dTV

dTVをテレビで見る方法は?9つをデバイス別に解説

2020年4月19日

dTVをテレビで見る方法は?9つをデバイス別に解説

dTVをテレビで視聴したいんだけど、どんな方法があるんだろう…。
おすすめの方法があれば知りたい!

dTVをテレビで視聴するためには出力するための対応デバイスが必要です。

対応デバイスをお持ちでない場合は、別途購入する必要がありますが、dTVは対応デバイスも豊富。

たくさんの選択肢の中から選べますよ。

この記事では対応デバイスの中からとくにおすすめの製品をご紹介します。

dTVってどんなサービス?メリット、デメリットを一挙解説します!
dTVってどんなサービス?メリット、デメリットを一挙解説します!

続きを見る

dTV31日間無料おためしはこちらから

dTVをテレビで見る方法①:Fire TV Stick

一番おすすめなのがFire TV Stick。

ともかく安価ですし、動画配信サービスの対応状況がよいのがポイント。

dTVはもちろん、ほとんどの動画配信サービスがFire TV Stickに対応しています。

ラインナップにはバリエーションがあって現在は下記のような感じ。

Fire TVシリーズラインナップ

  • Fire TV Stick:4,980円
  • Fire TV Stick 4K:6,980円
  • Fire TV Cube:14,980円

おすすめはFire TV Stickで、セール時に買えば三千円台で購入が可能。

安い割りにめちゃくちゃ活躍してくれる最強コスパのデバイスです。

Fire TV シリーズのセール価格を一挙公開!割引率と価格をチェックしてお得に購入しましょう

続きを見る

あるとないとでは動画視聴の環境がまったく変わってくるので、この手のデバイスをお持ちでない方には是非おすすめです。

dTVをテレビで見る方法②:Fire TV Stick 4K

Fire TV Stickをお考えの場合、ご自宅のテレビが4K対応している場合は、先々のことを考えるとFire TV Stick 4Kの方がおすすめです。

dTVも4K対応を開始しており、まだ一部ではありますが、動画を4K画質で視聴できます。

なおU-NEXTやNetflixなど4Kサービスを開始するサービスは増加しています。

他のサービスへ登録する可能性があればなおさら4Kで間違いないはずです。

Fire TV Stickは4Kモデル、ノーマルモデルどちらを選ぶべき?スペックの比較まとめ

続きを見る

dTVをテレビで見る方法③:Chromecast

Chromecastも動画視聴デバイスとして対応しています。

イメージ的にはGoogle版のFire TV Stickといったところでしょうか。

シェア的にFire TVシリーズに押されている印象はありますが、デバイスとしての価格も機能もほとんど同じ。

Google側がかなり意識しているのがわかりますが、Google好きな方はChromecastもいいのかもしれません。

Chromecastのデメリットは2点。

Chromecastのデメリット

  • Amazonプライムビデオの視聴がミラーリングのみの対応
  • リモコンの付属がなく、スマホやテレビのリモコンで操作する必要あり

Chromecastはプライムビデオの専用アプリが配信されてないのが最大のデメリット。

とくにプライムビデオをあわせて利用される方はFire TVシリーズの方がおすすめですね。

dTVをテレビで見る方法④:Apple TV(第4世代)

Apple TVはApple版の動画配信デバイス。

iTunesで購入した動画を見られたり、4K対応しているなどの機能面での優位性はあるものの、価格が19,800円からとかなり高価です。

なお視聴にdTVアプリを利用する方法は一つ前の世代のApple TV(第4世代)のみの対応。

現行機種(2017年発売)は第5世代のため、対応していません。

dTVをテレビで見る方法⑤:AirPlay

Apple TVを利用した視聴方法としてはAirPlayを使ったストリーミング再生もあります。

ただしApple TVは価格が高いので、dTVを見るためだけに買うのは正直わりに合わないですね。

もともと買う予定だった場合に動画配信サービスにも流用できるくらいの感じでしょうか。

dTVをテレビで見る方法⑥:ひかりTVチューナー

NTTぷららが提供する映像配信サービス「ひかりTV」の専用チューナーです。

dTVに利用するためにひかりTVに未加入の方がわざわざ揃えるものではないかと。

dTVをテレビで見る方法⑦:Android TV/対応テレビ

Android TVとはGoogleの提供するAndroid OSを搭載したスマートテレビのこと。

Google Playからアプリをダウンロードしてインストールできます。

ご自宅のテレビがAndroid TVの方はdTVアプリをインストールしてdTVを視聴できます。

またテレビの中にはあらかじめdTVのアプリが組み込まれているものもあります。

対応機種はこちらからご確認ください。

dTVをテレビで見る方法⑧:ドコモテレビターミナル/dTVターミナル

ドコモテレビターミナル、dTVターミナルはdTV専用デバイス。

イメージ的にはdTVしか見られないFire TVシリーズみたいな感じ。

機能の割りに値段も高いので、あえて選ぶ必要はなさそうですね…。

dTVをテレビで見る方法⑨:HDMIケーブル

スマホとテレビをケーブル接続することで、dTVをテレビに映して視聴できます。

HDMIケーブルを用意すればいいだけなので、リーズナブルなのが利点ですね。

ただしこれはスマホの画面をテレビにミラーリングしているだけ。

そのためこの方法だと視聴中にスマホが利用できなくなるのが大きな欠点です。

また他のアプリの通知などが画面に映し出されるなど、不測のアクシデントが多そうな気も。

使ってない古いスマホが手元に残っていれば、採用するのもありかもしれませんね。

まとめ:dTVのテレビ視聴にもっともおすすめなのはFire TV Stick

以上ご紹介した中でもっともおすすめなのがFire TV Stick。

dTVはもちろんその他の動画配信サービスも最優先でアプリ対応しているので、dTV以外を利用したくなったときにも心配がありません。

また価格が安いことも大きなアピールポイント。

個人的にもFire TV Stickを買ってから動画ライフが飛躍的に充実したというのもあります。

やや手に入りにくい状況が続いていますが、ぜひ手に入れてdTVを思いっきり楽しんでください。

 

人気記事U-NEXTの評判は?メリット、デメリットを一挙解説

人気記事動画配信サービス10社を徹底比較!本当におすすめできるVODランキング

スポンサードリンク

-dTV

Copyright© ヨノイログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.