和書12万冊が読み放題!Kindle Unlimitedのメリット・デメリットを徹底解説【無料体験】

本記事ではKindle Unlimitedのサービス内容とメリット・デメリットについて詳しく解説します。

「Kindle Unlimited」はAmazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービス。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから多くの方におすすめしたいサービスですが、一方で「Kindle Unlimitedに入っても本当に本なんて読むの?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

しかし、僕自身が何年も利用してきて感じるのは、Kindle Unlimitedは読書に距離感をお持ちの方こそ体験すべきサービスだということ。

わずらわしさや抵抗感といった、読書の妨げになるものを一気に解決してくれるサービスが、Kindle Unlimitedなんですよね。

ぜひ、新たな読書体験の「きっかけ」として、Kindle Unlimitedを体験していただきたいと思います。

\国内の書籍だけで12万冊も読める!/

※無料体験中に解約すれば料金はかかりません

目次

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは?

Kindle Unlimitedキンドルアンリミテッド)はAmazonの提供する月額980円の電子書籍読み放題サービス

膨大な電子書籍の中から、対象の小説やビジネス書、漫画や雑誌などまで、たくさんの本を読み放題で楽しめます。

Kindle Unlimitedで読める本
  • 国内小説・海外小説
  • ビジネス書
  • 実用書
  • 専門書
  • 楽譜・音楽書
  • マンガ(少年漫画、少女漫画、青年漫画、海外コミックなど)
  • 雑誌
  • 写真集
  • 自主出版の電子書籍 など

配信されている対象の冊数は和書12万冊以上、洋書120万冊以上と圧倒的なボリューム。

毎月の月額料金を支払うことで、この圧倒的な冊数の中から好きな書籍を好きなタイミングで読めます。

またKindle Unlimitedは対応デバイスが豊富なのも特徴。

スマホやPCでも楽しめますし、iPadやAndroidタブレットといった大画面のデバイスがあれば、実際に本を読むような感覚で読書できます。

さらにAmazonではKindleに最適化したデバイスとして、「Kindleデバイス」や「Fireタブレット」を用意。

これらをあわせることで、より理想的な環境でKindleを楽しめます。

Kindle Unlimitedのサービス内容

ここでKindle Unlimitedのサービス内容をあらためて確認してみましょう。

一覧にすると下記のとおりです。

 Kindle Unlimited
月額料金(税込)980円
配信冊数和書12万冊以上
洋書120万冊以上
無料体験30日間
対応デバイススマホ、iPhone、タブレット、iPad、WindowsPC、Mac、Kindleデバイス、Fireタブレット
ライブラリに保存できる冊数10冊まで
同時利用デバイス数制限なし

月額料金と配信冊数はここまででご紹介してきたとおり。

またKindleは各デバイス向けに専用アプリを配信しており、対応状況がよいのもポイントです。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

Kindle本を最大限に楽しむなら、電子ペーパー採用の専用リーダー「Kindleデバイス」やAmazonの専用タブレット「Fireタブレットシリーズ」がおすすめですが、決して必須ではありません。

Kindleデバイス/Fireタブレットの種類
  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis
  • Fire 7
  • Fire HD 8 Plus / Fire HD 8
  • Fire HD 10 Plus / Fire HD 10

最近ではスマホも大画面化しており、アプリでも読みやすさは上々。

またPCのブラウザでも読めるなど、すでに周りにある機器で始められるのもサービスの良さの一つです。

まずはスマホにアプリをインストールして試しみるとよいかと。Kindleデバイスを揃えるのはその後でも大丈夫です。

なおKindleは複数のデバイスでも同時に利用可能。

自宅でKindleデバイスで読んだ本の続きを地下鉄内でスマホで読む、などといった使い方も可能です。

もちろん前回読み終わったポイントは同期されるので、探す手間などはありません。

\国内の書籍だけで12万冊も読める!/

※無料体験中に解約すれば料金はかかりません

Kindle Unlimitedの料金・支払方法について

Kindle Unlimitedの月額料金は980円(税込)。

初回の登録では自動的に30日間の無料体験が適用されます。

そのため、初めてKindle Unlimitedに登録した場合、月額料金の支払いは2ヶ月目からとなります。

なお、利用できる支払い方法は下記の5種類です。

Kindle Unlimitedの支払方法
  • クレジットカード
  • 携帯キャリア決済
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • LINE Payカード

携帯のキャリア決済も選べるので、クレジットカードをお持ちでない方はこちらがおすすめですね。

選択肢が多いので、自分にあった支払方法を選べます。

なおAmazonアカウントをクレジットカード払いにしている場合は、そちらが自動的に適用されます。

そのため、登録時にあらためて支払方法を入力する必要はありません。

\国内の書籍だけで12万冊も読める!/

※無料体験中に解約すれば料金はかかりません

Kindle Unlimitedの使い方

Kindle Unlimitedの使い方は簡単です。

  1. Kindle Unlimitedの対象から読みたい本を探す
  2. ライブラリに配信する
  3. ライブラリから読みたいデバイスにダウンロードする

以上の3ステップ。

AmazonのライブラリにKindle Unlimitedの対象書籍を追加すると、KindleアプリやKindleデバイス、Fireタブレットなどに本の表紙が表示されます。

デバイス上で選択するとダウンロードが始まり、終了したら閲覧が可能です。

具体的には以下の手順で行います。

Kindle Unlimitedの対象になっている場合、「Kindle Unlimited」のロゴが表示されています。

Kindle Unlimited:料金・使い方・検索方法

「読み放題で読む」をタップするとライブラリに配信されます。

またここで「無料サンプルを送信」で冒頭部分のみを特定のデバイスに直接送ることもできます。

Kindle Unlimited:料金・使い方・検索方法

たとえばライブラリ配信後、スマホのKindleアプリを開くとこのように「ライブラリから」に表示されます。

Kindle Unlimited:料金・使い方・検索方法

ただしこの時点ではまだ中身はダウンロードされていません。

タップするとダウンロードが始まります。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

ダウンロードが終了すると開けるようになります。

またライブラリへの配信はデバイスごとに反映されるので、別のデバイスで開いてみるとこのような感じに。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

Fireタブレットの場合は画面上に表示されます。

こちらもスマホと同様、すべてのコンテンツがダウンロードされているわけではありません。

初回の閲覧の際にはコンテンツの残り分のダウンロードが始まります。

ちなみにライブラリに配信したタイトルは「コンテンツと端末の管理」から確認できます。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

一覧の「アクション」を選択すると詳細が表示されるので「配信」を選びます。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

Kindle Unlimitedを利用できるデバイスが表示されるので、配信先を選択します。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

Kindle Unlimitedの読み放題対象の検索方法

Kindle Unlimitedの対象タイトルを検索する方法は下記のとおり。

STEP
Amazonのメニューを開く

Amazonトップページよりメニューを確認します。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法
STEP
「カテゴリー」から「Kindle Unlimited読み放題」を開く

メニューを開いて「カテゴリー」をタップ。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

「Kindle Unlimited読み放題」をタップします。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法
STEP
「すべてのタイトル」を閲覧を開く’

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

STEP
タイトル名で検索を実行する

画面上部の検索ボックスから語句検索をします。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

検索語句にもとづいて結果が表示されます。

Kindle アンリミテッド:料金・使い方・検索方法

「Kindle Unlimited」の表示がある書籍だけが抽出されています。

STEP
完了

なお検索語句を入力せずに検索した場合は、全件が抽出されます。

\国内の書籍だけで12万冊も読める!/

※無料体験中に解約すれば料金はかかりません

Kindle Unlimitedのメリット

それではここまでの流れを踏まえつつ、Kindle Unlimitedのメリットについて見ていきます。

読み放題対象の本がとにかく多い

Kinndle Unlimitedのメリットとしてまず最初にくるのが圧倒的なタイトル数

和書12万冊の威力はすごく、何が読めるか探しているだけで数時間ふっ飛んでしまうことも。

ちょっと前の話題作なども惜しみなく対象に入れてくれるので、読むものがないという状況におちいることはありません。

また強調しておきたいのが、一般書籍の多さ

雑誌などを中心とした読み放題サービスとは一線を画している部分なので、積極的に利用していきたいところです。

高価な専門書や実用書なども読み放題の対象になる

Kindle Unlimitedは購入すると何千円もするような高価な書籍も対象となります。

怪しい本が紛れていたりもしますが、専門書や洋書、合本版や写真集などといった値段が高く購入しづらい書籍も対象となるのは大きなメリットです。

ライブラリに入れておけば対象外になっても無料で読める

Kindle Unlimitedは対象の本の中からいったん「ライブラリ」にダウンロードし、そこから各デバイスへ配信するしくみです。

ライブラリにダウンロードしておくことで、後でその本がKindle Unlimitedの対象外となった場合でも、引き続き無料で読むことができます。

ライブラリに空きがあれば、とりあえずダウンロードしておくのが上手な使い方のコツです。

複数のデバイスで同期しながら読める

Kindle Unlimitedは複数のデバイスで利用できます。

それぞれのKindle Unlimitedはアカウントに紐づけられており、どこまで読み進めたのかなどをデバイス間で揃えてくれます。

その時々に最適なデバイスから続きから読み始められるため、ストレスがありません。

KDP(キンドルダイレクトパブリッシング)の書籍を読める

Kindle電子書籍の隠れた魅力の一つがKDP(キンドルダイレクトパブリッシング)。

いわゆる電子書籍の自費出版ですが、リリースまでのスピードが速く、またAmazonのスケールを最大限にいかせることから、特にビジネスや専門系の書籍の出版に人気が集まっています。

もちろんKDPで出版された書籍を読めるのはKindleだけですし、これらの書籍がKindle Unlimitedの対象になれば、通常の書籍と同様に読み放題で読むことができます。

30日間の無料体験ができる

Kindle Unlimitedは初回に限り、30日間の無料体験ができます。

どういうサービスか楽しみながら知ることができるので、まだ体験したことのない方はぜひ登録してみましょう。

\国内の書籍だけで12万冊も読める!/

※無料体験中に解約すれば料金はかかりません

Kindle Unlimitedのデメリット

次にKindle Unlimitedのデメリットについてです。

興味のある本が対象になるかわからない

Kindle Unlimitedは和書だけでも12万冊と、読み放題サービスとしては破格の冊数です。

とはいえ、読みたい本が絶対に対象に含まれているかはわかりません

というのも、対象の書籍は毎月入れ替わっていくからです。

ラインナップが変わった結果、全く興味をそそられない月が出てくるかもしれませんし、そのような場合にはせっかく月額料金を払ったのに読むものがないということになってしまいます。

これはKindle Unlimitedに固有の話ではなく、書籍系のサブスクリプションには付きまとう話ですね。

読み放題対象の本の入れ替わりが早い

せっかく興味のある本が読み放題対象になったとしても、いつまで対象となるかはわかりません。

また意外に入れ替えが早いという特徴もあります。

読書ペースの速さはある程度求められるかもしれません。

ライブラリに入れられるのが最大で10冊まで

Kindle Unlimitedのライブラリに入れられるのは最大で10冊まで。

一杯になったら、不要なものから消していかなければなりません。

お気に入りの本をずっと残しておけないことが多いため、結局お気に入りの書籍は別に購入しなければなりません。

全巻読み放題のマンガはほぼない

シリーズもののマンガなどはKindle Unlimitedの対象になっても、全巻が対象になることはほぼありません。

1〜3巻までなど、途中までしか対象となってないことも多く、結局購入しなければならないケースも多くあります。

またその場合に途中から買うのか、一応1巻から買うのかなど、微妙なところで悩んでしまうのもKindle Unlimitedあるあるですね。

全巻読み放題のマンガは別のところでも全巻を読めたり、また古いマンガであるケースがほとんどです。

所有欲を満たせない

電子書籍系の宿命でもありますが、あくまでデータなので、所有欲は満たしづらいです。

また定額制サービスなので、対象期間が終われば本を開くこともできなくなります。

Kindle Unlimitedで読み終わった本をあらためて購入するようなケースも出てくるかもしれませんね。

\国内の書籍だけで12万冊も読める!/

※無料体験中に解約すれば料金はかかりません

Kindle Unlimitedとプライムリーディングの違い

Amazonの読み放題サービスでは、Kindle Unlimitedのほかに「プライムリーディング」があります。

プライムリーディングはAmazonプライム会員を対象に、特典として提供されている読み放題サービスです。

Kindle Unlimitedとプライムリーディングを比較すると以下のとおり。

Kindle UnlimitedPrime Reading
価格月額980円プライム会員なら追加料金なし
対象者Amazon会員なら誰でも加入可能プライム会員のみ
総配信数和書12万冊以上、洋書120万冊以上数百冊
ジャンル本、マンガ、雑誌など本、マンガ、雑誌など

プライムリーディングも読み放題サービスではありますが、あくまでAmazonプライム会員向けの特典

単独で成り立つほどの充実度はないため、サービス内容面ではさすがにKindle Unlimitedには劣ってしまいます。

月額料金を支払わなくもよいという点では優位性がありますが、読書体験ではKindle Unlimitedにはかないません。

プライム会員の方で、「Kindle Unlimitedを実際に利用するか自信がない」という方は、とりあえずプライムリーディングから入ってみるのもよいでしょう。

ただしKindle Unlimitedと比べるとあまりにも冊数が違いすぎるので、読みたい本がない場合はあまり参考になりません。ラインナップがいまいちなら、Kindle Unlimitedの無料体験に登録してみることをおすすめします。

Kindle Unlimitedをより楽しむためのAmazonデバイス

Kindle UnlimitedはPCやスマホアプリでも利用できますが、やはりAmazonデバイスで利用した方が最大限に楽しめます。

Kindle Unlimitedを利用するにあたって用意しておきたいデバイスは以下の2種類です。

Kindleデバイス

Kindle本を読むなら、まずはKindleデバイスがおすすめです。

Kindleデバイスの特徴はEインクによる紙のような質感と片手で持てるコンパクトなボディ

Eインクは目への負担が低いので、長時間の読書でも疲労感が気になりません。

またバッテリーの持ちが異常に長いのもKindleの特徴で、一度の充電で数週間は充電が不要。

カラーに対応してないのが欠点ですが、読書の内容が主に小説や一般書など、文字中心の方にはとてもおすすめできるデバイスです。

Fireタブレットシリーズ

Fire HD 10:Kindle(カラー見開き表示)

Fireタブレットシリーズはカラー表示できるのが最大のメリット。

雑誌や写真集など、カラーならではの本を楽しみたい場合は、Fireタブレットがおすすめです。

とくにFire HD 10なら10インチの大画面で表示できるので、大型の本でも迫力を損なうことなく楽しめます。

また横向きにして左右のページを一度に表示しても1ページの大きさが保たれるのも良いところ。

漫画のような見開きのある本にも向いています。

Fire HD 10:Kindle(漫画白黒見開き表示)

なお一点だけFireタブレットに弱みがあるとすれば、ディスプレイが一般的なタブレットと同じ機構だということ。

Eインク採用のKindleデバイスと比較すると、やや目が疲れやすいという欠点があります。

またディスプレイの光沢もきついため、アンチグレアフィルムの同時購入を強くおすすめしています。

Kindle Unlimitedは3ヶ月99円などのお得なキャンペーンが狙い目

Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

その内容も「2ヶ月99円」や「3ヶ月299円」など、かなりお得。

これらのキャンペーンが開催されていたらKindle Unlimitedを始めるチャンスです。

また下記の記事ではAmazonに関するキャンペーンをまとめています。

Kindle Unlimitedを含め、Amazonで開催中のお得なセールやキャンペーン情報がわかるので、ぜひチェックしてみてください。

Kindle Unlimitedはこのような人におすすめ

最後にKindle Unlimitedがおすすめな人、おすすめでない人ということで、まとめてみたいと思います。

Kindle Unlimitedがおすすめな人

次にような方はKindle Unlimitedがおすすめです。

Kindle Unlimitedがおすすめな方
  • 毎日本を読みたい方
  • これから読書に取り組みたいけど何を読めばいいかわからない方
  • 毎月新刊を1冊は読む方
  • Amazonでよく買い物をする方

Kindle Unlimitedは本をたくさん読む方はもちろん、これから読書をしていきたいなと考えている方にもおすすめです。

Kindle Unlimitedの強みはザッピング的にフィーリングで本を変えていけるところなので、特に読書という行為自体に不慣れな方でも無理せず本に親しむことができます。

またネットでの購入がAmazon中心の方にも、ポイントが利用できる分おすすめです。

Kindle Unlimitedがおすすめでない人

反対に次のような方には、Kindle Unlimitedはもしかすると向かないかもしれません。

Kindle Unlimitedがおすすめではない方
  • 雑誌やマンガが中心の方
  • 楽天のポイント還元やクーポンを積極的に使っている方

雑誌やマンガが読書の中心という場合は、Kindle Unlimited以外のサービスを利用した方がよいでしょう。

特に雑誌に関しては、楽天Koboで楽天マガジンという読み放題サービスを展開しています。

月額408円(税込)で700冊以上を読めるため、まずそちらを検討してみましょう。

まとめ:Kindle Unlimitedで圧倒的な読書体験をしてみよう

Kindle Unlimitedはハイコストパフォーマンスの優れたサービス。

読書好きの方はもちろん、これから読書をがんばってみようかなという方にもぴったりです。

とくに読書慣れしてない方の場合、「何を読んでいいのかわからない」というのはよくある話。

その点、Kindle Unlimitedは数がそろっているので、たくさんの中から自分に合ったものを探せます

また、本を開いたら最後まで読まなければならないと思いがちですが、決してそんなことはありません。

現代は文字情報が溢れていて、有益なものからそうでないものまで玉石混交。

最後まで読み通すことにこだわるよりかは、立ち読み的にどんどんいろんな本を開いていく方が有益性は高いです。

ぜひKindle Unlimitedで本のザッピングを体験してみましょう。

Kindle Unlimitedには30日間の無料体験が用意されており、もし「何か違うな」と感じれば、期間中の解約であれば料金はかかりません。

また、課金開始後も途中休会と再開はいつでもできます。

最高の読書体験への第一歩として、読書が好きな方はもちろん、これまで読書に抵抗感のあった方もぜひ挑戦してみてください。

\国内の書籍だけで12万冊も読める!/

※無料体験中に解約すれば料金はかかりません

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる