ブログ運営

ブログは顔出し実名で書いた方がいいの?メリットとデメリットを考えてみる

2019年6月27日

ブログを始めて最初に迷うのが、顔出し実名で運営するかどうかだと思います。

最近ではYoutubeなどの影響もあってか、わりとあっさり顔出しして活動される方も少なくありません。

顔出しをブランディングの一環として利用される方も増えています!

でも、ぶっちゃけネットで顔出し実名って怖くないですか?

ネットで文章を公開するってことは不特定多数に見られるわけですし、どんな人がいるかわからないし…。

ブロガー界隈でもこの辺の議論は定期的に再燃し、さまざまな意見が出るところです。

しかし実際のところ、顔出し実名で活動することによるメリット・デメリットはどの程度のものなのでしょうか?

この記事では顔を出していく方向性でのブログ運営について、その有効性を真剣に考えてみたいと思います。

顔出しと実名のメリット・デメリットはブログの内容に依存します

身もふたもないですが、顔出し、実名で活動することがメリットに繋がるかどうかは、ブログの路線によると思います。

顔出し、実名でブログ運営をすることの目的は、ブログに集まる人の感情や評価をより強く個人に結びつけたいからではないかと思います。

楽しい雰囲気で思想信条を感じさせないブログであれば、そういう雰囲気を求めるお客さんが集まるでしょうし、比較的大丈夫な気がします。

逆に、批判的であったり、またあまりにシリアスな思想信条を述べているようなブログだと、やはりシリアスなお客さんが集まってくるはずです。

要は類は友を呼ぶというやつなのですが、そういった作用がプラスとして働くかどうかをイメージしてみるとわかりやすいかと思います。

また、顔出しをしてどうなりたいのかが明確ではないのに顔出し実名公開を行っているのであれば、やめた方がよいと思います。

それは、顔や実名を公開することは、メリットの有無に関係なくデメリットだけは明らかに生まれるからです。

顔出し、実名公開でブログ運営を行うことのメリットとは

顔出し、実名公開でブログを運営することで生じるメリットをいくつか挙げてみます。

  1. 自分を認知してもらいやすくブランディングに結びつけやすい
  2. ルックスがよい場合はブランディングに及ぼす効果が高い
  3. 自分の発言に責任を持つ態度を表明できる

このあたりがパッと思いつくところです。

ですが、よほどはっきりしたビジョンでビジネスや社会進出に繋げていかない限り、そのメリットは効果を発揮しないように思います。

むしろデメリットの方が怖いです。

自分でネットに発信する情報はコントロールできますが、それをもとに情報を探られることやどのような感想を持たれるかはコントロール不可能だからです。

個人情報をネットで公開するデメリット

個人情報をネットで公開することにはたくさんのデメリットがあります。

個人情報を不特定多数に公開することの怖さ

いくら顔を出して自分の発言に責任を持つといっても、自分の発言に対して人がどのような感想を抱くかはわかりません。

また、有名であるということが何かしらの矛先になるという可能性もあります。

「そこまでやる人なんていない」という主張は大体において正解なのですが、たった一人のヤバい人が出ると途端に問題解決の難易度が上がります。

また、自分で出した情報によって、自分の想定していないところまで個人情報を探られるということもあるかもしれません。

自分だけならまだしも、住所とかそういう話になってくると、家族の安全まで背負わなくてはならなくなります。

自分の言動がログとしてネットに残りリアルと結びつく

ネットに残された自分の言動や映像は簡単に複製可能です。

そういったものは自分のコントロールを離れてしまうため、簡単に消すことができません。

あとから無かったことにしようとしても、それは難しいのですね。

匿名だから無責任に発言していいとは決して思いませんが、自分が発信した情報はネットで公開された瞬間にコントロール不能になるということはよく考えておかなければなりません。

またそれは切り取られたり改変されたりすることも含みます。

顔を出していると、ネットで起きたいいことも悪いこともすべて現実として引き受けることを要求されます。

人間は間違えるものですし、そういったことをお互いに許容しながら社会は成り立っているはずなのですが、ネットにはそういう許容を許さない空気があります。

ノーミスでやりぬくか、炎上をどうとも思わない鉄のハートが必要になります。

顔を出すことが信用の獲得につながるわけではない

よく顔を出すことのメリットとして、信用の獲得につながるということが挙げられますが、顔や実名を出さないからといって、信用が得られないわけではないですよ。

有益な情報を発信し続けてらっしゃる方で、アイコンが自分の写真ではない方はたくさんいらっしゃいますし、情報の内容を重視するのであれば、顔とかアイコンとか全く関係ありません。

実際、僕がTwitterでの発言を追いかけているブロガー、アフィリエイターさんのトップ3は全員顔出しアイコンではないですね。

要は発信する情報そのものがそのアカウントへの評価を生んでいるわけで、気にするべきはそこだけのような気がします。

むしろ、顔出しでそこを埋め合わせようとしているのだとすれば、発想がマズいです。

何者かになろうとして顔を出すのもいいですが、何者でもないのに顔だけ出してもワナビー感が強いだけで、逆に何者でもないことを示してしまっているように感じます。

最近ではインフルエンサーはもちろん、経営者や士業の方なども、SNSで顔を見せながら活動されていたりしますので、何となくそれと同じイメージで見てしまうのかもしれません。

しかし、そういった方々の信頼性は別のところで担保されていますし、それがあるからこそ顔を出して活動されているとも言えます。

仮に信頼の獲得やブランディングを考えるのであっても、成果物で勝負してほしいなというのが一ブロガーとしての思いです。

顔を出すことのメリットとデメリットをもう一度認識した上でブログ運営を進めましょう

顔を出すことや実名を公開することには、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらが絶対に正しいというものではありませんが、個人情報のリスクは本人以外のところで進む面も多く、少し怖いところです。

あまりネガティブなことを想定しても物事は進んでいきませんが、あらためてそれらのことを踏まえた上で自己決定されることをおすすめします。

スポンサードリンク

-ブログ運営

Copyright© ヨノイログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.