライム:プライムリーディング

また、Amazonプライムの会員であれば、Prime Reading(プライムリーディング)というサービスを追加料金なしで利用することが可能です。

Prime Readingも読み放題のサービスで、Kindle Unlimitedの中から和書、洋書あわせて数百冊を読むことができます。

Kindle Unlimitedと比較すると対象の冊数は少ないですが、対象タイトルにはベストセラー本などの有名書籍も含まれています。

ユーザーによっては、こちらのサービスだけで間に合うという方も多いでしょう。

何よりの利点は価格の安さ。

Amazonプライムの年会費のみ(月額4,900円)で利用できるので、コストパフォーマンスの高さは驚異的です。

Kindleオーナーライブラリーは2021年1月4日に終了

これまでKindle端末を持っているプライム会員向けのサービスとして、Kindleオーナーライブラリーが提供されていましたが、2021年1月4日をもって終了となりました。

Kindleオーナーライブラリーは1か月につき電子書籍1冊をただでダウンロードできる画期的なサービスでしたが、残念ながらサービス終了となってしまいました。

楽天koboは無料タイトルの配布と月額制の楽天マガジン

読み放題サービスに関しては、koboは正直弱い印象を持たざるをえません。

koboでは無料で1,800冊以上のマンガや雑誌を配布している他、楽天マガジンという雑誌の読み放題サービスを展開しています。

» 楽天マガジン:500誌以上いろいろなジャンルの雑誌が読み放題!

月額380円で250誌以上の雑誌が読み放題となかなかのコスパですが、月額制サービスに関してはAmazonが異常に強すぎることもあってインパクトは正直弱いと言わざるをえません。

kobo利用においては、月額制読み放題サービスで優位性を取れないところを、実質価格で取り返していく運用になるでしょう。

Amazon KindleはFireタブレットで雑誌や写真集もカラーで楽しめる

本記事はあくまで「kobo」と「Kindle」の比較なので、他のデバイスを持ち出すのはフェアではないかもしれませんが、AmazonはFireタブレットシリーズを展開しているのも強みです。

というのも、Fireタブレットは電子書籍もカラー表示できるため、雑誌類やカラーの書籍を読むのにとても適しているからです。

また、ディスプレイサイズがシリーズ最大のFire HD 10であれば、画面を横向きにして見開き表示にしても、紙面サイズが小さくなりすぎることがありません。

Fire HD 10:Kindle(漫画白黒見開き表示)

» Amazon Fire HD 10 タブレット(2019年モデル)をレビュー!スペックやメリット・デメリットを解説

雑誌のように見開きで見せてくるレイアウトでも、違和感なく読むことができます。

Fireタブレットはスペックの割に安価で、プライムビデオの再生など他の用途にも使えます。

Amazonプライムを利用するなら、買っておいて損はないデバイスです。

» Fireタブレットを買ったら何ができる?できること、できないことをわかりやすく解説

Amazonプライムはサービスの質、内容ともに圧倒的に優れている

Kindleとkoboを比較した場合、コストパフォーマンスを探っていくと、最終的にAmazonプライムというサービスに行き着きます。

» Amazonプライムを見てみる

KindleやKindle Unlimitedもそれ単独で優れたデバイス、サービスです。

しかし、Amazonというサービスの利用を突き詰めて考えた場合、Amazonプライムを中心に据えることで全体の利便性は一気に上がります。

Amazonプライムは電子書籍だけでなく、動画音楽ストレージなど、複数の領域に渡って展開されるサービスです。

自分の生活を丁寧に検討してことで、必ず何かでメリットを得ることができるでしょう。

自分の生活スタイルとAmazonプライムをあらためて精査した上で、Kindleかkoboかという選択を行うことをおすすめします。