サービス全般

Amazonポイントの仕組みを徹底整理!効率的にポイントを集める方法を説明します

2019年9月1日

Amazonポイント1ポイント1円として利用できるAmazonのポイントシステムです。

Amazonポイントは全ての商品につくわけではなく、またポイントがもらえる還元率もそのときどきで変わるなど、やや把握しづらい部分があります。

しかし、ポイントシステムは仕組みが命

付与の仕組みについて理解しておくと、お得に買い物をすることができます。

この記事では、以下のような疑問についてお答えします。

  • いつの間にかAmazonポイント貯まってるっぽいけど、そもそもどういう仕組みでつくの?
  • Amazonポイントってどう集めればお得なの?

ポイントシステムはAmazonに限らず、つい何となく曖昧にしてしまいがちです。

しっかりと理解してお得な買い物につなげていきましょう!

Amazonポイントとは

Amazonポイントとは1ポイント=1円として、Amazonのさまざな商品の購入の際に利用できるポイントプログラムです。

[chat face="yonoi_smiling.png" name="" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]ポイントでキャッシュバックされてるのと同じ感覚ですね![/chat]

AmazonポイントはAmazonの商品やサービスを購入することで付与されます。

有効期限は最後に商品を購入した日、もしくは最後にポイントをもらった日から1年間です。

Amazonを利用し続けていれば実質的に失効することはありません。

Amazonポイントはどんなときにつく?

AmazonポイントはAmazonの商品やサービスを購入することで付与されます。

ポイントの還元率はキャンペーンなどによって変わることがありますが、基本的には「購入→還元率に応じたポイント還元」というしくみに則っています。

あわせてAmazonではポイントキャンペーンなども実施されており、申し込むことで「2000ポイント還元」のようなかたちでまとまったポイントがもらえることもあります。

購入時に貯まる場合は商品価格と一緒に表示される

Amazonの商品やサービスの中で、購入することでポイントが付与されるものは商品価格の下に還元されるポイントが表示されています。

Amazonポイントの表示

ちなみに表示されるポイント付与率は小数点以下は四捨五入されています。

Kindleを含む「1-Clickで買う」ボタンも価格と一緒に表示される

こちらもポイントの表示はさきほどと同様に購入画面で表示されます。

ただし、1-Clockボタンの上部にあるので、やや気づきにくいかもしれません。

Amazonポイントの表示:1-Clickで今すぐ買う

キャンペーンに参加することでポイントが貯まる

実施中のポイントキャンペーンは下記のページで確認することができます。

中にはページを閲覧するだけで登録が可能なものもあったりするのでこまめに確認することをオススメします。

Amazonポイント - アマゾン

カテゴリー:Amazonポイント

[jin-yohaku20][chat face="yonoi_smiling.png" name="" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]広告バナーであまり見かけないものもこちらで確認できるのでチェックしておくのが◯です![/chat]

仮ポイントと確定ポイントは区別しておきましょう

商品を注文後、すぐにポイントが発行されますが、まだ「仮ポイント」の状態です。

仮ポイントはまだ支払いに使用することはできません。

仮ポイントは商品の発送日を目安に「確定ポイント」に変わります。

確定ポイントになって初めて支払いに使用することができるので、利用の際はこのタイムラグを把握しておきましょう。

また確定ポイントに変わるタイミングにはいくつかの例外があります。

詳細はAmazonのヘルプで確認しておきましょう。

[jin-iconbox07]Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonポイントについて[/jin-iconbox07]

Amazonポイントがつかない場合とは?

そもそも商品がポイントの対象外

商品の価格表示とあわせたポイント表示がない場合は、商品購入にともなうポイント付与のない商品ということになります。

たとえばこの商品はポイントの付与がない例ですね(めっちゃ割引はされてますが)。

Amazonポイントのつかない商品

なお、以前にAmazonは全商品に対する1%ポイント付与を発表しましたが、諸事情により撤回をしています。

現時点では、ポイント付与率は商品によってまちまちの状態です。

商品の返品・数量変更などによるポイントの返還

購入した商品を返品・数量変更・購入キャンセルすると、一度付与されたポイントはその分についてキャンセルされます。

ポイント残高からは差し引かれ、仮に付与分をすでに使ってしまっていた場合は、もとの返金額から差分が差し引かれた上で返金されます。

自分のAmazonポイントの確認方法

Amazonポイントはアカウントでログインで確認

Amazonのアカウントでログインをすると画面上部に表示されます。

Amazonポイントの表示位置

位置的にもわかりやすい場所にあります。

購入履歴で買い物ごとのポイント付与数を見ることも可能

メニューのアカウントサービスから、購入履歴ごとのポイント付与数を確認することもできます。

Amazon:アカウントサービス

履歴画面はこちら。

Amazonポイントの履歴画面

ぼかしで分かりづらくなっていますが、この画面では商品ごとの獲得ポイントの履歴を見ることができます。

仮ポイントから確定ポイントに変わったタイミングもわかるため、詳細に履歴を追いたい方はこちらの画面で確認しましょう。

Amazonポイントを効率的に集める方法は?

ポイントキャンペーンを上手に利用する

さきほどご紹介したように、Amazonポイントのページで実施中のポイントキャンペーンをこまめにチェックするのはポイント獲得の上でオススメです。

購入予定があっても特段急がなくてよいものは、キャンペーンにあわせて買い物をするとポイントが貯まりやすくなります。

とくにタイムセールやプライムデー、サイバーマンデーなどはポイントアップキャンペーンが同時に開催されることが多いため、積極的に利用するのが正解です。

プライムデーでは最大10.5%のポイント還元率になることもあり、見逃せないチャンスです。

【2019年版】Amazon Prime Day(プライムデー)情報をまとめてみました

Kindle書籍はポイント還元率が高い

Amazonの電子書籍であるKindle本は、紙の書籍と比較して安いだけではなく、ポイント還元率も高いものが多いです。

ポイントが貯まりやすいので書籍購入の際はぜひ比較してみることをオススメします。

Amazon Mastercardを利用する

Amazonの公式カードである「Amazon Mastercard」は、Amazonでの支払いで利用すると、最大で2.5%のポイント還元になります。

Amazon以外の通常の買い物でも、Amazonポイントで還元があるため、Amazonの利用率が高い方にはかなりお得なカードです。

Amazonマスターカードについてメリット・デメリットを解説

できるだけ買い物を集約した方がポイント的にはお得

ポイントシステムをお得に利用するためには、利用サービスを理解することは不可欠です。

ぜひこの機会にこれまでのAmazonの利用履歴を振り返りつつ、あわせてポイントキャンペーンなども見ていただけると、よりお得な買い物ができるのではないかと思います。

また、買い物は同一のサービスに集約した方がメリットは生じやすくなります。

他のサービスと比較してメリットを確認しつつ、賢く利用していくのがオススメです。

スポンサードリンク

-サービス全般

Copyright© ヨノイログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.