ブログツール

ブログを書くならキーワードを意識しよう!絶対に知っておくべきお役立ちツール3選+1

ブログを始めてある程度経つと、PVが気になり始めます。

ですが、見てくれる人ってなかなか増えないんですよね。

書いても書いてもPVが増えない…ブログつらたん

開設したばかりのブログで記事を書いても、Googleの検索エンジンは記事をすぐに拾ってはくれません。

広大なネットでは日々サイトが生まれては泡沫のように消えていきますので、Googleはできたばかりのドメインはしばらく相手にせず、放置します。

そのため、書いた記事がGoogleの検索エンジンに認知されるようになるまでには、少し時間が必要です。

一般的に独自ドメインの場合は3ヶ月くらいは検索流入が満足にないと言われています。

また、そもそも検索エンジンで検索されやすい記事を書いていないと、記事が検索されることすらありません。

そこで記事作成にあたって考えなければならないのが「キーワード」の概念です。

この記事では、ブログ記事を執筆するにあたっての「キーワード」について、超初心者ブロガー向けにわかりやすく説明しています。

「キーワード」に沿った記事を書くことは、読者にとってより有益な記事を作ることに繋がります。

キーワードの仕組みについて理解し、より内容の濃い記事作りに繋げていきましょう。

ブログ記事に書き慣れてきたらキーワードについて理解しよう

ブログも始めたばかりの頃は、記事を1本書くのに何時間もかかったりと簡単に上手くはいかないものです。

それでも20記事、30記事と継続して書き続けていくことで、書くこと自体には段々と慣れていきますが、毎日1本記事を書いていっても1ヶ月近くはかかります。

ですが、そんなに苦労して作成した記事でも、最初の頃は書いても書いてもなかなかPV(ページビュー)に繋がっていきません。

それは冒頭で書いた、Googleにドメインを認知してもらうために一定の期間が必要なことの他に、また別の理由があります。

Googleから検索流入を呼び込むためにはキーワードの考え方が不可欠

たとえば、日々のPVが伸び悩んでいる場合、Googleアナリティクスを見ても、検索エンジンからのアクセスがほとんどいないことに気づくはずです。

なぜ、記事の数は増えていってるのに、検索エンジンからのアクセスが増えないのでしょうか。

それは、記事を作る際に「キーワード」を強く意識していないからです。

記事のテーマを決める際にキーワードを意識しているかどうかは、アクセスを集められる記事になるかに大きく関係します。

なぜなら、ブログ初心者が陥ってしまいがちな罠が、書きたいことを書きたいように書いてしまう、ということだからです。

キーワードと検索クエリとは何か?

では、ブログを書くにあたって気にするべき「キーワード」とは何でしょうか。

キーワードとは記事に設定された検索語句のことです。

ブログで記事を書く際に、内容を「この語句で検索してきたユーザーに向けて書こう」と設定することができます。

このように、ユーザーの検索行動を想定し、検索語句を想定した記事作りをした場合に、その語句のことをキーワードと言います。

キーワードは記事執筆者の脳内で設定することも勿論できますが、ユーザーの検索行動と深く結びついているため、検索された言葉から設定した方がアクセスに直結します。

そのため、キーワードの選定をする際は、「検索クエリ」を参照することが一般的です。

検索クエリとは検索される複数の語句の組み合わせ

検索クエリとは一言でいうと、Googleで検索する際の「検索語句の組み合わせ」です。

検索クエリとは、ユーザーが検索するときに打ち込んだ言葉やフレーズのことです。もともとクエリは「質問」という意味で、データベースに対する問い合わせや要求を意味します。 ユーザーが検索行動を取る際には、まず情報や商品を探すと言ったユーザーの意図があります。それが言語化したものが検索クエリです。

検索クエリとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]

たとえば「モバイルバッテリー」についてGoogle検索エンジンで検索する場合を考えてみたとします。

「モバイルバッテリー」という言葉との組み合わせで「ありそうなもの」の例をいくつか挙げてみると、

  • 「モバイルバッテリー おすすめ」
  • 「モバイルバッテリー 軽量」
  • 「モバイルバッテリー 大容量」
  • 「モバイルバッテリー 安い」

などが考えられるかと思います。

これらはモバイルバッテリーとの語句の組み合わせとして「ありそうなもの」、つまり人々がGoogleの検索エンジンで調べそうな語句の組み合わせです。

モバイルバッテリーについて検索するときは、軽さや容量、値段についても知りたいですよね!

キーワードにもとづいて記事を書くとは、こういった検索クエリの中から語句の組み合わせをキーワードとして選択し、それに適した内容の記事を書くということです。

キーワードは検索回数が多いものの方がアクセスに繋がりやすい

ここで重要なのは、キーワードは検索される回数が多いものの方がアクセスに繋がりやすいということです。

要は、頻繁に検索される検索クエリからキーワードを選定した記事は、検索結果として表示されやすいため、結果アクセスに繋がる機会が多くなります。

たとえば、「モバイルバッテリー 犬」と検索する人はほとんどいないですよね。

単純に何を知りたくて「モバイルバッテリー 犬」と検索したかを考えてみても、検索者の意図がつかめないのではないかと思います。

ダルメシアン柄のモバイルバッテリーなんかがあれば別ですが…。

なので、アクセスを求めるのであれば、今朝起きたら飼い犬が自分のモバイルバッテリーをくわえていたからといって、それをそのまま記事にしてはダメなのですね。

犬のことを入れるにしても記事の導入として用いる程度にして、他のもっとアクセスに繋がりそうな要素を組み込んでキーワードとし、記事を書いていくべきなのです。

また検索クエリは何かの解決を求めているものの方が訪問に繋がりやすいですし、また商品を買ってもらうことにも繋げやすくなります。

ドメインが弱いうちはキーワードもニッチなものを狙っていくのがおすすめ

記事を書くにあたってどのようなキーワード、検索クエリを狙うかはとても重要です。

特定の記事が検索で上位表示されると、それだけでアクセス数が急激に増加します。

この体験があると、ブログのPVを支えているのは高順位につけた少数の記事であることが理解できますし、ネットは一極総取りであるという構図も体感できます。

また、どのようにキーワードにできる検索クエリを見つけていくのかということも、とても大切です。

要は皆がよく検索している語句をどうやって把握するかということですね!

検索の上位表示は狙っていくとしても、その位置は皆がしのぎを削って日夜奪い合っている場所です。

そのため、特にブログ初心者のうちは、なるべく競合者がいないニッチな検索クエリからキーワードを狙っていくのがおすすめです。

ニッチなクエリなので、検索者の母数が少なく、高順位に掲載されても流入は少ないかもしれませんが、確実に積み上げていくことができます。

検索順位は単純に記事の質で決まるわけではありません。

Googleは検索順位を決定する指標を200以上持っていると言われており、その中にはドメインの強さを示すドメインパワーも含まれます。

始めたばかりで他のサイトから参照も言及もされてないサイトはドメインパワーが低く見積もられてしまうため、競合が強い場合には上位表示は困難です。

キーワードを選定するための代表的なツール

キーワードを考えるときには、

  • 検索されている検索クエリ(言葉の組み合わせ)にはどういったものがあるか
  • 検索されやすい検索クエリか、またその規模はどのくらいか

が重要です。

そのため、検査クエリを選定する際は、それらを調べることのできるツールを使用していきます。

以下、代表的なツールをご紹介します。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

Google謹製の代表的なツールです。

キーワードごとの月間の検索ボリューム(=何回その検索クエリで検索されているか)や競合性まで分かるので、大変便利です。

ブロガーにとっては事実上、必須のツールと言えます。

登録してない人は、この記事を読み終わったらすぐに登録しておきましょう。

keysearch Beta

keysearch Beta

キーワードを検索すると、Google検索のサジェストにもとづいて簡易的にマインドマップ状にしてくれるツールです。

サジェストとは、検索ボックスに特定の語句を入れると、その語句と組み合わせて検索されることが多い語句を自動的に表示してくれる機能ですね。

マインドマップとして検索クエリの関連性が可視化されるので、クエリの関連性が感覚的にもつかみやすくおすすめです。

また、調べたキーワードがいまいちだったような場合にも、組み合わせを少し変えた検索クエリをすぐに探し出すことができます。

さらに、複数の検索クエリをカバーする記事を作成したい場合に、語句が可視化されているので、狙いをより絞った記事作りができます。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

こちらも検索クエリの組み合わせをGoogleのサジェストから網羅的に示してくれます。

特徴的なのは、Yahoo!知恵袋教えてgooからも検索したクエリにもとづいて質問を検索してくれることです。

人が疑問を持ち、解決を求めていることは、記事のテーマとして求められていることでもあります。

こういった性質の検索クエリはアクセスに強く繋がってくるので、質問されている内容はそのまま記事のテーマにしてもいいくらいです。

RankTracker(ランクトラッカー)

RankTracker

最後に持ってきましたが、こちらが本命のツールです。

RankTracker(ランクトラッカー)はキーワードごとの記事の掲載順位を継続的に追跡することのできる優れたツールです。

その他にもキーワードごとの検索数や競合から導き出される難易度、また競合他社との比較などを管理することができます。

有料ツールで6ヶ月15,000円と比較的高額ですが、これ以前と以降でまったく記事作成の前提が異なるくらいに有用なツールなので導入を強くおすすめします。

一週間の試用期間もあるので、気になる方はぜひお試しください。

まとめ:検索クエリにもとづいて記事を書くことは求められている記事を書くということ

検索クエリという概念がピンと来ない方は、文章とは書き手が書きたいことを書くものだという考えが強いのではないかと思います。

もちろん書きたいことを自由に書くのもブログや文章の醍醐味ではあります。

しかし、そうやって書かれた記事は、必ずしも他人が必要としている文章であるとは限りません。

テーマが先にありきな文章を書くことに抵抗感を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、他人が欲しているテーマで書くということは、他人の役に立つということです。

積極的に価値提供することにも繋がりますので、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

ABOUT ME
ヨノイ
ヨノイ
ヨノイといいます!ブログや文章を書くことが好きで、ネットのさまざまなサービスや製品について発信しています!Amazonが大好きなのでそのあたりの情報が多め。記事をシェアしてくれると喜びます!\(^o^)/
Amazonギフト券にチャージすると最大2.5%還元!
Amazonでお得にポイントをゲットする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券のチャージタイプがおすすめ!

Amazonギフト券のチャージタイプは購入することでアカウントに残高が追加される仕組み。

チャージ後はそのままAmazonでの買い物で使用できます。

チャージするだけでポイントが最大2.5%分加算されるのでかなりお得!ぜひ利用しましょう!

\現金でチャージするだけで最大2.5%!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です