Kindle Unlimitedが3ヶ月199円キャンペーン実施中!

プランが刷新された『Ex WiFi CLOUD』のメリット・デメリットを徹底レビュー!口コミや評判は?

[box class=”box23″]ポケットWiFiは大容量のものが多いけれど、コンパクトでいいからリーズナブルなプランのポケットWiFiはないだろうか?[/box]

今回はそんなユーザーにぴったりな「Ex Wi-Fi CLOUD」(エクスワイファイクラウド)をご紹介します。

Ex WiFi CLOUDには50GBプランと100GBプランの2種類が用意されており、特に50GBプランは月々2,948円(税込)と破格の料金設定となっています。

[say name=”ヨノイ” img=”https://yonoi.com/wp-content/uploads/2020/09/yonoi.png”] しかもEx WiFiはクラウドSIMを採用![/say]

50GBとは言え、クラウドSIMのポケットWiFiをここまで格安で使用できるポケットWiFiは他にはありません

この記事ではそんな高コスパWiFiである「Ex WiFi CLOUD」について、メリット・デメリットを中心に紹介していきます。

[center]

[/center]

目次

Ex Wi-Fi CLOUD(エクスワイファイクラウド)とは

Ex Wi-Fi CLOUDは株式会社ファイナルブルーの運営するポケットWiFiサービス。

大手通信キャリアの回線を利用したクラウドSIMにより提供されており、ドコモ、au、ソフトバンクのネットワーク網を利用できるのが強みです。

ちなみに運営元のファイナルブルーは2015年設立の従業員30名ほどの会社。

他にはタブレットの制作や販売、またウォーターサーバーの営業・販売などを主事業としています。

Ex Wi-Fi CLOUDのプラン内容について

Ex WiFi CLOUDは2020年9月にこれまでの「Ex Wi-Fi」から「Ex Wi-Fi CLOUD」としてサービスを刷新。

これまでの50GBプランに加えて100GBプランを新たに開始しました。

これまで大容量プランを設けていたところが容量の小さなプランを始めるのは割とよくありますが、逆は珍しいパターンですね。

[say name=”ヨノイ” img=”https://yonoi.com/wp-content/uploads/2020/09/yonoi.png”]サービスが好調なのが伺えますね。[/say]

Ex Wi-Fi CLOUDのプランは2種類(50GB、100GB)

Ex WiFi CLOUDの契約プランは下記のとおりです。

  50GBプラン 100GBプラン
月額料金(税込) 2,948円 3,718円
契約事務手数料(税込) 3,300円
オプション費用(任意) 安心サービス Customize:550円(税込)
契約期間 2年間
(開通月の翌月を起算日とするため実質的には25ヶ月)
契約解除料金(税込) 4,950円
※上記に加えて端末割賦支払い残金として、726円(税込)×支払い残月数が発生
ポケットWiFiルーター U3またはU2s
回線 クラウドSIM(docomo、au、Softbank)
通信速度(下り最速) 150Mbps
通信速度(上り最速) 50Mbps
通信容量 100GB 50GB
海外利用 134カ国が対象、500MB/日または1GB/日
連続使用可能時間 12時間
発送までの日数 最短即日発送
支払い方法 クレジットカードのみ

Ex WiFiのプランを一見してわかるのは50GBプランの圧倒的な安さ

クラウドSIMタイプの50GBプランの中では最安級で、通信容量の多さを求めない方にとってはかなり目を引くプラン内容です。

[memo title=”MEMO”]クラウドSIMとは、クラウド上でSIMを切り替えるシステムのこと。物理的にSIMカードを抜き差しする必要がなく、ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアの回線を利用できるのが特徴です。接続は回線の混雑度により自動で振り分けられるため。単独キャリアの回線に比べて通信が安定しやすく、エリアカバー率も広くなります。[/memo]

[center]

[/center]

Ex Wi-Fi CLOUDの端末は2種類(U3、U2s)

Ex WiFiで現在用意されている端末はU3、U2sの2種類。

とくにU3はまだ対応してないポケットWiFiも多い中、他と比較しても標準以上と言えるでしょう。

端末名 U3 U2s
イメージ u3
端末製造元 uCloudlink
通信速度(下り最速) 150Mbps
通信速度(上り最速) 50Mbps
WiFiプロトコル IEEE802.11 b/g/n
連続使用可能時間 12時間
最大接続台数 10台 5台
端末サイズ 約126 × 66 × 10mm 約127 × 65.7 × 14.2mm
端末重量 125g 151g

なお端末はプランで固定されていないので、どちらのプランでも好きな方を選択可能。

今選ぶなら、最新モデルのU3がおすすめです。

Ex Wi-Fi CLOUDのメリットについて

まずはEx Wi-Fi CLOUDのメリットについて見ていきます。

【メリット①】月額料金が圧倒的に安い!特に50GBプラン!

まず触れておきたいのが、Ex WiFi CLOUDの月額料金の圧倒的な安さ

Ex WiFi CLOUDは毎月50GBを使えて2,948円(税込)と格安の料金なのが特徴です。

まずクラウドSIMで50GBプランを用意しているポケットWiFiがほとんどないというのもありますが、その中でも最安と言える価格を実現しています。

  通信容量 月額料金(税込)
Ex Wi-Fi CLOUD 50GB 2,948円
ぴたっとWiFi 50GB 3,080円

他のポケットWiFiを見ても、100GBが事実上の標準となっている感もある中、「50GBってどうなの?本当に足らなくならない?」という疑問をあるかもしれません。

実際使ってみるとわかりますが、ぶっちゃけ毎月100GBを使おうとしても、ほとんどの人は使いきれない容量です。

[say name=”ヨノイ” img=”https://yonoi.com/wp-content/uploads/2020/09/yonoi_smiling.png”] 日々相当の時間を通信しないと半分の50GBもいかないはず。[/say]

50GBを使ってできることって意外と多いんですよね。

たとえばこのような具合。

月間50GBの目安

  • YouTubeの利用時間:月間155時間(1日あたり5時間)
  • 音楽ストリーミングの利用時間:月間455時間(1日あたり15時間)
  • LINE通話の利用時間:月間124時間(1日あたり4時間)

また容量面は大丈夫そうだとは言っても、50GBプランの多い単独キャリアの回線だとエリアや速度が気になるという方もいらっしゃいますよね。

そんな方でもクラウドSIMのEx WiFi CLOUDなら安心。

中程度の容量でも通信の品質は確保したいというニーズにぴったり合ったプランがEx WiFi CLOUDの50GBプランと言えるでしょう。

[say name=”ヨノイ” img=”https://yonoi.com/wp-content/uploads/2020/09/yonoi_smiling.png”]これまでありそうでなかったプラン編成です![/say]

もちろん大容量を使い方向けに100GBプランも用意されており、こちらも格安の料金設定。

最安ではないものの、それに迫る低価格なので検討の余地は大ありですよ。

【メリット②】プランが2年契約に短縮

Ex Wi-Fi CLOUDは2021年2月にプラン内容を微調整し、50GB、100GBプランともに契約年数を「2年」に短縮しました。

これまでは3年縛りだったことを考えると1年間の短縮となり、利用の仕切り直しがしやすくなりました。

【メリット③】クラウドSIMにより3キャリア回線を使用可能

Ex Wi-Fi CLOUDはクラウドSIMを採用しており、単独回線に比べて回線の安定性に優れています

またクラウドSIMのエリアは3キャリアの回線エリアを重ねたものと言えるので、エリアカバー率は他のポケットWiFiと比較しても優位。

ポケットWiFiのしくみの中でも最大のカバー率と言えます。

【メリット④】端末は人気のU2と最新型のU3に対応

Ex Wi-Fi CLOUDでは両プラン共通で、U3とU2sの2種類の端末が用意されています。

U2sは多くのポケットWiFiで使用されている人気端末で、性能の安定性は折り紙付き。

またEx Wi-Fiではその後継機のU3をいち早く導入しており、より高性能な通信環境で利用できます。

とくにU3、U2sの違いは同時接続台数と重量

端末名 U3 U2s
最大接続台数 10台 5台
端末重量 125g 151g

U3なら10人まで同時接続が可能なので、多人数で使用する場合はぜひU3を選択しましょう。

【メリット⑤】保障オプションが手厚い

Ex Wi-Fi CLOUDではオプションとして、「安心サービス Customize」を用意。

いわゆる端末の修理保障サービスで、故障、盗難水漏れ、液晶割れに対応しています。

月額550円がかかりますが、万が一上記の理由で故障しても、2,200円(税込)で交換用機種(リファビッシュ品)と交換してくれる上、前回の申請から6ヶ月空いていれば、2年間で2回まで対応してくれます。

さらに今なら申し込み月とその翌月の月額料金は無料となっており、利用を始めやすいのも特徴です。

[center]

[/center]

Ex Wi-Fi CLOUDのデメリットについて

次にEx Wi-Fi CLOUDのデメリットについてです。

【デメリット①】契約違約金がかかるため解約しづらい

Ex Wi-Fi CLOUDは契約期間が2年間と短縮されましたが、解約時には違約金がかかります。

解約金そのものは4,950円(税込)と他社と比較しても少額ですが、端末代金を分割で支払っているかたちになりますので、解約時は残月分の端末代金の支払いが生じます

[box class=”box1″]

途中解約時にかかる金額

4,950円(違約金)+726円(端末割賦代金) × 残月数

[/box]

たとえば1年で契約を解除した場合、上記の計算式に当てはめると13,662円(税込)の支払いが発生する計算になります。

契約する前に長期の利用が見込めるかを今一度検討しておきましょう。

【デメリット②】月途中の開設・解約でも日割計算がない

Ex Wi-Fi CLOUDは月途中に開設、解約しても月額料金の日割計算がないことには要注意です。

開始月、解約月は日付に関わらず1ヶ月分まるまる月額料金がかかってくるため、急ぎで契約が必要な場合はある程度の不利益を受け入れざるをえません。

スケジュールに余裕がある場合でも、契約タイミングには注意しておきましょう。

【デメリット③】支払いがクレジットカードのみ

Ex Wi-Fi CLOUDは支払い方法がクレジットカードのみ

口座振替などは利用できません。

クレジットカードしか使えないポケットWiFiは決して少なくありませんが、選択肢が少ないことはやはりデメリットではあるでしょう。

[center]

[/center]

Ex Wi-Fi CLOUDの申し込み方法・手順

Ex Wi-Fi CLOUDの申し込み方法は下記の手順のとおりです。

本人確認や決済情報については、WEB申し込み後にオペレーターからの電話により案内されます。

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’公式サイトから「Web申し込み」をクリックする’]

公式サイトより、「Web申し込み」をクリックします。

Ex WiFi CLOUDの申し込み手順①:公式サイトから「お申し込み」をクリック

[/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’端末や申し込みプラン、申込者情報を入力’]

希望する端末やプラン、申込者の連絡先情報などを入力します。

Ex WiFi CLOUDの申し込み手順②:お客さま情報を入力する

なお申し込み後にEx Wi-Fi CLOUDから申し込み内容について電話確認があります。

「電話が繋がりやすい時間帯」欄は正確に入力しておきましょう。

入力が終わったら、「申し込み内容の確認」をクリックします。

[/tl]

[tl label=’STEP.3′ title=’申し込み内容を確認する’]

入力した申し込み情報について、内容を確認します。

Ex WiFi CLOUDの申し込み手順③:入力内容を確認し申し込みを確定する

確認後、「申し込む」をクリックします。

[/tl]

[tl label=’STEP.4′ title=’申し込み完了’]

[/timeline]

申し込みが完了したら、指定した時間帯にEx Wi-Fi CLOUDから電話確認があります。

クレジットカード情報や本人確認の方法はその際に案内されるので、電話が取れるようにしておきましょう。

Ex Wi-Fi CLOUDの口コミ・評判は?

Ex Wi-Fiは2019年より開始したサービスではありますが、SNSを中心に調査しても口コミや評判は見当たりませんでした。

また2020年9月より、Ex Wi-Fi CLOUDとしてプラン内容が刷新されたばかりなので、まだ口コミや評価として出てきづらい時期でもあります。

引き続き調査を継続し、有力な情報が見つかり次第掲載させていただきます。

[say name=”ヨノイ” img=”https://yonoi.com/wp-content/uploads/2020/09/yonoi_impatient.png”]頑張って探してきます……![/say]

[center]

[/center]

まとめ:50GBプランはEx WiFiが最安級でかなりおすすめ

Ex Wi-Fi CLOUDで優れているのはやはり50GBプラン。

もちろん100GBプランも価格競争力という観点からはかなり検討していますが、他に選択肢がまだあるという点では決定打にやや欠けます。

その点、50GBプランのコスパは圧倒的ですし、「クラウドSIMで50GB」というそもそものプランの独自性もあります。

他のポケットWiFiを見ても、これまでは「大容量=いいこと」といった価値観がアピールポイントの主軸となっていましたが、身の丈に合わないスペックは持て余してしまうだけで、効率的ではありません。

低価格でかつ高品質な通信をお求めの方はぜひEx Wi-Fi CLOUDを検討してみてください。

[center]

[/center]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Amazonデバイスやガジェットを偏愛しています。歴代のFireタブレットを6枚所有するほか、Fire TV StickやEchoなども所有。日々新たな活用方法を模索しています。東京都在住。詳しいプロフィールはこちらから。

目次
閉じる