ThinkPad

ThinkPad X250のWWANカード用アンテナの確認方法

2019年10月27日

ThinkPad X250

私事ではありますが、中古のThinkPad X250を改造して使用しています。

デバイスは自分で手を加えると一気に愛着が湧くもので、今ではとてもお気に入りのマシンです。

改造の詳細もこちらで記事にしています。

関連記事:ThinkPad X250の液晶パネルとSSDを交換する手順と注意点について

現在ではFHD化&SSD化されており、使用感はとても快適なのですが、以前から格安SIMが使えれば便利だなと思っていました。

と言うのも、ThinkPadは本体の堅牢性も高いので外に持ち出すことも多いのですが、一々テザリングするのがちょっと面倒だったんですよね。

PCを開いてテザリングなしにそのまま4Gに接続できればとても快適なはず

そんな思いもあり、いよいよパーツを取り寄せて改造してみることにしたんですよね。

パーツが届いたのでいざ作業を始めようとしたのですが…、結局WWANカードを載せることはできなかったんですよね…。

な、なんだってーーー!?

と言うのも、分解した結果、僕のX250にはWWANカード接続用のアンテナがなかったんですよ…。

実はThinkPad X250にはWWANカード接続用のアンテナが内蔵されているモデルとないモデルがあるようなんですね。

アンテナと言っても要は配線なので、これがないとパーツの接続ができません。うおー!

ということで、WWANカードの取り付けは上手くいかなかったのですが、転んでもただでは起きない。

この記事では、ThinkPad X250の内蔵アンテナの確認方法をご紹介します。

X250へのWWANカードの取り付けは、WWANアンテナが本体に内蔵されていることが前提です。

WWANカードの取り付けをお考えの方は、ぜひこちらの記事を参考にしていただき、アンテナの有無をしっかりと確認していただければと思います。

内蔵アンテナが無いぞう、って感じです!

なお、説明の途中で本体を分解し内部を確認する場面が出てきますが、実際に作業を行う場合は自己責任でよろしくお願いいたします。

ThinkPad X250にWWANカードを取り付けるためには

ThinkPad X250の発売時の国内モデルには、WWANモジュールが搭載されたものは無いようです。

ですが、WWANモジュールは後から増設することができます。

ただし、これには条件が2つあります。

  • 本体内部にWWANアンテナが組み込まれていること
  • 技適を通った純正品のWWANカードを増設すること

2番目のWWANカードは通信を行うパーツなので、「技適」を通過してないといけません。

技適とは技術基準適合証明と技術基準適合認定のいずれかあるいは両者の認証のことで、総務省令に定められたものです。

通過していれば技適を表すマークが表示されています。

WWANカードはアンテナ付きモデルでないと取り付け不可能

WWANカードと本体を接続するためには、そのためのアンテナが必要です。

ThinkPad X250の国内モデルにはWWANモジュール内蔵のモデルはなかったのですが、実はアンテナが内部に付いているモデルはそれなりにあったりします。

海外モデルとパーツを共通化しているためか、型番によってはWWANアンテナが内蔵されているんですよね。

そのようなモデルはWWANカードの増設ができます。

そのため、ThinkPad X250にWWANカードを増設する作業でもっとも重要なのはこのWWANアンテナの有無を確認することだったりします。

ワイ、確認しないままWWANカードを注文してしもうた(泣)

ThinkPad X250にWWANアンテナがあるかを確認する方法

ThinkPad X250にWWANアンテナが内蔵されているかを確認する方法は2つあります。

リアバッテリーを外して外観から確認する

実はWWANアンテナの有無はリアバッテリーを外すことで確認できます。

以下、手順です。

ThinkPad X250の裏面です。

ThinkPad X250:背面

リアバッテリーを外します。

ThinkPad X250:背面(リアバッテリーなし)

リアバッテリーを外した後の本体に隙間が見えます。

ThinkPad X250:リアバッテリーコネクタ

WWANアンテナがある場合はここをオレンジ色のケーブルが通っています。

従って、見ての通りこのX250にはWWANアンテナがないことが確認できます。

最初からこれで確認できたんや…。

ThinkPad X250を分解して確認する

次にThinkPadを分解して確認する方法です。

リアバッテリーを外して確認できるのならバラす必要はありませんが、画像を撮っているので一応説明しておきます。

なお手順はLenovoが公開しているThinkPadの「ハードウェア保守マニュアル」に沿って進めます。

≫ ThinkPad X250 ハードウェア保守マニュアル ― Lenovo

分解するにあたっては、リアバッテリーを外し、フロントバッテリー(内蔵バッテリー)を無効化する作業が必要です。

BIOSを起動して、所定の手順により無効化します。

作業手順はこちらの記事の中で説明していますのでぜひ参考にしてください。

関連記事:ThinkPad X250の液晶パネルとSSDを交換する手順と注意点について

内蔵バッテリーを無効化しておかないと分解した際に、内部パーツが壊れる可能性があります。

必ずBIOSからバッテリーの完全無効化をしてから裏蓋を開けてください。

本体の裏蓋を開けとこんな感じです。

ThinkPad X250:本体内部

WWANカードが取り付けられるはずだった場所です。

ThinkPad X250:WWANカード取り付け箇所

やっぱりアンテナらしきものはありません。

よそのブログさんで見させてもらった感じでは、アンテナは青と赤の2本のようです。

WWANアンテナを取り付けられればWWANカードを繋ぐことは可能

WWANアンテナは単品でAmazonなどで購入できるようです。

ThinkPad改造の本来の思想から行けば、アンテナがないのであれば取り付ければよいはずなのですが、作業難易度は高いようなので諦めました。

まとめ:WWANカードの取り付けを考えるならアンテナの有無の確認は必須

WWANアンテナの有無を確認するだけであれば分解までは不要です。

リアバッテリーを外してWWANアンテナを確認しておきましょう。

中古のX250を購入する場合で、WWANカードの取り付けを考えているのであれば、ショップに問い合わせて確認を取った方が無難です。

ショップによって問い合わせに対する対応状況は異なると思いますが、可能であれば事前確認しておいた方がよいと思います。

またWWANカードが技適を通過しているかはとても重要です。

X250の場合、純正品でないとBIOSが認識しないなどの問題もあるようなので、取り付けに際しては情報収集を十分に行うようにしましょう。

人気記事U-NEXTの評判は?メリット、デメリットを一挙解説

人気記事動画配信サービス10社を徹底比較!本当におすすめできるVODランキング

スポンサードリンク

-ThinkPad

Copyright© ヨノイログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.