Amazonチャージで最大2.5%還元

SAKURAWiFiとFUJIWiFiはどちらがおすすめ?サービス内容を徹底比較

契約期間の縛りなし・解約違約金なしのポケットWiFiで、現状ツートップとも言えるのがSAKURAWiFiFUJIWiFi

どちらも大手キャリアのLTE回線を利用でき、また料金もリーズナブルなため人気のポケットWiFiです。

一方でそれぞれサービス内容が近く、どちらを選ぶべきが迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、SAKURAWiFiとFUJIWiFiについて、サービス内容を徹底比較してご紹介します。

とくに今年に入ってポケットWiFiの需要は急増し、空き待ちの状態が発生しているほど

検討する時間はコンパクトにすませ、なるべく早めに契約の申し込みに移りたいところです。

この記事を読めば、あなたが申し込むべきなのはどちらのサービスなのか分かりますので、ぜひ最後までご一読ください。

\容量無制限で月々3,680円で使える/

※解約金はかかりません

SAKURAWiFiとFUJIWiFiの特徴は?

まずはそれぞれのポケットWiFiの特徴を簡単に整理してみます。

SAKURAWiFi(サクラワイファイ)の特徴

サービス名SAKURA Wi-Fi(サクラワイファイ)
月額料金(税抜)4,500円
(クーポン適用時:3,680円
契約事務手数料3,000円
オプション費用SAKURAガード:500円(初月必須)
ウイルスセキュリティー:500円(初月無料)
日割り計算なし
最低使用期間1ヶ月
(ただし安心全額返金保証あり)
解約金なし
機器レンタル(解約時要返却)
回線LTE(ソフトバンク)
発送までの日数最短即日・申込日から3営業日以内
送料無料
配送方法ポスト投函
支払方法クレジットカード

SAKURA WiFi(サクラワイファイ)はポケットWiFiとしては老舗のサービス

2017年からサービスを始めており、運営歴も長いことからユーザーの立場としては安心感があります。

特徴としては、契約期間の縛りがないことに加えて、解約金(違約金)がないこと。

また月額料金も比較的安く、月々3,680円で利用できます。

 クラウドWiFiSAKURAWiFiFUJIWiFi(100ギガプラン)
月額料金(税抜)3,380円3,680円3,900円
「縛りなし解約金なし」のおすすめのポケットWiFiは?短期でお試しできるWiFiを教えます

初期費用としては事務手数料3,000円がかかりますが、以前設けられていた「付加機能手数料」は撤廃。

さらに安心全額返金保証により、条件を満たしていれば申し込みをキャンセルして全額返金してもらえます。

このように料金面でもトライしやすいのは魅力ですね。

ヨノイ

SAKURAWiFiは僕も実際に契約しています!

\容量無制限で月々3,680円で使える/

※解約金はかかりません

FUJIWiFi(フジワイファイ)の特徴

プラン名100ギガプラン50ギガプラン30ギガプラン
月額料金(税抜)
※()内はデポコミコース
4,400円
3,900円
3,400円
2,900円
3,100円
2,600円
契約事務手数料(税抜)3,000円
オプション費用(税抜)安心サポート:250円
安心サポートPremium:400円
日割り計算なし
最低使用期間なし
解約金なし
機器レンタル
利用回線LTE(ソフトバンク)LTE(docomo、au、ソフトバンクのいずれか)
発送までの日数最短2営業日以内
送料無料
配送方法配送業者から対面での受け取り
支払方法クレジットカード、コンビニ払い(一般のみ)、請求書払い(法人のみ)
通信容量100GB50GB30GB

FUJI WiFi(フジワイファイ)もSAKURA WiFiと同じく運営歴の長いポケットWiFiサービス。

FUJIWiFiの特徴はプランがかなり細かく分かれていること。

ルーターごとレンタルするルータープランに加え、SIMカードだけをレンタルするSIMプランも用意されており、ユーザーの環境にあわせて選択できます。

ヨノイ

ちなみに上記の表はルータープランのみです。

また通信量の上限に応じてプランが複数用意されているので、こちらもユーザーの使い方にあった選択が可能です。

またFUJIWiFiは使用回線でもプランが分かれており、低通信量プランではソフトバンクに加えて、docomo、auの回線からも選べるのがポイント。

契約期間の縛りと解約金(違約金)がないのはSAKURAWiFiと同じです。

\自分にあった容量で月額料金を抑えられる/

※解約金はかかりません

SAKURAWiFiとFUJIWiFiは何が同じ?

まずはSAKURAWiFiとFUJIWiFiの共通点について解説します。

共通点を捉えることで、差を考えなくてもよい部分が整理されます。

SAKURAWiFiとFUJIWiFiの共通点は以下の3つ。

サクラWiFiとフジWiFiの共通点

  • 契約期間の縛りがなく、解約金(違約金)がない
  • 契約開始時に事務手数料しかかからない
  • ソフトバンクのLTE回線が利用できる

それぞれ見ていきましょう。

契約期間の縛りがなく、解約金(違約金)がない

まず一番大きなポイントとしては、両サービスともに「縛りなし・解約金なし」であるということ。

始めやすく止めやすいという、ユーザーに寄り添ったサービスになっています。

つまり両サービスともに「試してみて違和感があれば他のサービスへ乗り換える」という利用に向いているんですよね。

WiFiにとって一番肝心なスピードや繋がりやすさは、実際に使ってみないとわからない部分があります。

クラウドWiFiは速い?遅い?24時間の通信速度を計測した結果がこちらクラウドWiFiは速い?遅い?24時間の通信速度を1時間ごとに計測してみた

サービススペックを慎重に眺めていざ契約した結果、使い心地がいまいちということはあり得ること。

ポケットWiFiの解約金は非常に高額なパターンが多いので、始めるにあたっても安心です。

ヨノイ

やめやすいサービス設計ということは、同時にサービスの品質に自信があるということでもありますね。

契約開始時に別にかかる費用が事務手数料のみ

また縛りなし・解約金なしであることに加えて、契約開始時には事務手数料しかかりません

それぞれ3,000円と費用もかわらないので、どちらを選んでも費用面での負担は変わりありません。

MEMO
SAKURAWiFiの「付加機能手数料」は撤廃されました。

ソフトバンクのLTE回線が利用できる

SAKURAWiFiもFUJIWiFiもソフトバンクの回線を使用しています。

大手の回線なので一定の品質は担保されており、とくに確実性が求められるビジネスの場面でも安心して利用できます。

またLTE回線なので、WiMAXのように窓から離れると途端に繋がりにくくなるなどということがありません

WiMAXは高速なのが売りですが、屋内に弱いのが玉にキズ。

ほとんどのユーザーにとっては、回線速度はポケットWiFiの最大150Mbpsでおつりが来るくらいですので、WiMAXをお考えの方にもおすすめできます。

WiMAXとポケットWiFiの違いって何?サービス内容や性能、料金面から比較

SAKURAWiFiとFUJIWiFiで異なるポイントを徹底比較

SAKURAWiFiとFUJIWiFiのサービス内容の違いについて、ポイントごとに解説していきます。

SAKURAWiFiとFUJIWiFiの違いは下記の通りです。

サクラWiFiとフジWiFiの違い

  • 初期費用
  • 月額料金
  • 料金プラン
  • データ通信容量
  • 通信速度
  • 全額返金保証

それぞれ見ていきましょう。

初期費用について:安いのはFUJIWiFi

契約時に必要な初期費用は下記の通り。

 SAKURAWiFiFUJIWiFi
契約事務手数料 3,000円 3,000円
その他オプションSAKURAガード(初月500円) なし

SAKURAWiFi、FUJIWiFiともに契約事務手数料は3,000円と同額ですが、オプション費用で差が出ます

SAKURAWiFiは初月からSAKURAガードというオプション契約に加入しなければなりません。

これは月額500円の故障や盗難に対する保証プログラム。

次月以降は解約可能ですが、初月は必須のため、SAKURAWiFiでは実質的に導入費用として3,500円かかります

一方でFUJIWiFiは必須のオプション契約はないため、かかる費用は3,000円の契約事務手数料のみ。

導入のコストはFUJIWiFiの方がお得です。

月額料金について:同ギガ数なら安いのはSAKURAWiFi

 SAKURAWiFiFUJIWiFi
基本月額料金(税抜)4,500円3,100円〜4,400円
割引条件適用後3,680円
(クーポン適用時)
2,600円〜3,900円
(デポコミコース適用時)

月額料金の比較はやや複雑です。

と言うのも、SAKURAWiFiがワンプランなのに対しFUJIWiFiはプラン構成が複雑に分かれているからです。

まずシンプルなSAKURAWiFiから解説すると、通常価格4,500円のところ、クーポン適用で3,680円になります。

MEMO
このクーポンは公式に記載されており、誰でも使えるうえにデメリットが何もないため、実質価格として3,680円と見なせます。

一方でFUJIWiFiはプランが細かく分かれています。

まずデータ容量に応じて段階的に分かれており、さらにデポコミコースに加入することで全てのプランが500円引きになります。

ちなみにデポコミコースとは契約時にデポジットとして5,000円を預けることで、月額料金が500円引きになるコース。

MEMO
ちなみに「デポジット」とは一時預かり金のこと。あらかじめ定めてある条件を満たしたら預けたお金を返してもらえるしくみです。

この5,000円は12カ月後に償還されますが、12カ月以内に解約するとこの5,000円は戻って来ません

そのため、デポコミコースは実質的に12カ月のプチ縛りであるとも言えます。

なお料金比較はデータ容量を揃えて考える必要がありますが、SAKURAWiFiはデータ容量無制限で3,680円。

一方のFUJIWiFiはプランとして用意されている最大容量の100GBでさらにデポコミコースだった場合でも3,900円となります。

SAKURAWiFi(3,680円)< FUJIWiFi(3,900円)

そのため、月額料金の面ではSAKURAWiFiの方がお得と言えます。

\容量無制限で月々3,680円で使える/

※解約金はかかりません

データ通信容量:無制限で使用できるのはSAKURAWiFi

通信可能なデータ容量はSAKURAWiFiなら無制限

100GBを超えたあたりで速度制限がかかるものの、使用上限がないという意味では、制限つきプランしかないFUJIWiFiを上回っています。

通信速度:通信速度で速いのは602HW、601HWがあるSAKURAWiFi

SAKURAWiFi(サクラワイファイ)の使用ルーターについて

SAKURAWiFiとFUJIWiFiで共通のルーターはFS030W

しかしSAKURAWiFiならFS030W以外にも複数の機種が用意されています。

モデル名FS030ARIA2602HW601HWG3000
SAKURAWiFi
FUJIWiFi
インターフェースUSB2.0USB2.0USB3.0USB Type-CmicroUSB(USB2.0)
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約74.0mm×約74.0mm×約17.3mm約110.0mm×約66.0mm×約17.0mm約65.1mm×約109.9mm×約15.5mm約65.0mm×約110.0mm×約15.5mm約70.0mm×約100.0mm×約15.0mm
重さ約128g約110g約135g約135g約150g
通信速度
(下り最大)
150Mbps150Mbps612Mbps
(350Mbps)
350Mbps
(612Mbps)
150Mbps
通信速度
(上り最大)
50Mbps50Mbps13Mbps
(37.5Mbps)
37.5Mbps
(13Mbps)
50Mbps
連続通信時間約20時間約17時間約8.5時間約8.5時間約8時間
同時接続台数15台10台14台14台5台
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802 b/g/nIEEE 802.11a/b/g/n/acIEEE 802.11a/b/g/n/acIEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
製造年2016年2016年2017年2017年2017年

とくに602HW、601HWであれば下りの最大速度はFS030W以上

高速の通信を期待できます。

ただしSAKURAWiFiは申し込み時にルーターを選択できないのが難点。

どのモデルが送られてくるかわからないので、現実的にはFUJIWiFiと同等の150Mbps想定と心得ておいた方がいいかもしれません。

ヨノイ

高速モデルが届いたらラッキーくらいに思っておきましょう。

なお最大速度はあくまで最良の条件が揃った際に期待できるベストエフォートとしての速度。

実際に期待できるスピードはこれのおよそ1/10前後と見ておけば間違いありません。

全額返金保証:返金可能なのはSAKURAWiFiのみ

SAKURAWiFiは全額返金保証を用意。

条件はあるものの、適用条件を満たせば全額返金してもらえます。

次の条件を全て満たす場合は全額返金が可能です。

安心全額返金保証の適用条件
  1. 発送日から3週間以内に返却し、返送時のお問い合わせ(追跡)番号を連絡する。
  2. SAKURAWiFiの利用が初めてである。
  3. クーポンを利用しての申込みである。

なお返却処理手数料1,000円(税抜)が発生するとは言え、多くのポケットWiFiが返金に対応していない中、かなりの手厚い対応と言えます。

もちろん自己都合によるキャンセルでも条件さえ満たせば返金可能なので、安心して申し込めますね。

ちなみにFUJIWiFiは出荷前のキャンセルと、クーリングオフのみ可能です。

\容量無制限で月々3,680円で使える/

※解約金はかかりません

SAKURAWiFiとFUJIWiFiはそれぞれどんな人が選ぶべきか

ここまで見てきたように、SAKURAWiFiとFUJIWiFiは「縛りなし・解約金なし」という大きな共通点はありますが、細部はかなり異なります。

ここではそれぞれのポケットWiFiにおすすめなユーザーを挙げていきます。

【結論:SAKURAWiFi】無制限で使いたい&全額返金を担保したい方向け

SAKURAWiFiのメリットは無制限で利用できることと、安心全額返金保証が用意されていること。

データの上限を気にせずガンガン使っていきたい方、また万が一のキャンセル時に少しでもコストを抑えたい方におすすめです。

\容量無制限で月々3,680円で使える/

※解約金はかかりません

【結論:FUJIWiFi】プランを使い方に応じて選びたい方向け

FUJIWiFiの強みはプランのきめ細やかさ

データの上限はもちろん、プランによっては回線のキャリアも選べるので、自分好みの使い方を追求したい方はFUJIWiFiがおすすめです。

正直なところ、トリプルキャリアのポケットWiFiを使っていても、キャリアによる速度差はかなり感じます

高データ容量でのプランがソフトバンク縛りなのが残念ですが、通信の快適さを求めたい方はFUJIWiFiは格好の選択肢です。

\自分にあった容量で月額料金を抑えられる/

※解約金はかかりません

まとめ:縛りなし・解約金なしは気軽に試せる利点

SAKURAWiFiとFUJIWiFiに共通するのは、契約期間の縛りがなく解約金がないこと。

ポケットWiFiに躊躇してしまうのは何といっても解約時のコストなんですよね。

その部分が解決されているだけでもかなり魅力的なサービスであると言えます。

またSAKURAWiFiにいたっては、全額返金保証まで用意してくれています。

ハードルはないに等しいので、ぜひ思い切って試してみましょう。

とくに現在はポケットWiFi需要が高まっており、人気のポケットWiFiは解約がでたらすぐに次の契約者で埋まるような状況

選択に手間取ったり心理的に迷ったりしているとなかなか決められなくなってしまいますので、早めの申し込みをおすすめします。

\容量無制限で月々3,680円で使える/

※解約金はかかりません