WordPress

PS AUTO Sitemapの設定と使い方を説明!HTMLサイトマップで全体が把握しやすいブログに

アナリティクスを見るに過去記事へのアクセスがほとんどない様子。がんばって書いたのにもうだめぽ。

ブログの記事数が増えてくると、読まれる記事と読まれない記事が分かれてきます。

検索からの訪問者にはぜひその他の関連記事も読んでほしいところです。

しかし、ジャンルが雑多な記事がただ時系列にならんでいるだけでは、検索からやってきた読者を他の記事に誘導することはできません。

そこでぜひ用意しておきたいのがHTMLマップです。

HTMLサイトマップは読者向けに用意された記事一覧で、ブログにどのような記事があるかを見やすく示すことができます。

この記事は、特に下記のようなお悩みをお持ちの初心者ブロガーにうってつけです。

  • ブログの記事数は増えてきたけど過去記事が読まれてない
  • 特定のカテゴリーの記事数が増えすぎてカテゴリーごとに表示してもページ数が多くなってしまっている

これらの悩みはHTMLマップを導入することで解消することができます。

なお、このブログのサイトマップは←のような感じで設定しています。

ヘッダー↑にもリンクを設定していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

サイトマップとは

サイトマップとは、サイト全体の構造を見渡せるように記事を一覧にしたページのことを言います。

サイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」2種類があります。

「HTMLサイトマップ」は読者向けに用意する記事一覧

HTMLサイトマップとは、HTML形式で記述されているサイトマップのことです。

サイトの記事が一覧で表示されていて、リンクで各ページに飛ぶことができます。

全ての記事が網羅されているので、読者は目的のページを探しやすくなります。

実際にこのヨノイログのサイトマップをご覧いただければ、どのようなかたちになっているかがわかりやすいかと思います。

ブログのヘッダーに設置しているのでぜひご覧ください!

「XMLサイトマップ」は検索エンジン向けに用意する記事一覧データ

サイトマップにはHTMLサイトマップの他に、検索エンジン向けに用意するXMLサイトマップ」があります。

名前が似ているのでごっちゃになっちゃいますね。

XMLサイトマップは検索エンジンのクローラーがサイト内のページを辿りやすくするためのものです。

ブログが検索エンジンにインデックスされないと検索流入は発生しないので、Googleによるサイトの認知は非常に重要です。

そのため、XMLサイトマップはブログを始めたらすぐに設定しておくのが推奨です。

取りあえずサイトマップの違いについては、

  • HTMLサイトマップ…訪問者向けにサイトの構造をわかりやすく示したもの
  • XMLサイトマップ…Googleのクローラー向けにサイトの構造をわかりやすく示したもの

といった認識でよいのではないかと思います。

XMLサイトマップは非常に重要な設定ですので、検索エンジンからの流入が一向に増えないような場合は、今一度設定を確認しておきましょう。

WordPressならプラグイン「PS Auto Sitemap」がおすすめ

ブログがWordPressの場合は「PS Auto Sitemap」と呼ばれるプラグインがオススメです。

PS Auto Sitemapとは

PS Auto Sitemapとは、WordPress向けに開発された、HTMLサイトマップ作成プラグインです。

PS Auto SitemapはHTMLサイトマップを自動生成してくれ、さらに記事更新があると新規記事分をあらたにサイトマップに追加してくれます。

全てを自動で行ってくれるため、HTMLサイトマップを設置したい場合はとても便利です。

PS Auto Sitemapのインストール方法

インストール方法は通常のプラグインのインストールと同じです。

WordPressの管理画面から、プラグイン>新規追加を選びます。

WardPressプラグインの新規追加

次に、PS Auto Sitemapから「今すぐインストール」を選択し、インストールが終わったら有効化します。

PS Auto Sitemapのインストール

PS Auto Sitemapの設定方法

PS Auto Sitemapをインストールしたら、下記の手順で設定していきます。

設定から「PS Auto Sitemap」を選択

サイドバーの「設定」にインストールしたプラグインの一覧が表示されるので、「PS Auto Sitemap」を選択します。

WardPressの「設定」から「PS Auto Sitemap」を設定

PS Auto Sitemapの各項目を設定する

PS Auto Sitemapの設定ページが開くので、各項目について設定していきます。

PS Auto Sitemapの設定画面

以下、各項目の説明です。

項目 説明
ホームページの出力 サイトマップ内にサイトタイトルを表示するか
投稿リストの出力 サイトマップ内に投稿リスト(記事一覧)を表示するか
固定ページリストの出力 サイトマップ内に固定ページを表示するか
サイトマップを表示する記事 サイトマップを表示する記事のIDを記入
出力階層制限 カテゴリーの階層をどこまで表示するか指定できる
先に出力するリスト 固定ページと投稿リスト(記事一覧)のどちらを先頭に持ってくるか
カテゴリーと投稿の表示 「投稿を分割」にすると、サイトマップ内にまずカテゴリーのみが表示されて、カテゴリーをクリックするとカテゴリーごとの投稿リストに跳ぶというかたちになる。
除外カテゴリ 出力したくないカテゴリーがあればIDを記入
除外記事 出力したくない記事があればIDを記入
スタイルの変更 サイトマップのデザインを選べる
キャッシュの使用 キャッシュを使用するか選べるが、他のプラグインとの衝突に注意

ちなみに、このブログのサイトマップはスクリーンショットの設定と同じです。

設定が終わったら「変更を保存」します。

PS Auto Sitemapの設定画面下のショートコードをコピーする

PS Auto Sitemapの設定が終わったら、画面下方に表示されているショートコードをコピーしておきます。

PS Auto Sitemapのショートコード

次の手順ですぐに使うので、Ctrl(Macの場合はコマンドキー)+Cでそのまま次に進みましょう。

ショートコードをサイトマップ用固定ページに貼り付ける

サイドバーの「固定ページ」から「新規追加」をクリックし、サイトマップ用のページを作成します。

ページタイトルは任意ですが、「サイトマップ」などとしておくとよいかと思います。

タイトルが決まったら、次にエディタを「テキスト」に切り替えて、さきほどコピーしたショートコードをペーストします。

固定ページ(サイトマップ)

ペーストし終わったら記事をひとまず「公開」します。

サイトマップのページIDをPS Auto Sitemapに設定

再度「固定ページ」からサイトマップページの編集画面に進み、URLから記事IDをコピーします。

post以降がIDの表示がある箇所です。

https://****.com/wp-admin/post.php?post=○○○○&action=edit

赤字のところをコピーし、PS Auto Sitemapの設定画面より、「サイトマップを表示する記事」の欄に入力して保存します。

以上で設定は終了です。

あとはグローバルナビゲーションに該当ページを貼るなどすれば、ブログ上に表示されます。

HTMLサイトマップで読者にやさしいブログ作りを

読者の立場から見ても、HTMLサイトマップがあるとそのブログがどういったテーマを取り扱っているかがわかりやすく便利です。

記事ごとに内部リンクが用意されてたりしていますが、やはり一覧として表示されていると全体の把握ができるため利便性が向上します。

読者の回遊率のアップも見込めますので、忘れず設定をしておきましょう。

ABOUT ME
ヨノイ
ヨノイ
ヨノイといいます!ブログや文章を書くことが好きで、ネットのさまざまなサービスや製品について発信しています!Amazonが大好きなのでそのあたりの情報が多め。記事をシェアしてくれると喜びます!\(^o^)/
Amazonギフト券にチャージすると最大2.5%還元!
Amazonでお得にポイントをゲットする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券のチャージタイプがおすすめ!

Amazonギフト券のチャージタイプは購入することでアカウントに残高が追加される仕組み。

チャージ後はそのままAmazonでの買い物で使用できます。

チャージするだけでポイントが最大2.5%分加算されるのでかなりお得!ぜひ利用しましょう!

\現金でチャージするだけで最大2.5%!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です