ガジェット

TP-LinkのスマートプラグHS105をレビュー!スマホやAlexaで操作可能

2019年10月9日

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 コンセント差し込み

TP-LinkのWi-Fiスマートプラグ HS105を購入してみました。

早速使用してみましたのでレビューしてみたいと思います。

Amazon Echoを購入して以降、Alexaを生活に組み込もうとしているのですが、正直どうにもしっくりこないのもあり、スマートホーム化を試してみることにしました。

とりあえず天気聞いて音楽聴くくらいしかやってません!(使えてません!)

結果、良い点と悪い点が割とはっきり見つかったので、それも含めて皆さんにお伝えできればと思います。

TP-LINK Wi-Fiスマートプラグ HS105とは

HS105はAlexaや遠隔操作でスイッチのオンオフができるスマートプラグです。

Amazon Echoや専用のスマホアプリ「Kasa」と連携することで、アプリ操作や音声でプラグのオンオフができるようになります。

かたちとしてはこのように小型の一ツ口プラグのようなデザインです。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 本体

割とコロッとしたサイズ感なのですが、これをコンセントに差し込み、電化製品とコンセントの間にかませることで、電源のオンオフをコントロールしようというコンセプトです。

TP-LINK Wi-Fiスマートプラグ HS105のデザインについて

毎度の開封の儀です。

暖色照明にも関わらず色調調整をさぼっていますが、その辺を差し引いて見ていただければ幸いです。

外箱はこんな感じ。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 外箱

裏面です。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 外箱裏面

箱を開けるとこんなかたちで入っています。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 内容物

本体です。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 本体

横にボタンがあり、ボタン側の枠は半透明になっています。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 本体側面

差し込み口側です。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 本体コンセント側

手の大きさと比較していただくと結構コンパクトなのがわかるかと思います。

コンセントに差し込むとこのようなサイズ感です。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 コンセント差し込み

二ツ口のコンセントでも上下で干渉しない大きさです。

TP-Link Wi-Fi スマートプラグ HS105 コンセント差し込み

ただし電源タップの場合は差し込み口の並ぶ向きによっては隣と干渉してしまう大きさですね。

ちなみに青くランプが点灯しているのはスマートプラグがWi-Fiに接続している状態を示しています。

接続が切れると赤に変わり、オフにするとランプが消えます。

TP-LINK Wi-Fiスマートプラグ HS105のアプリの設定について

TP-Linkアプリ:Kasa

TP-Linkのスマートホーム管理用アプリ「Kasa」を使用します。

まずKasaにTP-LINK Wi-Fiスマートプラグ HS105を登録することで、スマホアプリ上での操作ができるようになります。

Alexaと連携させて使用する場合は、その後、Alexaアプリに登録する、という流れになります。

登録は手順もわかりやすく、必要な工程をコンパクトに進めていく感じです。

Kasaが何気に雰囲気のいいアプリで、操作しててあまりストレスがありません。

アイコンもかわいらしく、女性にも取っつきやすいと思います。

TP-Linkアプリ:Kasa

手順は公式サイトを参照してください。(403ForbiddenになるっぽいのでコピペしてURL欄に貼り付けてください)

≫ HS105(JP)_V1_Quick Installation Guide

なお、製品に添付の説明書はアプリ名がリニューアルされる前の名前で載っており、どのアプリをインストールすればよいのかそれなりに迷ったので要注意です。

TP-LINK Wi-Fiスマートプラグ HS105を使用してみての感想

前提として、今回はスマホへの登録までしかやってないので、Alexaとの連携に関しては後日追加します。

まず最初に感じるのはスマートプラグは機能的に便利、ということですね。

遠隔でスイッチのオンオフが操作できるのは、「機能として」とても便利です。

また、TP-LINK Wi-Fiスマートプラグ HS105自体についても、品質の良い製品だと感じます。

長く使用してないのでまだ分からない部分は多いですが、Wi-Fiの接続も安定していますし、本体のディテールも丁寧に作られていて、基本的な部分で信頼が置ける感じはします。

スマホアプリKasaもデザインやUIが行き届いていて個人的には好きな部類です。

スマホでオンオフすると本体が「パチッ」と鳴るのですがそういったギミックも良い感じですね。

比較的安価な製品ですし、割とおすすめしやすいと思います。

ただし、これは他の使用者の方やAmazonのレビューでも既出だと思うのですが、電化製品側がスマートプラグのオンオフに対応してないパターンが多いんですよね。

要はスマートプラグ側でオフにした後、オンに戻しても電化製品が動き出さないんですね。

これは災害時などの安全面の確保のためなのでしょうが、電源のシャットダウンなどで一端本体のスイッチ以外でオフになった場合は、電源が復旧しても再び稼働しないように設計しているみたいです。

根本的にスマートプラグのコンセプトに適合してないのでどうしようもありません。

たとえば停電から復旧した時にいきなりオンになったとして、その時に家電がどういった状態であるかはわからないわけですから、災害が続く昨今、メーカー側で対応するのも自然な流れかなと思ったりもします。

ですが、扇風機すらダメなのは少々厳しい…。

本格的な導入を考える前に、どういった製品がOKなのかは事前に調べておく必要はありそうです。

スポンサードリンク

-ガジェット

Copyright© ヨノイログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.