Twitter

iPhoneアプリ「Tweetlogix」がサクサクでカスタマイズ性も高い!設定と使い方について

2019年10月18日

iPhone用Twitterアプリ「Tweetlogix」をインストールしてしばらく使用してみました。

実際に使ってみての感想と、設定や使い方などについてご紹介したいと思います。

有料アプリだったのでいじり倒してみました!(安かったけど)

使ってみて感じたのは、Tweetlogixは良いところと悪いところが結構はっきりしているアプリだということです。

Tweetlogixは機能的に優れた面がありますが、いくつかのできないことがあります。

その点で、Tweetlogixは向いているユーザー、向いてないユーザーが分かれるアプリだと思います。

良いところをまとめると、このような感じです。

  • カスタマイズ性が異様に高い
  • 動作がサクサク
  • タイムラインが時系列
  • フォロワーのいいねがタイムラインに流れない

次に悪いところはこちら。

  • Twitterのツイートアクティビティが見られない
  • 誰が「いいね」してくれたかが見られない
  • フォロワーのいいねがタイムラインに流れない

僕の使い方では、フォロワーさんがくれた「いいね」が確認できないのが厳しかったですね。

いいねを確認するためだけに公式アプリを起動したりと、若干、本末転倒なところはありました。

アクティビティは見なければ見ないで、まあ妥協できるところではあるのですが…。

できれば対応してほしいところです…!

その代わり、カスタマイズ性が異常に高いのが特徴で、どこまでも自分好みにしたい方にはうってつけのアプリですね。

用意されているカスタマイズ項目の多さは他に類を見ないのではないかと思います。

Tweetlogixとは

Tweetlogix for Twitter」(ツイートロジックス フォー ツイッター)はiOS用に作られたTwitterアプリです。

≫ 「Tweetlogix for Twitter」をApp Storeで

項目内容
名称Tweetlogix for Twitter
価格490円
対応デバイスiPhone/iPad
開発元Onloft Software

Tweetlogixはアプリとしてのリリースが2010年と、かなり歴史のあるアプリですね。

リリースノートを見ても、継続的にアップデートされています。

また、値段も490円と比較的安く、iPadにも対応しています。

Tweetlogixのタイムライン画面

Tweetlogix:タイムライン

Tweetlogixのデフォルトのタイムラインはこのような感じになっています。

時系列で上に行くほど最近のツイートです。

ツイートの並びも時系列順で、間にハイライトや他のフォロワーさんの「いいね」が入りません。

そのため、見た目がかなりすっきりしています。

Tweetlogixのタイムラインのメニューについて

画面下部のメニューバーの構成はこのようになっています。

Tweetlogix:メニューバー

左から下記の順で並んでいます。

  • Timeline(タイムライン)
  • Mentions(メンション)
  • Messages(ダイレクトメッセージ)
  • Lists(リスト)
  • More(その他のメニュー)

タイムライン以外の画面を順に見ていくと、Mentionsはこんな感じです。

Tweetlogix:Mentions

このようにもらったメンションが一覧で表示されます。Messagesも同様です。

次にListsです。

Tweetlogix:Lists

このように登録してあるリストが一覧表示されます。

また、画面下部のMoreをタップすると、追加メニューが表示されます。

Tweetlogix:More

現在のアカウントについて、下記のメニューが選択できます。

  • Search(検索)
  • Trends(トレンド)
  • Likes(いいね)
  • Profile(アカウントのプロフィール)
  • Filters(フィルター)
  • Drafts(下書き)

タップするとそれぞれの画面に移動できます。

TweetlogixのメニューバーのMoreで表示される項目について

Tweetlogix:More

Search(検索)

上から順番に見ていきます。まずはSearch(検索)です。

Tweetlogix:Search(検索)

Users(ユーザー)とNearby Tweets(近くのツイート)から選択できます。

Usersをタップすると、フォローしているユーザーやフォロワーが表示されます。

Tweetlogix:Search(Users)

画面上部のFollowing(フォローしている)、Followers(フォローされている)、Recentのタブを切り替えられます。

Nearby Tweetsをタップすると、位置情報の使用の許可について確認されます。

Tweetlogix:Nearby Tweets

いずれかを選択します。

ここで許可を行わなかった場合は、これ以降に許可する場合ははiOSのシステム設定で行う必要があります。

Tweetlogix:位置情報の許可設定

Trends(トレンド)

次にTrends(トレンド)はTop Trends/Localの切り替えができます。

Tweetlogix:Trends(トレンド)

トレンドも位置情報から情報を取得できます。

画面の右上の地球のアイコンをタップします。

Tweetlogix:トレンドを位置情報から取得

このようにFind Nearby Location(位置情報から取得)またはSelect Location(場所を選択)のいずれかから選択します。

Select Locationをタップすると、国名から選択できます。

Tweetlogix:トレンドを国から選択

ちなみに青字の国はもう一画面先に進むことができ、そこで都市まで選択できます。

LIkes(いいね)

自分がいいねしたツイートが見られます。

Tweetlogix:Likes(いいね)

Profile(プロフィール)

自分のアカウントのプロフィールを見ることができます。

Tweetlogix:プロフィール

>マークがついている各項目はタップすることで詳細が見られます。

画面を下へスクロールすると、さらにメニューが用意されています。

Tweetlogix:Profile(プロフィール)

  • Quotes of Me(自分を引用リツイートしたユーザー)
  • Retweets of Me(自分をリツイートしたユーザー)
  • My Lists(自分が作成したリスト)
  • Lists Following Me(自分が入れられている公開リスト)
  • Blocked Users(ブロックしたユーザー)

それぞれタップすると、ユーザーの一覧などが表示されます。

Filters(フィルター)

Filterではミュートの設定ができます。

Tweetlogix:Filters(フィルター)

ミュートできる項目も豊富で、下記についてそれぞれミュートをかけることができます。

  • Muted Users(ミュートしたユーザー)
  • Muted Keywords(ミュートしたキーワード)
  • Muted Clients(ミュートしたクライアント)
  • Muted Retweets(リツイートをミュートするメニュー)
  • Muted Retweeters(リツイートをミュートするユーザー)

Muted Retweetsでは、ミュートをかけるメニューを選択できます。

Tweetlogix:Muted Retweets

  • Muted in Home Timeline(自分のタイムライン)
  • Muted in Lists(リスト)
  • Muted in Search(検索)
  • Muted in User Mentions(ユーザーのメンション)

かなり細かく設定できるので、興味のないリツイートにタイムラインを汚されているような場合は、こちらで制御できます。

Drafts(下書き)

下書きを保存できます。

複数保存できるため、上書きで消える心配がありません。

Tweetlogixはいいねとツイートアクティビティが見られない

Tweetlogixの残念な点なのですが、自分にいいねしてくれたユーザーと、ツイートアクティビティが見られません。

実際に自分のツイートを確認してみましょう。Profileより自分のツイート一覧を表示します。

Tweetlogix:プロフィール

画面のTweetsから自分のツイート一覧を表示できます。こんな感じです。

Tweetlogix:ツイート一覧

さらに詳細を表示したいツイートをタップすると、

Tweetlogix:ツイート詳細

こんな具合にツイートの詳細が表示されます。

Likes(いいね)とRetweets(リツイート)のボタンがありますが、どのアカウントがくれたかを確認できるのはRetweetsだけです。

Retweetsボタンをタップするとアカウントの一覧が表示されますが、Likesはボタンが反応しません。

いいねしてくれたアカウントを確認したい場合は公式アプリであらためて確認する必要があります。

コミュニケーションがいいね主体のユーザーには少し厳しい仕様ですね。

また、ツイートアクティビティはボタンそのものがないので、Tweetlogixでは確認できないようです。

Tweetlogixのツイート画面

Tweetlogixのツイート画面はこんな感じです。

Tweetlogix:新規ツイート

@マークをタップするとフォロー中のアカウントがサジェストされます。

Tweetlogix:新規ツイート

サジェストされたアカウントは横スクロール可能で、数字、記号、アルファベットのソート順で表示されます。

Moreをタップするとカメラやアルバムといったメディアなどを挿入するためのアイコンが表示されます。

Tweetlogix:新規ツイート・More

  • Camera:カメラを起動します。
  • Albums:写真を開いて画像を添付します。
  • Geotag:ジオタグを添付します。精度を半径から選択できます。添付する場合はApproximate推奨です。
  • Music:Now PlayingかSelect Musicで音楽を選択し、曲名と#Now Playingのハッシュタグ、iTunes StoreのURLをツイートします。
  • Contacts:フォローしているアカウント、フォロワー、自分のアカウントを表示し、@表示します。
  • Hashtags:最近使ったハッシュタグ、保存した検索結果を表示します。
  • Shrink URLs:ツイート内のURLを短縮URLへと変換します。
  • Drafts:ツイート入力エリアの内容を下書きに保存します。
  • Delete:ツイート入力エリアの内容を削除します。

Tweetlogixのタイムライン上のツイートメニュー

タイムライン上のツイートを横にスワイプすると、ショートカットアイコンが表示されます。

Tweetlogix:ツイートメニュー

左から下記の順にアイコンが並んでいます。

  • リプライ
  • 共有(メールやLINEなど。翻訳も含む)
  • リツイート
  • いいね
  • ミュート(ユーザー/クライアント/リツイート/ブロック/通報)
  • 検索(リツイートしたユーザー/リプライ/QT/スレッド)

ちなみにスワイプは左→右でも右→左でもどちらでもOKです。

Tweetlogixのアカウント画面

Accountsをタップすると、Tweetlogixで認証されているアカウントが一覧で表示されます。

Tweetlogix:Accounts

使用するアカウントをタップで選択します。

Tweetlogixにアカウントを新たに追加する場合は+をタップします。

Tweetlogixのテーマの変更方法

Tweetlogixの基本テーマは4種類

AccountsのThemesをタップします。

Tweetlogix:テーマ

テーマは4種類から選択できます。

Tweetlogix:4種類のテーマ

画像は左から順に以下のテーマです。

  • Light:ライトモードに対応。白色がベース。
  • Dark:ダークモードに対応。黒色がベース。
  • Blackboard:ダークグレー。
  • Graphite:グレー。

デフォルトは一番上のSystemになっており、iOSのライトモード/ダークモードの設定に合わせて自動的に切り替わります。

Tweetlogixのテーマを作成する

New Themeをタップするとテーマの作成画面が表示されます。

Tweetlogix:新規テーマの作成

Colorsで各項目の色を自由に設定できます。

  • Links:リンク
  • Text:本文
  • Detail Text:現在地を示す小さい文字
  • Button & Time Text:ボタンと時刻
  • Alert Text:相対時間?(スクショでは25minsの色が変化)
  • Background:ツイートの背景
  • Mentions:@ツイートの背景
  • Your Tweets:自分のツイートの背景
  • Bar Background:画面上部のバー
  • Bar Button Text:画面上部のバーの文字(CancelやDone)
  • Wallpaper:壁紙
  • Sidebar(iPad):サイドバー(iPadのみ)
  • Sidebar Text(iPad):サイドバーの文字(iPadのみ)

画面のバーをスライドすることで直感的に色を変更できます。

色の変更に合わせて画面上部に表示されたタイムラインの見本の色が変化するので、全体のバランスを見ながら決めることができます。

また、Designをタップすると、テーマの名前とデザイナー名を設定できます。

さらにCopy from a Themeをタップすると、基本の4種類のテーマをベースデザインとして呼び出せます。

Tweetlogixのカスタマイズ設定

Settingsをタップすると設定可能な項目が表示されます。

下記のスクリーンショットを見ていただくと分かるように、項目数が非常に盛り沢山です。

Tweetlogix:設定

DISPLAY(表示)

Fonts(フォント)

フォントに関する設定です。行間まで設定できるのは珍しいですね。

メニュー内容備考
Content FontフォントデフォルトはiOSシステムフォント。Arialなど21種類から選択可能。
Timeline Font Sizeタイムラインのフォントサイズデフォルトは16pt。11〜32ptで選択可能。
Compose Font Sizeツイート入力画面のフォントサイズデフォルトは16pt。11〜32ptで選択可能。
Detail Font Sizeツイートの詳細のフォントサイズデフォルトは18pt。15〜32ptで選択可能。
Line Spacing行間デフォルトは2pt。1〜5ptで選択可能。
Bold Linksリンクの太字デフォルトはオフ。
Bold Titlesタイトルの太字デフォルトはオン。

Badges(通知数のバッジ表示)

アイコンに通知数を表示させるかをメニューごとに決められます。

メニュー内容備考
Timelineタイムラインデフォルトではすべてオン。
Mentionsメンション
Messageメッセージ
Listsリスト

Avatars(アバター画像)

昔のスクエアなアバター画像も使用できます。

メニュー内容備考
Round Square角丸デフォルトではこれ。
Square四角
Round最近の公式と同じデザインです。
ShowRetweeter Avatarsリツイートしたアカウントの画像を表示するか。デフォルトではオン。

Inline Images(タイムライン内の画像)

サムネイルの大きさを選べます。表示しない場合はURL表示になります。

メニュー内容備考
None表示しない
Small
Mediumデフォルトではこちらが選択。
Large

User Display Name(ユーザー名の表示)

ユーザー名の表示を切り替えられます。この辺は完全に好みですね。

メニュー内容備考
Usernameユーザー名(@ID)のみ
Full name名前のみ
Both names名前・ユーザー名を両方表示デフォルトではこちらが選択。

Date Format(日時表示)

相対表示が好みでない方は完全に絶対表示にすることも可能です。

メニュー内容備考
Relative相対表示デフォルトではこちらが選択。
Absolute絶対表示
Mixed最近(24時間以内)のツイートのみ相対表示で古いものは絶対表示

Auto Rotate(画面の自動回転)

自動回転は本体のロックが優先しますので、それが開放されていた場合の挙動についてです。

メニュー内容備考
Always常時デフォルトではこちらが選択。
Compose Onlyツイート入力画面のみ
Disabled固定

Web Browser(ブラウザ)

ツイート内のURLをクリックした場合のブラウザの立ち上がり方についてです。

メニュー内容備考
Embedded SafariTweetlogix内の埋め込みSafariで開くデフォルトではこちらが選択。
External SafariSafariアプリで開く

SOUNDS(音)

Silence Mode(サイレントモード)

サイレントモードはデフォルトではオフになっています。

Sound Effects(効果音)

効果音も複数の中から選択できます。

メニュー内容備考
New Tweets新規ツイートOff(デフォルト)/Light Chime/Chime/Alert
New Mentions新規メンションOff/Light Chime(デフォルト)/Chime/Alert
New Messages新規メッセージOff/Light Chime/Chime(デフォルト)/Alert
Tweet Sentツイートの送信Off/Whoosh(デフォルト)/Fireball

SERVICES(サービス)

Media(メディア)

画像などを添付した際のサイズが画質についてです。

メニュー内容備考
Upload Image Size画像のアップロード時のサイズLarge/Medium(デフォルト)/Small
Upload Image Quality画像のアップロード時の画質Very High/High/Medium(デフォルト)/Low
Video Stream Quality動画のストリーム画質Low/Medium(デフォルト)/High

URL Shortning(短縮URL)

短縮URLを利用する場合のサービスの設定についてです。

サービス備考
bitly
TinyURLデフォルトではこちらが選択。
CustomサービスのURLを入力。

Read Later(後で読む)

後で読む機能で利用するサービスについての設定です。

サービス備考
Instapaperデフォルトではこちらが選択。
Pocket
Pinboard
Safari Reading List

TwitLonger(ツイットロンガー)

TwitLongerは140字以上のツイートを表示してくれるサービスです。デフォルトはオンになっており、自動的に表示してくれます。

Location(位置情報)

Compose Geotagging(ツイート時のジオタグ)

Manual/Autoの2択です。

デフォルトではManual(手動設定)になっています。Auto(自動設定)にすると位置情報が自動添付されるので要注意です。

Precison(精度)

10m/100m/1000m/Approximateから選択します。

デフォルトではApproximate(おおよその位置)になっています。

GPSの精度を低下させた後の位置情報で場所の特定を避けることができるため、変更しない方が無難です。

FILTERS(フィルター機能)

Scope(対象)

Home、Mentions、Lists、Searchのいずれもデフォルトでオンになっています。

Muted Tweets Link(ミュートされたツイートのリンク)

ミュートされたツイートの一覧へのリンクを表示するか選択できます。

デフォルトではオンになっています。

REFRESH(蓄積されたデータのリフレッシュ)

Auto Refresh(自動再読み込み)

デフォルトでは項目自体がオフになっています。

メニュー内容備考
Refresh Interval再読み込み間隔Never(しない・デフォルト)、または2〜10分間隔の中から選択可能。
Scope対象All Acounts(すべてのアカウント・デフォルト)、Active Accounts(使用中のアカウント)から選択可能。
Refresh Timelineタイムラインの再読み込みオフ(デフォルト)
Refresh Mentionsメンションの再読み込みオン(デフォルト)
Refresh Messageメッセージの再読み込みオン(デフォルト)

Background Refresh(バックグラウンドでの再読み込み)

デフォルトでは項目自体がオフになっています。

メニュー内容備考
Mentionsメンションオフ(デフォルト)
Messagesメッセージオフ(デフォルト)
Scope対象All Acounts(すべてのアカウント・デフォルト)、Last Active Accounts(最後に使用したアカウント)から選択可能。

Refresh on Wake(スリープ復帰時にリフレッシュ)

何分以上スリープしていたかでリフレッシュするかを設定。

デフォルトで3分。Always(常に)から1〜5分間隔、またNever(リフレッシュしない)を選択可能。

ADVANCED(高度な設定)

Retweet Comment(コメント付きリツイート)

コメント付きリツイート時のツイート表記です。

RT:(デフォルト)、Quote、(via @user)の3種類から選択可能です。

Mark Read(既読扱いに関する設定)

MARK ALL READ:全てを既読扱いにする場合の設定です。

メニュー内容備考
Scroll to Topトップへスクロールした場合オン(デフォルト)
Tab Change画面下のメニューを切り替えた場合オフ(デフォルト)

MARK READ:既読にする場合の設定です。

メニュー内容備考
Scroll スクロールした場合オン(デフォルト)
Tap Tweetツイートをタップした場合オン(デフォルト)

Timeline(タイムライン)

タイムラインについての設定全般です。

メニュー内容備考
Timeline Updateタイムラインの更新20/50/100(デフォルト)/150/200ツイートから選択
Mentions Updateメンションの更新20/50(デフォルト)/100/150/200ツイートから選択
Timeline Capacityタイムラインを何ツイート保存するか300〜1000ツイート間は100刻み、1500/2000/2500ツイートから選択。デフォルトは600ツイート。
Gap Fillingタイムラインを更新した際の位置づけUpward(一番古いツイート・デフォルト)/Downward(一番新しいツイート)
古いものから新しいものへ向かって読みたい場合はUpwardを選択します。その場合は上へスクロールします。その逆はDownwardを選択し、下へスクロールして読んでいきます。

Actions(アクション)

ツイート投稿やいいね時の確認を挿入するかの設定です。

メニュー内容備考
Confrim Tweetツイートの投稿時の確認オフ(デフォルト)
Confrim Retweetリツイートの投稿時の確認オフ(デフォルト)
Confrim Likeいいね時の確認オン(デフォルト)

Auto Lock(スリープ状態)

スリープはデフォルトでAllow(許可)になっています。

もしくは、Prevent when plugged-in(プラグインが動いている間はスリープしない)に変更することも可能です。

まとめ:Tweetlogixは使い勝手といいね・ツイートアクティビティの確認がトレードオフ

Tweetlogixで特筆すべきはカスタマイズの幅が異様に広いことですね。

動作もとても軽いので、自分の使い心地を追求したい方には向いているアプリです。

また、デザインやタイムラインが全般的にすっきりとしているのも好印象です。

反面、いいねをくれたアカウントの確認ができなかったり、ツイートアクティビティが見られなかったりするため、その辺りを必要とするユーザーには向いてなさそうです。

よいアプリだと思いますが、使い方と合わない場合ははっきりと使いづらいアプリかと思います。

自分が普段どういった使い方をしているのかをよく把握した上で試してみるのがおすすめです。

人気記事U-NEXTの評判は?メリット、デメリットを一挙解説

人気記事動画配信サービス10社を徹底比較!本当におすすめできるVODランキング

スポンサードリンク

-Twitter

Copyright© ヨノイログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.