サービス比較

ダウンロード再生が可能な動画配信サービスまとめ

2020年4月12日

ダウンロード再生とは、デバイスに動画データを保存してオフラインで視聴できる機能。

あらかじめWi-Fi環境で動画データをダウンロードしておくことで、視聴時のパケット通信料を大きく節約できます。

とくに外出先で動画を視聴したい場合などは、このダウンロード機能は必須であると言えます。

また集合住宅などでは住人が一気にネットを利用すると回線環境が不安定になってしまうことも。

回線が重くなると画像が劣化したり、ひどいときには再生が停止してしまうこともあります。

そのような場合は一旦動画データをダウンロードしてしまうのがおすすめです。

動画データがまるごとデバイスに保存されるので、安定した環境で視聴することができます。

この記事では各動画配信サービスのダウンロード再生機能についてご紹介します。

ぜひダウンロード機能を使いこなして上手に動画を視聴してください。

オフライン視聴(ダウンロード再生)が可能な動画配信サービス

ここではまずダウンロードによるオフライン視聴が可能なサービスについて解説します。

基本的にダウンロード機能はスマホアプリを利用して行うケースがほとんどです。

U-NEXT

U-NEXT(ユーネクスト)のダウンロード保存はアプリにて行います。

ダウンロード済みコンテンツの視聴期間は最大48時間。

作品によっては期限が短い場合やダウンロードに対応してない場合もあるので注意が必要です。

またダウンロードはアプリでしか行えないので、スマホとタブレットのみが可能。PCやFire TV Stickなどには対応していません。

なおダウンロードは1アカウントにつき1台のデバイスのみですが、U-NEXTは4アカウントまで作成が可能。

たとえば家族で利用したい場合はそれぞれでアカウントを分けておけば、家族のデバイスごとでダウンロードができます。

ダウンロードは各コンテンツよりダウンロードをタップすることで対象を選べます。

動画配信サービス:ダウンロード機能(U-NEXT)

たとえばドラマなどエピソードで分かれている作品は、サムネイルをタップすることでダウンロードが開始します。

動画配信サービス:ダウンロード機能(U-NEXT)

ダウンロードが終わった動画は「マイページ」>「ダウンロード済み」で確認できます。

動画配信サービス:ダウンロード機能(U-NEXT)

このような感じ。

動画配信サービス:ダウンロード機能(U-NEXT)

またダウンロードの画質は「マイページ」>「プレイヤー設定」より、事前に設定できます。

動画配信サービス:ダウンロード機能(U-NEXT)

画質は「標準」、「高画質」の二択。

データサイズがかなり異なるので、デバイスの空き容量と相談しつつ決めましょう。

U-NEXT31日間の無料トライアルはこちらから

Hulu

Huluでも一部の作品をダウンロードして視聴できます。

ダウンロードした作品は最大30日間保存でき、視聴期限は再生して48時間後まで。

期限が経過すると視聴できなくなりますが、インターネット接続時に自動的に視聴期限が更新されるので、実質的には長期間保存しておくことができます。

またダウンロード可能なデバイスは1アカウント2台までです。

配信作品の中には『ゲーム・オブ・スローンズ』のようにダウンロードに対応してない作品もあるのでその点には要注意です。

ダウンロードが可能な動画はダウンロードアイコンが表示されているのはU-NEXTと同様。

動画配信サービス:ダウンロード機能(Hulu)

ダウンロードが終わると「マイリスト」>「ダウンロード」に表示されます。

動画配信サービス:ダウンロード機能(Hulu)

画質は「標準画質」「バランス」「高画質」の三段階から事前に選べます。

動画配信サービス:ダウンロード機能(Hulu)

Hulu2週間の無料トライアルはこちらから

関連記事:Huluのオフライン再生(ダウンロード機能)の利用方法まとめ

dTV

dTVもスマホアプリでダウンロード機能に対応。

ダウンロードしたコンテンツに視聴期限はなく、退会したり配信終了しない限りはいつでも再生ができます。

ただし初回再生時に会員状況や配信状況をチェックするため、一瞬ですが通信を行います。

またdTVは画質をダウンロード時に選べるのが特徴。

動画配信サービス:ダウンロード機能(dTV)

デバイスの画面サイズに応じて画質を選択しましょう。

dTV31日間無料おためしはこちらから

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオのダウンロードもアプリにて行います。

よって対象はスマホとタブレットのみで、PCやFire TV Stickには対応していません。

またダウンロード可能なデバイスは2台までで、1つの動画につきデバイス1台のみ。

ダウンロードした作品は最大で30日間保存が可能で、視聴を開始後48時間が視聴期限となっています。

画質は三段階から選べます。

動画配信サービス:ダウンロード機能(プライムビデオ)

Amazonプライム30日間の無料体験はこちらから

dアニメストア

dアニメストアはdTVと同じくdアカウントを利用した姉妹サービスではあるものの、画面のレイアウトは若干異なります。

スマホアプリを利用してダウンロードを行うのはdTVと同様ですが、ダウンロードは各エピソードの画面を開いて個別で行うかたち。

複数のエピソードをまとめてダウンロードすることはできません。

ただしダウンロード時に画質を選択できるのはdTVと同様です。

動画配信サービス:ダウンロード機能(dアニメストア)

dアニメストアは画質が4段階から選べます。

動画の容量もあらかじめわかるので、デバイスの空き容量から逆算してダウンロードできます。

関連記事:dアニメストアのダウンロード機能を解説!使い方やダウンロード容量など

dアニメストア31日間無料おためしはこちらから

Netflix

Netflixもエピソードごとにダウンロードが可能。

デバイスに保存した動画はメニューのダウンロードにリストアップされます。

またNetflixはスマートダウンロードにも対応。

ダウンロードしたエピソードの視聴が終わると自動的に削除をして、次のエピソードをダウンロードしてくれます。

一々手動でダウンロードをする必要が無いので地味に便利です。

なおダウンロード画質はスタンダードと高画質の二択から選べます。

Netflixへの登録はこちらから

オフライン視聴(ダウンロード再生)に未対応の動画配信サービス

ダウンロード再生に各サービスとも続々と対応する中、一部のサービスではいまだにダウンロード再生ができません。

FODプレミアム

FODプレミアムはダウンロード再生ができません。

同時視聴もできないので、家族でシェアしたい場合はスケジュールをやりくりする必要があります。

フジテレビのコンテンツはFODプレミアム一択とも言える状況なので、やや残念なところです。

FODプレミアム2週間の無料トライアルはこちらから

DAZN(ダゾーン)

DAZNはダウンロード機能への対応をアナウンスしていますが、いまだ試験運用の段階。

ユーザーによって使える人と使えない人が混在している状況です。

DAZN公式によると今後の正式対応を検討しているとのこと。

アプリにダウンロードのメニューが表示されていない方はまだ使えませんので、今後の対応を待ちましょう。

ダウンロード機能を利用して快適な再生環境で視聴しよう

せっかく動画をテレビで視聴していても、回線に余裕がなくなると急に再生が止まったり、ひどいときはアプリが強制終了したりします。

そのような状況が続くときは、いったんスマホやタブレットにダウンロードをしたうえで視聴すると、ブツブツ切れることなく快適に視聴できます。

またたとえ一人で使う場合でも、複数デバイスにダウンロードが可能な方が使う上での煩わしさがありません。

外出前にスマホにダウンロードしようとして、「ダウンロード済みの他のデバイスがある」で妨げられたりは結構あるあるだったりします。

そのデバイスがバッテリ切れで起動できないともうどうにもならなかったりするので、ダウンロード可能デバイスが大いに越したことはありません。

ダウンロードによるオフライン再生を活用しはじめると、また一気に動画配信の楽しみ方が広がるので、ぜひサービス選びの参考にしてください。

 

人気記事U-NEXTの評判は?メリット、デメリットを一挙解説

人気記事動画配信サービス10社を徹底比較!本当におすすめできるVODランキング

スポンサードリンク

-サービス比較

Copyright© ヨノイログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.