ブログツール

Googleアナリティクスとサーチコンソールは連携して使用しよう!連携ができない場合の対処法も説明

ブログ運営に必要な重要ツールとして、Googleが提供するGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールがあります。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールは自サイトのアクセスに関するデータを提供してくれる貴重なツールですが、それぞれを単独で使うことはもちろんのこと、これらを連携して使用することも可能です。

ツール同士の連携を行うことでデータを統合して取り扱えるようになり、より情報として価値が高まるため、ブログ運営を分析的・効率的に行うためにはぜひ設定をしておきたいところです。

この記事ではGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携の設定手順について説明しています。

またサーチコンソールの設定によっては、手順通りに進めても連携ができない場合があります。

その場合の理由と対処方法についてもあわせて説明してますので、お困りの方はぜひ参考にしてください。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスはその名のとおりGoogleが提供するサイト運営者向けのアクセス解析ツールです。

自サイトに訪問したユーザーの動きをデータとして把握することができ、訪問回数や滞在時間の長さなどから人気のあるページや不人気なページなどを知ることができます。

また訪問者の訪問回数や、どのようにページを移動していったかなどもわかるため、サイト改善の大きな手がかりとなります。

そのため、自サイトでの収益化に真剣に取り組みたい場合、アナリティクスで得られたデータを細かくチェックすることは必須の作業であると言えます。

Googleサーチコンソールとは?

Googleアナリティクスが自サイトへの訪問者の情報を解析するのに対して、GoogleサーチコンソールはGoogleの検索エンジンにおける自サイトの評価について提供してくれるツールです。

サイトマップをサーチコンソールへ送信することでクローラーを呼び込み、検索エンジンのインデックスに登録されることを促したりなどができます。

また検索エンジンで自サイトのページが表示された際の順位や、どのようなキーワード群で検索結果に表示されたか、また検索結果から実際に何回アクセスされたかなども表示されるため、自サイトの検索エンジンでの評価を改善していくためには必須のツールです。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順について

Googleアナリティクスとサーチコンソールはそれぞれ単独で使用することももちろん可能ですが、連携して使用することで、Googleアナリティクスの画面内にサーチコンソールの情報を反映して閲覧することができます

連携の設定はわずか4つの手順で終えることができますので、ぜひ済ませておきたいところです。

以下でその設定手順を見ていきたいと思います。

①Googleアナリティクスで「管理」を選択

アナリティクスの左メニューの最下部より「管理」を選択します。

Googleアナリティクスで「管理」を選択

②該当のプロパティを選択する

連携を行うプロパティより「プロパティ設定」を選択します。

「プロパティ設定」を選択

③Googleサーチコンソールとの調整を選択

画面をスクロールしていき、下の方にある「Search Consoleを調整」を選択します。

「SearchConsoleを調整」を選択

次に「Search Consoleのサイト」で「追加」を選択します。

Search Consoleのサイトに「追加」を選択

④Googleアナリティクスに追加したいURLを追加する

サーチコンソールに登録されているサイトのURLが表示されているので、選択し、「保存」します。

アナリティクスにリンクしたいサイトを追加する

「保存」を押すと下記のダイアログが表示されるので、「OK」します。

新しい関連づけを求めるダイアログを「OK」する

以上で連携の設定は終了です。

Googleアナリティクスに反映されているか見てみると、

サーチコンソールが連携されたGoogleアナリティクス画面

このように「集客」の「Search Console」以下「ランディングページ」でサーチコンソールのデータが反映されています。

ちなみに右側の「行動」「コンバージョン」はアナリティクスのデータですので、並列に関連づけて閲覧ができるようになっています。

アナリティクスとサーチコンソールが連携できない場合

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携を行おうとしても、対象のサイトとして表示されない場合があります。

どのリンクから辿ってもうまく登録できそうな雰囲気がないため、理由がわからないうちは途方に暮れてしまいますが、これはGoogleサーチコンソールの作成時のプロパティタイプの設定が原因です

Googleサーチコンソールを設定する際は、最初に以下の設定を行います。

Googleサーチコンソールのプロパティタイプの設定画面

これはプロパティタイプの設定なのですが、左の「ドメイン」と呼ばれるタイプは2019年2月27日から導入されたばかりのもので、Googleはこちらを使用することを推奨しています。

ちなみに右側は従来のタイプのもので、「URLプレフィックス」と呼ばれるものです。

この2つの何が異なるのかというと、例えば「yonoi.com」をサーチコンソールに登録しようとした場合、従来のURLプレフィクスでは「https://yonoi.com」「http://yonoi.com」「https://www.yonoi.com」「http://www.yonoi.com」をすべて個別に設定する必要があります。

これらはどれにアクセスしてもすべてhttps://yonoi.comに遷移しますが、サーチコンソール上は別のURLとして見なされるため、すべてを取り漏らさず解析しようとした場合、すべてをひとつひとつプロパティとして登録し、後から統合するという面倒な作業が必要になります。

それをひとつのURLを登録することですべてをまとめて処理できるようにしたのが新たに導入された「ドメイン」です。

面倒な手順を行わなくて済むため、ここで「ドメイン」を選択しがちなのですが、しかし「ドメイン」だと現時点(2019年8月時点)では、なぜかアナリティクスとの連携ができません

Googleの推奨タイプなのになぜかダメなんですよ…。

そのためアナリティクスと連携を行うためには、最初に「URLプレフィックス」を選択するか、または最初に「ドメイン」で登録しておいて、あとから連携用に追加で「URLプレフィックス」のプロパティを追加設定するか、いずれかの方法が必要になります。

Googleが使用を推奨している以上、いずれ「ドメイン」でもアナリティクスとの連携は可能になるのではないかと思いますが、現状での対応方法は旧式の「URLプレフィックス」を使用するしかないようですね。

連携による情報の一元化で分析しやすい環境を作ろう

自サイトのアクセスデータは、サイトの成長戦略を立てる上で基礎になるものです。

なるべく円滑に分析作業ができるよう、環境にはこだわりたいところですし、そういった作業の丁寧さは訪問者の利便性へ還っていくのだとも思っています。

作業のステップもさほど手間でもないですので、まだ連携を行ってない方はぜひ試してみていただければと思います。

ABOUT ME
ヨノイ
ヨノイ
ヨノイといいます!ブログや文章を書くことが好きで、ネットのさまざまなサービスや製品について発信しています!Amazonが大好きなのでそのあたりの情報が多め。記事をシェアしてくれると喜びます!\(^o^)/
Amazonギフト券にチャージすると最大2.5%還元!
Amazonでお得にポイントをゲットする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券のチャージタイプがおすすめ!

Amazonギフト券のチャージタイプは購入することでアカウントに残高が追加される仕組み。

チャージ後はそのままAmazonでの買い物で使用できます。

チャージするだけでポイントが最大2.5%分加算されるのでかなりお得!ぜひ利用しましょう!

\現金でチャージするだけで最大2.5%!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です