Echo

EchoでAlexaに使える実用性の高いフレーズまとめ!スピーカー以外の機能も充実!

Echoを買ったのでAlexaに話しかけたいけど使えるフレーズがわからない…。

EchoはAlexaを介して音声で指示できますが、Alexaに対してどういったフレーズが使えるのかがわかりづらいのが難点ですよね。

取りあえず話しかけてみたものの思ったような反応が返って来ず、何度か試すうちにEchoを使うことが面倒くさくなってしまうというのがありがちなパターンです。

その結果、Echoが置物化している方も少なくないのではないのでは…?

\私です!/

そこで、この記事ではAlexaに使用できる実用性の高いおすすめフレーズをご紹介します。

記事タイトルでは「Echoで」ということになっていますが、Echo以外のAlexaにも使用可能です。

ぜひ、様々なデバイスでお試しいただければと思います。

Alexaで「音楽を聴く」ためのフレーズ

音楽を聴きたい場合に使用できるフレーズです。

Alexaに音楽をリクエストする

再生する音楽を音声で指示できます。

フレーズ 説明
「アレクサ、ビートルズの曲をかけて」 ミュージシャンで指定
「アレクサ、ローリング・ストーンズの『Jumpin’ Jack Flash』をかけて」 ミュージシャン+楽曲で指定
「アレクサ、『Come Together』をかけて」 楽曲で指定
「アレクサ、『(アルバム名)』をかけて」 アルバム名で指定
「アレクサ、90年代のJ-POPをかけて」 年代+ジャンルで指定
「アレクサ、『(プレイリスト名)』プレイリストをかけて」 プレイリストで指定
「アレクサ、クラシックをかけて」 ジャンルで指定
「アレクサ、冬に合う曲をかけて」 季節で指定
「アレクサ、クリスマス・パーティで聴きたい洋楽をかけて」 シチュエーションで指定
「アレクサ、静かな曲をかけて」 雰囲気で指定
「アレクサ、Apple Musicで『Ziggy Stardust』という曲を再生して」 音楽サービス+楽曲で指定

「エド・シーランの2017年の人気の曲をかけて」「静かな弦楽四重奏曲をかけて」といったように、楽曲の情報に年代や雰囲気を加えた指示を行うこともできます。

普段はアプリに表示されたアルバムやアーティスト画像を見ながら目で選んでいるようなところもあるので、脳内だけで選ぼうとすると意外とワンパターンになりがちです。

再生する楽曲をざっくり選ぶことで知らない楽曲を知ることもできるので、雑な指示は個人的にはおすすめです。

Alexaで楽曲をコントロールする

音声で楽曲の操作が可能です。

フレーズ 説明
「アレクサ、音量を上げて(下げて)」
「アレクサ、音量を3にして」 0〜10の10段階。音量に注意。
「アレクサ、次の曲」
「アレクサ、この曲をリピートして」 「ループ再生して」も可。
「アレクサ、ストップ」
「アレクサ、シャッフルして」

わりとあるあるなのが、音量指示をしたら思ったよりも音が大きくなるパターンです。

いきなりなので焦ります!

音量の数字による指示には要注意です。

「上げて/下げて」の指示であれば今を基準に上げ下げしてくれるので、こちらの方が個人的にはおすすめです。

いざというときのために再生停止のフレーズをしっかり覚えておくか、本体の音量ボタンの位置を確認しておくと安心です。

Alexaで楽曲について調べる

Alexaに尋ねることで、再生中の楽曲について調べることができます。

フレーズ 説明
「アレクサ、この曲なに?」 曲名はアルバム名でも可。
「アレクサ、この曲のアーティストは誰?」
「アレクサ、この曲の発売日はいつ?」

知らない曲が再生されることも多いので、気になる曲があれば即チェックしておくのがおすすめです。

Alexaに再生された楽曲の好き嫌いを伝える

Alexaが再生してくれた曲に対しては、「この曲は好き」「嫌い」と好みを伝えることができます。

伝えた楽曲の好き/嫌いをAlexaは記憶し、次回からの再生に反映してくれます。

Alexaで「生活に関する情報を得る」ためのフレーズ

Alexaで生活関連の情報を聞くことができます。

Alexaで天気について調べる

天気予報の時間に縛られず声だけで確認できるので、朝の忙しい時間帯などにはかなり便利です。

フレーズ 説明
「アレクサ、今日の天気は?」 「明日」「週末」なども可。
「アレクサ、今日は雨降る?」
「アレクサ、今日の中央区の天気は?」
「アレクサ、台風情報を教えて」
「アレクサ、湿度を教えて」

天気予報は「朝6時の」「夕方の」といった時間帯を指定して聞くこともできます。

また、お出かけする際に現地の天気情報も確認できるので便利です。

Alexaでニュースを調べる

今日の主要なニュースなどを聞くことができます。

フレーズ 説明
「アレクサ、今日のニュースは?」 今日の主要なニュースを教えてくれます。
「アレクサ、新しいニュースは?」
「アレクサ、NHKのニュース」 TBSなどもあり。
「アレクサ、Yahoo!のニュース」
「アレクサ、日経新聞のニュース」 朝日新聞など他紙もあり。
「アレクサ、次のニュース」
「アレクサ、ニュースを終了」

地域別の指定(「関東地方の〜」)もできそうなのですが、現時点では対応してないようですね。

あれば便利な機能だと思うので、フレーズがわかり次第追加したいと思います。

Alexaを「ツール」として利用するためのフレーズ

Alexaをアラームやタイマーとして利用する

Alexaをアラームやタイマーとして利用することができます。

料理をする際などに便利な機能です。

フレーズ 説明
「アレクサ、平日の午前6時にアラームをセットして」 「週末の」でも可。
「アレクサ、明日の朝7時に起こして」
「アレクサ、水曜日の午前7時半にアラームをセットして」
「アレクサ、セットされているアラームを教えて」
「アレクサ、アラーム解除」 次回のアラームを解除したうえで、「毎週末」などで指定している全てのアラームを解除するか聞いてきます。
「アレクサ、スヌーズして」
「アレクサ、15分後に起こして」
「アレクサ、10分間のゆで卵タイマーをセットして」
「アレクサ、ゆで卵タイマーの残り時間を教えて」 「ラーメンタイマー」なども可
「アレクサ、あと3分たったら教えて」
「アレクサ、朝6時にクラシックでアラームをセットして」
「アレクサ、宇多田ヒカルの曲でアラームをセットして」

タイマー機能が便利ですね。

これで固ゆでたまごを作ろうとした結果、半熟たまごができあがる的なアクシデントは起こらなくなります。

Alexaのリマインダー機能を利用する

Alexaにはリマインダー機能も備わっています。

フレーズ 説明
「アレクサ、明日の午前10時に『買い物の準備』をリマインドして」
「アレクサ、リマインダーに何が入ってるか教えて」
「アレクサ、明日午前10時のリマインダーをキャンセルして」

Alexaでカレンダーを管理する

カレンダーでスケジュール管理ができます。

フレーズ 説明
「アレクサ、明日の予定は?」 「今日」「今週」「来週」「週末」なども可。
「アレクサ、12月25日午後6時に『クリスマスパーティー』を追加して」
「アレクサ、土曜日の予定は?」

音声で簡単に登録できるので、家族でスケジュールを共有したい場合などにも使えます。

Alexaで買い物リスト、やることリストを管理する

Alexaを利用してタスク管理ができます。

フレーズ 説明
「アレクサ、買い物リストに何が入ってる?」
「アレクサ、買い物リストに『水』を追加して」
「アレクサ、やることリストに『買い出し』を追加して」
「アレクサ、やることリストを教えて」

思いついたらメモ的にAlexaに話しかけておくと、うっかり忘れずに済むのでおすすめです。

定型アクションを設定すると複数の指示がワンフレーズで可能に

定型アクションを設定すると、任意のフレーズに複数のフレーズを登録することができます。

たとえば、「おはよう」というフレーズに定型アクションとして、

  • 「アレクサ、今日のニュースは?」
  • 「アレクサ、今日の天気は?」
  • 「アレクサ、朝に合う曲をかけて」

を登録しておくと、Echoに「おはよう」と声をかけることですべてを順番に実行してくれます。

ルーチンとなっているフレーズであれば、登録しておけば普通に便利ですし、スマートホームに関するフレーズと組み合わせればさらに便利が加速します。

帰宅して「ただいま」と言うだけで部屋の電気がすべて点いてエアコンも入って…みたいな使い方ができるようになります。

まるで近未来です!

Alexaに音声プロフィールを登録することでパーソナライズが可能に

Alexaには「音声プロフィール」という機能があり、ユーザーの声を登録することができます。

音声プロフィールを設定することで、Alexaは音声でユーザーを識別できるようになり、会話や履歴などをユーザーごとに学習していきます。

楽曲の好みやニュースが既読かどうかまでユーザーごとに対応してくれるようになるため、ぜひ設定しておきたい機能です。

Alexaに「音声プロフィール」でそれぞれのユーザーを個別認識させよう!登録と設定方法についてAlexaの「音声プロフィール」機能に音声を登録することで、各機能をパーソナライズしてくれます。これによって各ユーザーに最適化した応答をしてくれるようになります。音声ショッピングも安全に利用できるようになりますので、設定することをおすすめします。...

Alexaのフレーズは積極的に活用することで覚えるのが効果的

Alexaの音声認識能力は悪くはありませんが、それでもある程度こちら側で言葉を選んだうえでAlexaに伝えないと上手に反応を返してくれません。

使い勝手がよくないものは面倒くさくなって使わなくなってしまいがちですが、本来はAlexaには指示できるフレーズがかなりたくさん用意されています。

この記事に掲載したフレーズはほんの一部ではありますが、実用性の高いものに絞っているので、使いながら覚えていくとよいのではないかと思います。

Echoをスピーカーだけにしか使わないのはもったいないですので、ぜひこちらの記事を参考に、EchoやAlexaを日常生活に上手に組み入れていただければと思います。

ABOUT ME
ヨノイ
ヨノイ
ヨノイといいます!ブログや文章を書くことが好きで、ネットのさまざまなサービスや製品について発信しています!Amazonが大好きなのでそのあたりの情報が多め。記事をシェアしてくれると喜びます!\(^o^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です