Amazonデバイスやお得なセール情報はこちらから

dTVってどんなサービス?メリット、デメリットを一挙解説します!

dTVってどんなサービス?メリット、デメリットを一挙解説します!

ヨノイ

dTVってどんな動画配信サービスなんだろう?
サービスの基本的なことやメリット、デメリットを知りたい!

この記事ではそのような声にお応えします。

dTVはドコモの運営する動画配信サービス。

月額500円(税抜)で120,000作品を視聴できるというコスパが売りのサービスです。

この記事ではdTVに関して以下のことを解説します。

この記事でわかること

  • dTVはどんなサービスか
  • dTVのメリット・デメリット

dTVはドコモユーザーは当然のこと、ドコモ以外のキャリアの方にもご利用いただけるサービスです。

またメリットとデメリットが比較的はっきりしているサービスでもありますので、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。

\550円で12万作品が視聴できる!/

※31日以内に解約すれば料金はかかりません

dTVとはどんなサービス?

dTVのサービス内容をまとめると以下のとおりです。

月額料金550円(税込)
配信本数120,000作品以上
レンタル課金の有無見放題+レンタル課金
無料トライアル31日間
画質SD画質、HD画質、4K画質
ダウンロード機能
同時視聴×
対応デバイスWindows、Mac、スマートフォン・タブレット(Android/iOS)、Chromecast、Amazon Fire TV、Fire TV Stickシリーズ、Apple TV、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル、Nexus Player、ひかりTVチューナー、光BOX+など
ポイント付与×
支払い方法ドコモ払い、クレジットカード

dTVの大きな特徴は、月額550円という圧倒的な安さと120,000作品という配信数の多さです。

また実質的な運営をエイベックス・グループが行っていることもあり、カラオケやコンサート映像などの音楽系コンテンツに強みがあります。

配信されているコンテンツは月額見放題に加えてレンタル作品が含まれることに要注意ですね。

最新作はだいたいレンタル扱いです。

またdTVは登録にdアカウントが必要なので、非ドコモユーザーはまずdアカウントを作成する必要があります。

また非ドコモユーザーはドコモ払いが利用できないため、支払い方法がクレジットカードに限定されます。

クレジットカードがなくても登録できる動画配信サービスまとめ【学生でもOK】クレジットカードがなくても登録できる動画配信サービスまとめ【学生でもOK】

\550円で12万作品が視聴できる!/

※31日以内に解約すれば料金はかかりません

dTVのメリット

dTVがサービスとして優れている部分には以下のものがあります。

dTVのメリット

  • 月額料金550円(税込)で視聴できる
  • 120,000作品を配信しており音楽系動画やオリジナル作品が豊富
  • DAZNとセット契約で月額料金が割引になる
  • ダウンロード機能でオフライン視聴ができる
  • 倍速再生が可能
  • オリジナルVRコンテンツ「dTV VR」を視聴できる

それぞれについて詳しく解説していきます。

月額料金550円(税込)で視聴できる

dTVは月額料金が激安。

毎月550円(税込)という驚異の低価格で利用できます。

他のサービスと比較してもかなり割安ですね。

サービス名月額料金(税込)レンタル作品の有無
dTV550円月額見放題+レンタル作品
U-NEXT2,189円月額見放題+レンタル作品
Hulu1,026円月額見放題のみ
FODプレミアム976円月額見放題+レンタル作品
Amazonプライムビデオ500円月額見放題+レンタル作品

一般的に動画配信サービスの月額料金は1,000円が平均的な価格。

高い場合は2,000円以上になるところをかなり頑張った価格設定です。

ただし完全な月額見放題ではなく、配信作品にはレンタル作品を含みます。

レンタル作品なので都度課金が必要なのでその点だけは押さえておく必要ありです。

MEMO
とはいえ、完全な月額見放題サービスはHuluとNetflixくらい。

新作の配信がないよりかレンタル扱いで新作を見られた方がいいという見方もありますし、決して悪い条件ではありません。

120,000作品を配信で、音楽系動画やオリジナル番組・スピンオフ作品が充実

dTVの配信本数は120,000作品以上。

配信作品の豊富さが魅力です。

とりわけポイントは下記の2つ。

dTVの配信コンテンツのポイント

  • コンサート映像やカラオケが見られる
  • 地上波バラエティのオリジナル番組や邦画のスピンオフ作品などが充実している
  • Beeマンガというマンガを動画化したコンテンツが見られる

dTVはドコモのサービスですが、実質的な運営はエイベックス・グループ。

そのためな音楽系のコンテンツが充実しています。

dTV:メリット・デメリット(音楽・ミュージックビデオ)

ライブ映像やミュージックビデオ、カラオケ配信などが多いので、音楽好きにはうれしいサービスですね。

特にエイベックス所属のアーティストの映像はかなり多いです。

またdTVの前身のBeeTVで配信されたスピンオフ作品などもdTVに受け継がれています。

さらには地上波バラエティ番組のオリジナル番組なども配信。

MEMO
代表的な作品としては『闇金ウシジマくん』のスピンオフ作品や『ゴッドタン』のオリジナル番組などが視聴できます。

その他には「Beeマンガ」と呼ばれるマンガを動画化したコンテンツもありますが、これは結構独特。

Beeマンガは漫画のコマをパラパラ漫画のように再生し、そこに声優さんが声を入れている半アニメ?作品。

dTV:メリット・デメリット(Beeマンガ)

正直需要があるのかわかりませんが…、流し見したい人にはいいのかもしれないですね。

U-NEXTやFODプレミアムなど、動画配信サービスが電子書籍をあわせて扱うパターンは意外と多いですので、そういったサービスへの対抗サービスなのかもしれません。

U-NEXTのマンガ・電子書籍サービスを徹底解説!【対象マンガが無料で読める】U-NEXTの漫画は読み放題じゃない?無料で利用できるか真実を解説!

このようにdTVで配信している120,000本には、Beeマンガのようなコンテンツやカラオケ映像も含みます。

純粋に映画やドラマが120,000本配信されているわけではないという点は押さえておきましょう。

DAZN(ダゾーン)とセットで契約すると割引価格に

dTV:DAZN

スポーツ特化の動画配信サービス、DAZN(ダゾーン)。

dTVとDAZNをセットで契約すると、割引価格が適用されます。

 dTV + DAZN for docomoDAZN for docomoDAZN(一般料金)
ドコモ利用者1,280円(税抜)…200円割引980円(税抜)1,750円(税抜)
非ドコモ利用者2,050円(税抜)…200円割引利用不可

ドコモユーザーの場合はdTVとあわせても何と月額1,280円で利用可能。

DAZNの一般料金から考えてもかなりの割安価格で利用できます。

非ドコモユーザーの場合は「DAZN for docomo」の利用ができないので月額2,050円となってしまいますが、それでも200円引きで契約が可能。

スポーツコンテンツも視聴したい方にはかなりお得なプランですね。

ダウンロード機能によるオフライン視聴が可能

dTVアプリにはダウンロード機能が用意されています。

このダウンロード機能であらかじめ動画をダウンロードしておくことで、オフライン視聴することができます。

あらかじめ自宅のWi-Fi環境でダウンロードしておけば出先でも通信量を気にすることなくコンテンツを楽しめますし、いまや動画配信サービスには必須とも言える機能ですね。

ダウンロード時には動画の画質を設定できるので、デバイスにあわせてさらに容量や通信量を節約することも可能です。

倍速再生が可能

dTVのコンテンツは倍速再生が可能です。

再生速度は下記の3段階で変えられます。

  • 標準
  • 1.5倍
  • 2.0倍

動画は倍速再生でも音声付きで再生が可能。

チェックしたいけどゆっくり見る暇がない、ともかく量を消化していきたいといった場合にはかなり便利な機能です。

オリジナルVRコンテンツ「dTV VR」が観られる

別アプリ「dTV VR」をスマホにダウンロードすることで、VRコンテンツを楽しめます

まだコンテンツ数は多くはありませんが、大手の動画配信サービスでVRコンテンツの配信は珍しいのでぜひ利用したいところ。

VRで音楽ライブや人気アーティストのミュージックビデオなどを360度パノラマで体感できます。

\550円で12万作品が視聴できる!/

※31日以内に解約すれば料金はかかりません

dTVのデメリット

dTVのデメリットとしては以下のことが挙げられます。

dTVのデメリット

  • 同時視聴ができない
  • 対応デバイスにゲーム機がない
  • 支払い方法の選択肢が少なくクレジットカードかドコモ払いのみ

それぞれについて解説していきます。

同時視聴ができない

dTVは同時視聴ができません。

たとえばHuluのように、ダウンロード機能に対応しているサービスによっては、ストリーミング再生とダウンロード再生を並行して利用することができたりしますが、dTVは不可。

同時視聴には完全に対応していません。

誰かが視聴中は別デバイスでも視聴できないので、個人使用向きなサービスです。

家族で共有したい場合は別サービスを検討した方がよいかと。

複数デバイスで同時視聴できる動画配信サービスは?家族で共有する場合は要チェック複数デバイスで同時視聴できる動画配信サービスは?家族で共有する場合は要チェック

とくにU-NEXT、Netflixはストリーミング再生同士の同時視聴に対応しているので家族共有に向いています。

U-NEXTのファミリーアカウントの使い方を解説!家族での同時視聴も4人までOKU-NEXTのファミリーアカウントの使い方を解説!家族での同時視聴も4人までOK

対応デバイスにゲーム機がない

dTVはPS4などのゲーム機向けにアプリ配信をしておらず、ゲーム機で視聴ができません。

そのためテレビに出力する場合はFire TV Stickなどのデバイスを新たに用意する必要があります。

dTVをテレビで見る方法は?9つをデバイス別に解説dTVをテレビで見る方法は?9つをデバイス別に解説

支払い方法が限られている

支払い方法がドコモ払いとクレジットカードの二択しか用意されていません。

ドコモ払いはドコモユーザーしか利用できないので、非ドコモユーザーの支払い方法はクレジットカードに限定されてしまいます。

つまり非ドコモユーザーでクレジットカードを持ってない場合は、dTVを利用できないということになります。

学生の方などクレジットカードを持ってない方にとっては正直あまり親切ではないですね。

クレジットカードがなくても登録できる動画配信サービスまとめ【学生でもOK】クレジットカードがなくても登録できる動画配信サービスまとめ【学生でもOK】

\550円で12万作品が視聴できる!/

※31日以内に解約すれば料金はかかりません

dTVの31日間無料おためしへ登録する方法

dTVを利用するためにはドコモのdアカウントが必要です。

ドコモユーザーの方などで、すでにdアカウントをお持ちの方はすぐに利用を始められますが、持ってない場合はまずdアカウントを作る必要があります

MEMO

dアカウントとはドコモの発行する本人認証用のID。dアカウント対応サービスやdポイントを利用する場合に必要です。dアカウントはドコモユーザー以外も作成できます。

以下、PCの画面で登録手順を説明します。

dアカウントを持っている場合の登録手順

dアカウントを持っている場合はdアカウントでログインすることで簡単に登録できます。

STEP.1
dTVトップページにアクセスする

dTVのトップページより「31日間無料おためし」をクリックします。

dTV:無料おためし

画面が切り替わるのでもう一度「31日間無料おためし」をクリックします。

dTV:無料おためし

STEP.2
自分のdアカウントでログインし登録する

画面右下の「ログイン」から自分の持っているdアカウントでログインし、登録を行います。

dTV:無料おためし

登録手続きが終了したらすぐに無料おためしをスタートすることができます。

dアカウントを持ってない場合の登録手順

dアニメストア:登録方法(dアカウントの取得)

途中まではdアカウントを持っている場合と同様です。

dアカウントを持ってない場合はまずdアカウントの発行を行います。

STEP.1
dアカウントの発行画面にアクセス

画面中央の「dアカウント発行」をクリックします。

dTV:無料おためし

STEP.2
「ドコモのケータイをお持ちでないお客さま」をクリック

ドコモを携帯キャリアとして利用していない場合は、「ドコモのケータイをお持ちでないお客さま」をクリックします。

dTV:無料おためし

ドコモを利用されている方は、「ドコモのケータイ回線をお持ちのお客さま」をクリックすることで登録が進みます。

STEP.3
登録するメールアドレスを選択

dアカウントの登録に使用するメールアドレスを選択し、「次へ」をクリックします。

dTV:無料おためし

なお、Googleアカウント、Yahoo!アカウント、Facebookアカウントを使って登録することも可能です。

STEP.4
メールで送られたワンタイムキーを入力

登録に使用したメールアドレスに入力用のワンタイムキーが送られるので、画面に入力します。

dTV:無料おためし

STEP.5
登録する個人情報を入力する

個人情報と決済情報の入力を求められるので、入力します。

dTV:無料おためし

なお、決済方法はクレジットカードのみとなります。

STEP.6
入力確認をし「申込みを完了する」をクリック

入力した内容が正しいかチェックし、「申込みを完了する」をクリックしてdアカウントの登録完了です。

なおこの段階で終わっているのはあくまでdアカウントの登録なので、無料トライアルを利用するためには、引き続き「31日間無料おためし」の登録をしなければなりません。

dアカウントの登録が終了したら、受付日時、受付番号が表示され、あわせて「dTVのご利用はこちらから」とボタンが表示されます。

「今すぐクリック!」と書かれたボタンをクリックすると、dTVへdアカウントが登録され、そのまま利用を開始することができます。

dTV:無料おためし

\550円で12万作品が視聴できる!/

※31日以内に解約すれば料金はかかりません

dTVを解約・退会する方法

dTVの解約はPC、スマホのどちらからでも可能です。

PCのブラウザから解約する場合

STEP.1
dTVの「アカウント」から「解約」をクリック

dTV:無料おためし

STEP.2
「利用規約に同意し、解約手続きに進む」をクリック

解約画面へ移動するので、画面を下にスクロールしていくと、「利用規約に同意し、解約手続きに進む」のボタンがあらわれます。

dTV:無料おためし

スクロールの途中で解約することのデメリットなども記載されていますので、利用規約も含めてOKであれば「解約手続きに進む」ボタンをクリックします。

STEP.3
解約の手続き内容を確認し、解約手続きを完了する

無料おためし期間の残り分があることの確認や、解約する対象サービスの最終確認を行います。

これが最終確認となりますので、解約して差し支えなければ、画面の一番下の「次へ」をクリックして手続きは完了です。

ヨノイ

おつかれさまでした!

この画面では受付確認メールの送付先を選択できるので、手続きが終了メールが来ているか一応確認しておきましょう。

スマホのブラウザから解約をする場合

スマホでもブラウザから解約をする場合は、基本的な流れはPCと同じです。

STEP.1
dTVの「アカウント」から「解約」をクリック

dTVにログインした状態で、右上の「≡」アイコンをタップしメニューを開きます。

dTV:解約・退会(スマホから)

メニューを下にスクロールし「アカウント」から「解約」をタップします。

dTV:解約・退会(スマホから)

STEP.2
「利用規約に同意し、解約手続きに進む」をクリック

「dTV会員規約」のページに移動するので下にスクロールします。

dTV:解約・退会(スマホから)

途中に実施中のキャンペーン一覧など解約引き止めのための諸々が表示されるのはPC版と同様です。

画面の下部に「利用規約に同意し、解約手続きに進む」ボタンがあるのでタップします。

dTV:解約・退会(スマホから)

なお「dTVから」「dマーケット」からのチェックは最初から入っているのでそのままでOKです。

STEP.3
解約手続きの内容選択を行う

再度dアカウントのパスワード入力を求められるので入力しログインしなおします。

ログインしなおすと、手続きの内容の最終確認を求められます。

1.現在の契約内容を確認

dTV:解約・退会(スマホから)

2.手続き内容を確認

dTVを解約すると各種セット割引の適用が終了することの確認が行われます。

具体的には、下記の2つ。

  • dTV/dTVチャンネルセット割引…税込330円割引が終了
  • dTV/DAZN for docomoセット割引…税込220円割引が終了

確認ができたら「dTV注意事項」をタップし目を通したうえで「dTVの注意事項に同意する」にチェックを入れます。

dTV:解約・退会(スマホから)

なお「dTV注意事項」を一度開いて閉じないと「dTVの注意事項に同意する」チェックが入れられないようになっているので要注意です。

3.適用開始日の確認

申し込み完了後に解約されることを確認します。

dTV:解約・退会(スマホから)

4.受付確認メールの送信先

解約手続きの完了メールの送信先を指定します。

dTV:解約・退会(スマホから)

以上の確認ができたら「次へ」をタップします。

「ご注意・ご確認事項」が表示されるので、「次へ」をタップします。

dTV:解約・退会(スマホから)

STEP.4
解約手続きの内容確認を行う

入力した内容の最終確認が行われます。

画面を下部へスクロールし、「手続きを完了する」をタップします。

以上で解約手続きの完了です。

解約はドコモショップ・ドコモインフォメーションセンターからも可能

ドコモ回線をご利用の方であれば、ドコモショップ、またはドコモインフォメーションセンターでも解約手続きが可能です。

ドコモインフォメーションセンターへはドコモの携帯から「151」(通話料無料)でかけられます。

もちろん一般回線からも可能です。

ドコモインフォメーションセンターの電話番号

  • ドコモインフォメーションセンター:151(ドコモ回線から)
  • ドコモインフォメーションセンター:0120-800-000 (一般電話から)

※年中無休(午前9時~午後8時)

ただし現在はコロナ対応で繫がりにくくなっているようです。

事前予約も行っているので積極的に活用しましょう。

現在、当社コールセンターにおいては、新型コロナウイルス感染予防対策中のため、お問い合わせ先への電話がつながりにくくなっております。

お客さまにはご不便をおかけしますが、コール事前予約をご活用いただくか、お急ぎの場合はWebお手続きのご利用をお願いいたします。

インフォメーションセンターへのコール事前予約 | お問い合わせ | お客様サポート | NTTドコモ

急ぎの方は自力で進めるのが一番早いかと。

dTVを解約・退会する場合の注意点

dTVを解約する場合に事前に理解しておきたいポイントについてまとめておきます。

月途中の解約でも日割り計算はされない

dTVでは解約時の日割り計算はされません。

月途中に解約しても残りの日数分を差し引いて日割り計算はしてくれません。

dTVは毎月1日から月末最終日までの期間分で月額料金を支払うシステム。

1ヶ月分の月額料金を前払いで支払うかたちのため返金はありません。

またdTVは解約した時点で視聴ができなくなります。

解約日に関わらず1ヶ月分の月額料金がかかることを考えると、解約するならなるべく月末近辺に手続きした方がお得です。

(とは言え月額料金も550円と安いので、早めにすませておいた方が精神衛生的にはよいかもしれませんが…)

無料トライアル期間が残っていても解約した時点で終了

無料トライアル(31日間無料おためし)の無料期間が残っていても、解約手続きを完了した時点で利用できなくなります。

残日数に関わらず利用できなくなるため、解約するなら期限ギリギリまで引っ張った方がお得です。

他社サービスによっては解約手続き後も、本来の無料期間が終わるまでは利用が継続できますが、dTVは手続き完了時点で終了となってしまいます。

Androidアプリからは解約できるがiPhoneアプリからは不可

解約手続きはAndroidアプリからは可能ですが、iPhoneアプリからは解約の手続きができません。

もちろんiPhoneからアプリを削除しただけでは解約、退会したことにはなりません。

iPhoneユーザーはブラウザから間違いなく手続きを完了しておきましょう。

毎週火曜の午後10時30分から翌日午前7時は解約手続きは不可

上記の時間帯はシステムメンテナンスを行っており、解約手続きができません。

解約をする際は解約期限に当たらないか事前に確認しておきましょう。

まとめ:dTVのサービス内容は無料トライアルで体験してみよう

dTVはリーズナブルなこともあり、動画配信サービスの中でもかなり利用しやすいサービスです。

配信されている作品数も多く、その分たくさんの方の好みをカバーできるのが強みですが、実際に自分に合うかどうかはサービスを体験して確認するのが一番です。

また動画配信サービスの無料トライアルは縮小傾向がトレンド。

2019年末にNetflixが無料トライアルを廃止したのを皮切りに、無料期間を短縮するサービスが続いています。

ここ最近で無料トライアルを縮小した動画配信サービスは下記のとおり。

サービス名変更後変更前変更日
Netflixなし1ヶ月間2019年12月3日
Paravi2週間30日間2020年2月25日
FODプレミアム2週間1ヶ月間2020年5月11日

そんな中、dTVは31日間という長期間の無料おためしをキープしてくれています。

無料トライアルは気軽にサービスを知ることのできる絶好の機会。

dTVの無料トライアルは手続きも簡単ですので、サービス内容が気になる方は早いうちに体験してしまいましょう。

\550円で12万作品が視聴できる!/

※31日以内に解約すれば料金はかかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です