ヨノイVODで掲載していた記事をこちらへ統合しました

FireタブレットをPCのサブディスプレイにする方法【Mac編】

Amazonにてお得なセール・キャンペーンを実施中です

現在Amazonでは下記のキャンペーンを実施中!

とてもお得な内容なのでぜひこの機会にご利用ください。

また上記以外のお得なキャンペーンこちらの記事で紹介しています。

本記事では、FireタブレットをMacのサブディスプレイにする方法について解説します。

AmazonのFireタブレットは定価が安く、そのうえセールでの割引率も異常とあって、世にあるタブレットの中でも最も購入しやすいデバイスの一つではないかと思います。

しかしその一方で、買ってしばらくすると使わなくなってしまったというのもわりと聞く話です。

デバイス全体がAmazonプライムに特化した仕様のため、アマプラに飽きると一気に使いどころがなくなっちゃうんですよね。

そこで使わなくなったFireタブレットの活用法としてオススメしたいのが、Fireタブレットのサブディスプレイ化

サブディスプレイのために外部モニターを購入するのは費用の面でも勇気がいりますが、Fireタブレットであれば手軽に試すことができます。

設定は簡単なので、Fireタブレットを持っている方はぜひチャレンジしてみましょう。

なお本記事ではMac版のサブディスプレイ化ということで、内容はMacOS向けです。Windowsをお使いの方は、spacedeskを使った設定方法を説明したサイトが複数あるので、そちらをご覧ください。

目次

Fireタブレットのサブディスプレイ化で使用するもの

Fireタブレットのサブディスプレイ化に使用するものは下記のとおりです。

  • Fireタブレット(Fire HD 10、8、Fire7どれでもOK)
  • Mac(AirPlayが使用できるもの)
  • AirReceiver(Amazonアプリ)

USBケーブルなども含め、これ以外に特に必要なものはありません。作業はすべてオンライン上で完結します。

また、AirReceiverは正規のAmazonアプリストアからダウンロードしたものでOKです。

Fireタブレットのサブディスプレイ化(外部モニター化)の手順

ここからはサブディスプレイ化の手順を説明していきます。

手順は簡単です。

  1. FireタブレットにAirReceiverをインストールし起動(Amazonアプリストアで305円)
  2. MacからAirPlayで接続
  3. 必要に応じてディスプレイ設定

基本、これだけです。テンポよく行けば10分で終わります。

以下、それぞれの手順を詳しく見ていきます。

①:FireタブレットにAirReceiverをダウンロード

まずAmazonアプリストアからFireタブレットにAirReceiverというアプリをダウンロードします。

» AirReceiverをダウンロードする

アプリのダウンロードページはこのような感じ。

Amazonアプリストア:AirReceiver

305円の有料アプリですが、安いので購入してしまいましょう。

ダウンロードするとホーム画面にアイコンが作成されます。

AirReceiver:アイコン

AirReceiverは一度購入すると複数のデバイスで使い回しができます。

Fire TV Stickを使ったミラーリングアプリとしても利用でき、Macをテレビの大画面に出力することもできます。

個人的にはいろいろ使い回せるので305円なら買いですね。

②:MacのAirPlayからAirReceiverに接続

FireタブレットのAirReceiverをタップして起動します。

AirReceiver:設定画面

起動すると上記の画面が展開しますが一旦放置します。

次にMacのAirPlayをクリックして「出力先」を見るとFireタブレットのデバイス番号が現れます。

Mac:AirPlay出力先

クリックすると接続できます。

Mac:AirPlay個別の出力先を選択

AirPlayの設定はデフォルトでは「内蔵Retinaディスプレイをミラーリング」になっています。

ミラーリングを行うのではあればそのままでOKですが、今回は外部モニターとして使用するので、「個別のディスプレイとして使用」を選択します。

この時点でFireタブレット側はサブディスプレイとしてMacのデスクトップが表示されます。

③:Macの「システム環境設定」>「ディスプレイ」を選択し、サブディスプレイを設定

Macの「システム環境設定」から「ディスプレイ」を選択します。

このようにサブディスプレイを含めた2画面が表示されるので、配置や解像度を設定していきます。

Mac:内蔵Retinaディスプレイ

上部に白いタイトルバーが表示されているのがMac側のメインディスプレイです。

AirPlayで接続した直後はFireタブレット側が最大表示になっているため、画面の広さがメインサブで逆転しています。

やや使いづらいので、Fireタブレット側の「システム環境設定」から「AirPlayディスプレイ」を設定変更します。

Mac側にあるカーソルをFireタブレットが配置されている側の画面外まで持っていくと、Fireタブレット上に移動します。

Fireタブレット:Macデスクトップ(1080p)

「システム環境設定」>「AirPlayディスプレイ」から解像度を初期値の1080pから720pに変更します。

Fireタブレット:Macデスクトップ(720p)

このような感じに変わります。

個人的には左側にサブディスプレイがあるのが好きなので、メインのMac側の「ディスプレイ」上で位置を変更して、最終的にこのような感じにしています。

Mac:内蔵Retinaディスプレイ(変更後)

メインサブの主従関係もちょうどよく、かなり使い勝手がよくなりました。

高さも合わせられるので、そこも調整しておくとカーソルが画面移動したときの違和感が少なくなります。

AirReceiverを使いやすくするためのその他の設定

AirReceiverの設定のうち、下記を追加で変更しておくことで、セキュリティの向上が見込めます。

AirPlay Securityを有効化する

AirPlay Securityを有効化することで、AirPlayで接続できるデバイスを制限できます。

AirPlay Securityを有効化しないままだと、どのデバイスからでも接続が有効になってしまうのですが、これをPINまたはパスワードで制限します。

AirReceiver:AirPlay Securityを有効化

簡単なのはスクリーンPINですね。

とりあえずこちらを設定しておけばおかしな接続は防げるかと思いますので、一緒に設定をしておきましょう。

Fireタブレットのサブディスプレイ化まとめ

FireタブレットはAmazonのコンテンツをより身近に利用してもらうためのデバイスです。

Amazonに最適化されているため、一度Amazonのサービスから離れてしまうと活用できる場面が極端に減ってしまいます。

スペック的なコスパは非常に良いデバイスですので、もし眠らせているようであれば、ぜひ使えるところで使っていきましょう。

Fireタブレットをしばらく使ってないな、と思われる方はぜひ挑戦してみてください。

人気記事U-NEXTの無料トライアルに2回目、3回目以降の登録をする方法

人気記事動画配信サービス12社を徹底比較!本当におすすめできるVODランキング

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Amazonデバイスやガジェットを偏愛しています。歴代のFireタブレット6枚以外にもFire TV StickやEchoを複数所有。日々新たな活用方法を模索しています。また複数の動画配信サービスに契約しながら映画や海外ドラマを日々鑑賞しています。東京都在住。

目次
閉じる