WordPress

AddQuicktagは記事編集を圧倒的に効率化できるプラグイン!使い方と設定を紹介します

2019年9月10日

ブログ記事を書き慣れてくると、必要に応じて文章にいろいろな装飾を入れたくなります。

たとえばこういった吹き出しなどはよく見る装飾のひとつです。

これですね!

このような編集は読者が読みやすいように行うわけですが、その分書き手側としては作業量が増えることになります。

たとえばWordPressテーマの「JIN」の場合、この画像付きの吹き出しを使うためには次のショートコードを入力しなければなりません。

[[chat face=“画像URL." name="" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"][/chat]][jin-yohaku20]

こういった作業の繰り返しはかなり面倒です。

AddQuicktag」は、このような定型的な作業を圧倒的に楽にしてくれるWordPressプラグインです。

「AddQuicktag」を使用するとこういった面倒な作業をまるっと簡略化することができます。

この記事では「AddQuicktag」について、導入から使い方まで丸ごと説明していますので、ぜひ参考にしてください。

「AddQuicktag」とは

「AddQuictag」の機能について

「AddQuicktag」はWordPressプラグインのひとつです。

あらかじめ登録しておいたショートコードやタグをWordPressのエディタ上にプルダウンやボタンとして設置することができます。

簡単にいうと、使用頻度の高いショートコードやタグをボタン一発で呼び出せるようにするプラグインということですね。

これまで手打ちしたりコピペで貼り付けていた文字列の挿入がプルダウンやボタンひとつで可能になるため、作業が圧倒的に楽になります。

ショートコード・タグとは

ショートコードやタグとは、文字や文章を装飾するために入力する文字列のことです。

タグはHTMLで記述できる装飾のことをいいます。

たとえば文字を太字にする場合は、<b>文字</b>のように対象の文字をHTML上で「<b>」「</b>」で囲むと太字として表現されます。

このように「<」「>」で囲まれた指示をタグといいます。

ショートコードはもう少し複雑な装飾や指示をWordPressのテーマがタグっぽくしてくれたものです。

たとえばWordPressテーマ「JIN」では、余白を入れたい場合は、[[jin-yohaku10]]と記述することで、行間に10pxの余白を入れることができます。

このようにショートコードは「[」「]」で囲まれているのが特徴です。

「AddQuicktag」の設定方法

「AddQuicktag」のインストール

インストールはWordPressの管理画面から行います。

WordPressの管理画面の「プラグイン」から「AddQuicktag」を検索し、インストールします。

AddQuicktagのインストール

インストールが終了したら「有効化」をします。

「有効化」をすることで、管理画面の「設定」に「AddQuicktag」が追加されますので、ここから設定を行っていきます。

「AddQuicktag」にクイックタグを登録する

「AddQuicktag」の「設定」を選択すると、「クイックタグの追加と削除」が表示されます。

画面の表示としては↓のような感じです。

AddQuicktag:クイックタグの追加と削除

基本的に入力が必要なのは↑の画像の赤枠で囲ってある箇所です。

これらを適切に入力すれば、大体の機能を使うことができますので、これらに特化して説明していきます。

ラベル名

「AddQuicktag」にショートコードやタグを登録した場合、プルダウンやボタンから選択して使用します。

その際に表示する名前を任意に決められます。

内容にあったわかりやすい名前にしておきましょう。

開始タグ

タグの頭の方を設定します。

例えば、太字にする場合は、<b>太字</b>とする必要がありますが、これを登録する場合は先頭の<b>を開始タグとして入力します。

<b>は<>の間が1文字と非常に短いですが、タグによっては<>の間がかなり長いものもあります。

その場合は<>の間ごとまるっとコピペします。

またショートコードの場合は<>を[]に置き換えて考えますので、同様に[]間を丸ごとコピペします。

終了タグ

反対にタグの後ろの方を終了タグとして入力します。

先ほどの<b>太字</b>の例でいうと、</b>を終了タグとして入力します。

ショートコードの場合も同様に後方の[/◯◯]を入力します。

ちなみにこの開始タグ、終了タグ欄は、タグ以外を入力してもOKです。

例えばリード文のあいさつなど、定型文を入力しておくこともできます。

その場合は開始タグにだけ文章を入力しておけばOKです。

チェックボックス(使用する画面の指定)

画面の右の方にチェックボックスがいくつも並んでいますが、これの一番右側にチェックを入れます。

これらのチェックボックスは、どの画面で「AddQuicktag」のボタンを表示させるかの画面ごとの指定を表しています。

一番右側のチェックボックスを入れることにより、すべてを選択したことになります。

とりあえずすべての画面に表示させて問題ないと思いますので、とりあえず一番右にチェックマークを入れておけばOKです。

以上で設定は終了です。

「AddQuicktag」の使い方

投稿の編集画面にQuicktagsのプルダウンができているので、そこから登録したクイックタグを選択します。

AddQuicktag:編集画面

エディタ上に登録した内容が入力されます。

AddQuicktag:ショートコードの呼び出し

このショートコードは画像付きの吹き出しなので、開始タグと終了タグの間にセリフを入れてあげます。

AddQuicktag:ショートコードの編集

プレビューで表示させるとこのような感じになります!

AddQuicktag:プレビュー

 

反復作業は「AddQuicktag」で効率化しましょう

「AddQuicktag」を本格的に導入すると、ブログの記事作成の時間がかなり短縮できます。

その分内容に時間をかけることもできますし、導入は必須と言っていいプラグインです。

ブロガーの方の中には、初心者向けWordPress講座にすすめられるままに入れたのはいいけどそれっきり放置という方もいらっしゃるのではないかと思います。

AddQuicktagは使い方も難しくないので、ぜひ積極的に利用して効率的なブログ運営につなげていきましょう。

スポンサードリンク

-WordPress

Copyright© ヨノイログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.