Amazonギフト券にチャージで最大2.5%還元!

GMOとくとくBB WiMAXの本当の評判・口コミは?おすすめ度No.1サービスの真実を斬る

GMOとくとくBB WiMAXの本当の評判・口コミは?おすすめ度No.1サービスの真実を斬る

いろいろなところでお勧めされていることの多い「GMOとくとくBB WiMAX2+」って何だろう?WiMAXはプラン名?が多くてわかりづらすぎ!

ポケットWiFi選びでオススメとして挙げられることの多いWiMAX。

その中でも『GMOとくとくBB WiMAX 2+』はとくにイチオシとして紹介されることの多いサービスです。

ヨノイ

ランキングサイトでは、おおむね一位を総舐めですね!

そんな『GMOとくとくBB WiMAX2+』の大きな魅力は何と言っても強力なキャッシュバック。

一年を通して30,000円以上もの高額なキャッシュバックキャンペーンが実施されており、実質的なコストを低く抑えられるのが特徴です。

また気になる品質面ですが、当然利用できるのは高い品質で定評のあるWiMAX2+回線。

光回線並みの高速で快適な通信に加えてエリアカバー率もauのLTE回線並みの水準を実現しています。

本記事ではこの『GMOとくとくBB WiMAX2+』について紹介するとともに、評判や口コミを解説していきます。

GMOとくとくBB WiMAXとは何?

GMOとくとくBBはWiMAXの販売代理店(プロバイダ)の一つ。

東証一部上場企業であるGMOインターネットが運営しており、数ある代理店の中でも最大手の一つと言えます。

販売代理店(プロバイダ)とは?

WiMAXは本家本元のUQ WiMAX以外に、プロバイダをとおしてサービスを提供しています。

プロバイダは自社で契約してもらうために料金などを独自に安く設定します。キャッシュバック等を行うことも多く、ユーザーへのインセンティブに積極的なのが特徴です。

GMOとくとくBBはプロバイダの中でも特にユーザーからの支持を集めています。

2019年のオリコン顧客満足度調査では、広域プロバイダ部門で第一位を獲得。

188のランキングを245万人が選ぶ大規模な満足度調査での一位ということで、実質的にもお客さま満足度No.1のプロバイダと言えるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXがなぜこれだけ人気なのか?

GMOとくとくBBがこれだけユーザーから選ばれる理由はとてもシンプルです。

GMOとくとくBBのメリットは大きく料金面のメリットと性能面メリットの2つに分けられます。

GMOとくとくBB WiMAXの「料金面」でのメリット

  • 最大31,000円以上の高額のキャッシュバック
  • 最新端末もすべて端末代が0円
  • 20日以内なら違約金なしでキャンセルOK

料金面でのメリットを端的に言い表すなら「実質的な月額料金が最安」ということ。

キャッシュバックが高額であり、かつ端末代金もかからないことから、実質的な月額料金はWiMAXの中で最安となります。

また性能面でのメリットも強力です。

GMOとくとくBB WiMAXの「性能面」でのメリット

  • WiMAX2+のハイスピードモードによる高速通信
  • au 4G LTEを利用したハイスピードエリアモードによる繋がりやすさの確保

GMOとくとくBB WiMAXのメリットの一つが、「WiMAX2+回線とau 4G LTEの併用により遮蔽物やエリアカバーの問題をクリアしている」ということ。

これまでのWiMAXにまつわる懸念点は①障害物や地下に弱く②エリアカバーが不十分、の2点でした。

しかしau 4G LTEを併用できるようになったことで、これらの問題が一気に解決。

つながりにくさを気にせずに使えるようになりました。

WiMAX2+:カバーエリアサービスエリアマップ(WiMAX2+)

WiMAX2+(au 4G LTE):カバーエリアサービスエリアマップ(au 4G LTE)

画像出典:サービスエリア|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

以上からわかるように、GMOとくとくBB WiMAXはWiMAXブランドの中でも攻守最強

まさにユーザーにもっとも選ばれるプロバイダであると言えます。

ヨノイ

ここまで条件が良いのにあえて選ばない理由があるだろうか……。

GMOとくとくBB WiMAXのサービススペック

ここからはGMOとくとくBB WiMAXのサービス内容について見ていくとともに、メリットについて細かい部分まで検証していきます。

まず初めにサービススペックについて。

GMOとくとくBB WiMAXで用意されているプランは以下の2種類です。

 ギガ放題7GBプラン
月間データ容量無制限7GBまで
通信制限3日間で10GBを超えると翌日にかけて制限7GBを超えると当月末まで128kbpsに制限
月額料金(税抜)1〜2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
3,609円
事務手数料3,000円
端末代金0円
契約期間3年間
(契約の翌月を起算月として36ヶ月間)
解約違約金(税抜)1〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目〜:9,500円
(※更新月は0円)

GMOとくとくBB WiMAXギガ放題プランと7GBプランの2種類が存在します。

しかしいわゆるポケットWiFiとして利用するのであれば7GBプランは容量的にも心許ないことこの上なし。

ギガ放題プランのみを検討の対象とするかたちで差し支えないでしょう。

MEMO
途中でプラン変更することも可能です。

なおギガ放題は月間の通信容量が無制限

これはポケットWiFiによくあるような「無制限をうたっているけど100GBを超えたら急激に遅くなって使い物にならない」といった類のものではなく、完全に無制限ということ。

どれだけ使っても使えなくなることはありません。

一点だけ注意しておきたいのは、3日間で10GBを超えた場合に速度制限が発生するということ。

ただし制限といっても1Mbps程度の速度は確保されており、スマホで動画を見る程度のことは十分可能です。

GMOとくとくBB WiMAXの「料金面」でのメリット

次に気になる料金面です。

GMOとくとくBB WiMAXの料金プランは2種類

GMOとくとくBB WiMAXの料金プランは「ギガ放題」と「7GBプラン」の2種類がありますが、今やポケットWiFiは無制限などの大容量データ通信が当たり前。

契約するのであれば、ギガ放題を中心に考えればよいでしょう。

ヨノイ

せっかくWiMAXを使うのなら容量無制限がおすすめ!

ちなみにプランの変更は契約途中でも可能で、手続きに手数料などはかかりません。

「来月はあまり使う機会がないかも」と思えばプラン変更が可能です。

GMOとくとくBB WiMAXは高額のキャッシュバックが魅力

GMOとくとくBB WiMAXの最大の魅力はキャッシュバックが高額なこと。

キャッシュバックは多くのプロバイダが導入していますが、GMOとくとくBB は30,000円を超えており、かなり高額の部類

プロバイダで比較すると以下のようになります。

プロバイダ名キャッシュバック額
GMOとくとくBB(WX06、W06)27,500円
GMOとくとくBB(HOME 02、L02)31,000円
BIGLOBE15,000円
UQ WiMAX0円
Broad WiMAX0円
So-net0円
DTI0円

GMOとくとくBBはルーターの種類でキャッシュバック額が変わるため、モデル名をあわせて記載しています。

MEMO
なお「WX06」と「W06」では「WX06」の方が一世代新しい機種。

最大速度はW06の方が速いですが、WX06は5GHz帯と2.5GHz帯を同時に利用でき、かつ専用クレードルにより屋内の受信性能がアップしています。

非常に高性能なデバイスであり、それも含めて考えてもGMOとくとくBBが完全に一人勝ちしている状況と言えるでしょう。

キャッシュバックを適用した場合の実質月額でも圧倒的勝利

キャッシュバックを月額に割り返すことで、実質月額として考えることができます。

先ほどの各プロバイダのキャッシュバック額を月々の料金から差し引いて考えると下記のとおり。

プロバイダ名月額料金(税込)キャッシュバック額実質月額(税込)
GMOとくとくBB4,690円27,500円 3,886円
BIGLOBE4,378円
(+端末代)
15,000円3,961円
(+端末代)
UQ WiMAX4,268円0円4,268円
Broad WiMAX3,930円0円3,930円
So-net4,450円0円4,450円
DTI3,870円0円3,870円
(+端末パーツ代)

※GMOとくとくBBの「HOME02」「L02」はホームルーターのため除外してあります。
※新規受付を停止しているプロバイダは除外してあります。
※利用月数で月額料金が変わる場合は平均で表示しています。

このように圧倒的な差になります。

実質的にほぼ最安価格でWiMAXを利用できるのは、GMOとくとくBBです。

ヨノイ

DTIはギリギリ下の価格に滑り込ませていますがWX06のクレードルが別料金で、含めた場合は月額料金がGMOとくとくBBと逆転します。

またWiMAXはどのプロバイダを選んでも端末や通信の品質は変わりません。

サービスの品質の差が大きく出るのは月額料金とも言えますので、GMOとくとくBBはなおさらおすすめのプロバイダです。

“MEMO”
注意しておきたいのは選ぶルーターでキャッシュバック額が異なるということ。基本的にホームルーターの方が高く設定されています。

GMOとくとくBB WiMAXの性能面でのメリット

次はGMOとくとくBB WiMAXの性能面におけるメリットについてです。

性能面でのアドバンテージは以下のとおり。

GMOとくとくBB WiMAXの「性能面」でのメリット

  • WiMAX2+のハイスピードモードによる高速通信
  • au 4G LTEを利用したハイスピードエリアモードによる繋がりやすさの確保

それぞれ見ていきましょう。

WiMAX2+のハイスピードモードによる高速通信

現在のWiMAXは「WiMAX2+」という新規格に完全移行しており、通信性能が格段に向上。

高速な通信が可能になっています。

ルーターは下記の2種類のモデルから選べます。

 Speed Wi-Fi NEXT WX06Speed Wi-Fi NEXT W06
イメージ
製造元NECプラットフォームズ株式会社HUAWEI
サイズ約111 × 62 × 13.3mm約128 × 64 × 11.9mm
ディスプレイサイズ約2.4インチ
重量約127g約125g
対応エリアWiMAX 2+/au 4G LTE
通信速度
(ハイスピードモード(WiMAX 2+))
・下り最大440Mbps
・上り最大75Mbps
・下り最大558Mbps
・上り最大30Mbps
通信速度
(ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE))
・下り最大440Mbps
・上り最大75Mbps
・下り最大1.2Gbps
(Wi-Fi接続時最大867Mbps)
・上り最大75Mbps
※USBケーブル接続時の通信速度
連続通信時間(最長)約14時間約11時間40分
最大接続可能台数最大16台
カラーライムグリーン/クラウドホワイトブラックブルー/ホワイトシルバー

現時点で最もオススメなのが最新モデルの「Speed Wi-Fi NEXT WX06」。

下りで最大440Mbps、上り最大75Mbpsを実現しており、5GHz帯と2.5GHz帯の併用が可能でかつ専用クレードルで屋内にも強いという新機能が満載の機種です。

ヨノイ

W06よりもWX06の方が性能面からもおすすめですね。

au 4G LTEのハイスピードエリアモードによるつながりやすさの確保

現在のWiMAXは「WiMAX2+」という新規格に完全移行しており、通信性能が格段に向上

従来の「WiMAX」よりも通信速度、エリアカバー率が改善されています。

この性能の向上の理由は、WiMAX2+では通常のWiMAX2+での通信に加えてau 4G LTEでの通信も行えるため。

au 4G LTEはスマホやタブレット向けの通信回線で、我々がスマホを利用する際に使っている回線ですが、エリアカバー率が広く障害物に強いのが特徴。

WiMAXは電波状況に応じてWiMAX2+とau 4G LTEを切り替えることで高速かつ広範囲のエリアカバーを実現しています。

WiMAXで使える2つのモード

  • ハイスピードモード(標準モード):WiMAX2+
  • ハイスピードプラスエリアモード(エリアが広いモード):WiMAX2+、au 4G LTE

つまりau 4G LTEが併用できるようになったことで、従来のWiMAXの懸念点であった屋内でのつながりにくさも解決されたと言えます。

ヨノイ

WiMAXは屋内がダメというイメージが強かったので安心して利用できます。

ただしau 4G LTEは利用量による制限があり、使えるのは毎月7GBまで

WiMAXのように無制限ではないので通信量は気にしておく必要がありますね。

GMOとくとくBB WiMAXの評価・口コミを徹底調査

ここまで見てきたように、GMOとくとくBBの特徴は高額のキャッシュバック。

GMOとくとくBBを選ぶ方はキャッシュバックをもとにした低コストでの運用を目指している方が多いはずです。

またWiMAXを選ばれているのは、WiMAX2+による高速の通信とエリアカバーの広さも期待してのことかと思います。

これらを踏まえながら、GMOとくとくBBの利用者の口コミや生の評価を見ていきましょう。

キャッシュバックは高評価、受け取り忘れには要注意

GMOとくとくBBの最大の売りであるキャッシュバック。

最大で30,000円を超える高額ゆえ、ユーザーの評価も上々です。

しかし一方で、キャッシュバックを受け取り損ねたという辛い声も。

というのもキャッシュバックの時期は利用開始から11ヶ月後。

キャッシュバックの案内はGMOの専用メールアドレス宛に送付され、さらに翌月末までに振込先の口座を登録する必要があります。

ヨノイ

間が空きすぎ!

またGMOから大量のメールが送付されることから、見落としてしまうのがありがちなパターン。

リマインダーを活用するなどして、絶対に忘れないようにする工夫は必須です。

1年先とか本当に忘れてしまうので。

WiMAXによる通信の品質は高評価

さすがに通信の品質を評価する声は多いですね。

ただし一部では回線が遅いという声も見られます。

WiMAX2+と言えど地域差はあるでしょうし、ユーザー側でハイスピードエリアモードを使い切ってしまっている可能性もあります。

しかしWiMAXと言えど、回線への不満の声がないわけではないということは公平にご紹介をしておきます。

電話サポートの体制が悪い

GMOとくとくBBで多いのが、電話がつながらずサポートが満足に受けられないという声。

受付時間帯も短く、特に混雑時は繋がらないことも多いので、そこにストレスを感じている方は多いようです。

サポートはUQ WiMAXのような本家本元のサービスと比較するとどうしても弱くなってしまう部分なのかもしれません。

しかしこれも多くのユーザーに選ばれていることの裏返し。

ある程度自力で物事を解決できるユーザーには大きな問題ではないでしょう。

プロバイダ経由のWiMAXは人気のため、他社サービスでも電話はつながりにくいようです。

まとめ:GMOとくとくBBは良コスパ!キャッシュバック忘れに注意

この記事では、「GMOとくとくBB WiMAX」のサービス内容とそれに対する口コミや評価についてご紹介してきました。

やはりポイントはまずWiMAXの高速回線を広域なエリアで利用できることと、他にない高額のキャッシュバック。

とくにキャッシュバックは時間差がある分、受け取り忘れという痛恨のミスを犯しかねないところ。

ヨノイ

よっぽど自分でスケジュール管理をしておかないと普通に忘れると思います。

ここが上手くいくかいかないかで評価がずいぶん変わるところかとも思います。

キャッシュバックをしっかりとゲットして、超高速で無制限なポケットWiFiを使い尽くしましょう。