U-NEXTの31日間無料トライアルへの登録はこちらから

dTVの評判や評価は?メリット・デメリットを他サービスと比較ながら分かりやすく解説!

dTVってどんなサービス?メリット、デメリットを一挙解説します!

dTVってどんな動画配信サービスなんだろう?
サービスの基本的なことやメリット、デメリットを知りたい!

dTVは超大手携帯キャリアのドコモの運営する動画配信サービス。

月額550円(税込)120,000作品を視聴できる、圧倒的なコスパが魅力のサービスです。

この記事ではdTVについて、以下の内容を解説します。

この記事でわかること

  • dTVはどんなサービスか
  • dTVのメリット・デメリット
  • dTVの評判や評価

dTVはドコモが手がけているサービスであること、また月額料金が安価なことから何となく「スマホで視聴する」イメージの強いサービスです。

ヨノイ

ドコモのスマホにプリインストールされているイメージが強い方も多いのでは?

しかしdTVは国内サービスの中でもいち早く4K配信に対応するなど、大画面で楽しめる動画配信サービスとしての基礎づくりをしてきたサービスでもあります。

本記事ではdTVのメリットとデメリットを分かりやすく解説していきますので、登録をお考えの方はぜひ参考にしてください。

\550円で12万作品が視聴できる!/

※31日以内に解約すれば料金はかかりません

dTVとはどんなサービス?

まず始めに、dTVのサービス内容について見ていきましょう。

dTVのサービス内容は以下のとおりです。

月額料金550円(税込)
配信本数120,000作品以上
レンタル課金の有無見放題+レンタル課金
無料トライアル31日間
画質SD画質、HD画質、4K画質
ダウンロード機能
同時視聴×
対応デバイスWindows、Mac、スマートフォン・タブレット(Android・iOS)、Chromecast、Amazon Fire TV、Fire TV Stickシリーズ、Apple TV、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル、Nexus Player、ひかりTVチューナー、光BOX+など
ポイント付与×
支払い方法ドコモ払い、クレジットカード

dTVの大きな特徴は、月額550円という圧倒的な安さ配信作品数120,000本というコンテンツ数の多さです。

またdTVの実質的な運営は音楽制作会社のエイベックス・グループが行っており、カラオケやコンサート映像などの音楽系コンテンツに強みを持つのも特色です。

なお、dTVは月額見放題のサービスですが、配信されている全てが見放題対象ではなく、最新作など一部の作品は有料レンタル作品として配信されています。

ヨノイ

dTVはU-NEXTやHuluと同様に、見放題+有料レンタルのサービスです。

また、dTVは登録にdアカウントが必要なので、契約するスマホがドコモ以外のユーザーは、まずdアカウントを作成する必要があります。

MEMO
「dアカウント」は、NTTドコモが発行する本人認証用ID。ドコモの端末を持っていなくても無料で使えます。dアカウントを作成することで、ネットショッピングなどの各種サービスを、端末やネットワーク回線の種類を問わず利用できるようになります。

支払い方法に関しても、ドコモ以外のユーザーはドコモ払いが利用できないため、クレジットカード払い一択となる点にも要注意です。

dTVのメリット

ここからはdTVのメリットについて見ていきましょう。

dTVのメリットは以下のとおりです。

dTVのメリット

  • 月額料金550円(税込)で視聴できる
  • 120,000作品もの動画を配信
  • ミュージックビデオやオリジナル番組、スピンオフ作品が豊富
  • DAZNとセット契約で月額料金が割引になる
  • ダウンロード機能でオフライン視聴ができる
  • 倍速再生が可能
  • オリジナルVRコンテンツ「dTV VR」を視聴できる

それぞれについて詳しく解説していきます。

【メリット①】月額料金550円(税込)で視聴できる

dTVは月額料金が激安。

毎月550円(税込)という驚異の低価格で利用できます。

以下のように他の動画配信サービスと比較してみても、かなり割安です。

サービス名月額料金(税込)
Amazonプライムビデオ500円
dTV550円
Netflix(ベーシックプラン)880円
FODプレミアム976円
Paravi1,017円
Hulu1,026円
U-NEXT2,189円

動画配信サービスの月額料金は、1,000円前後が平均的。

高いサービスではは2,000円以上になるところを、かなり低価格に抑え込んだ価格設定です。

ヨノイ

配信本数120,000本を考えても驚異的な低価格と言えます。

ただしdTVは完全な月額見放題ではなく、配信作品には有料レンタル作品を含む点には要注意です。

MEMO
これまで完全な月額見放題制だったHuluも、2020年6月からHuluストアを開始。有料レンタルの配信に舵を切りました。今では大手動画配信サービスで完全な月額見放題サービスなのはNetflixのみとなっています。

有料コンテンツについての見解はユーザーによって分かれるでしょうが、配信そのものがなければ見る・見ないの選択すらできません。

それを考えると、レンタルとは言え、最新作の配信をしてくれるのは歓迎できる対応でしょう。

【メリット②】120,000作品もの圧倒的な動画配信数

dTVの配信本数は120,000作品以上。

配信作品の圧倒的な多さは、他の動画配信サービスよりも頭ひとつ抜けています。

ちなみに他のサービスと比較すると以下のとおり。

動画配信サービス配信本数
U-NEXT200,000本以上
dTV120,000作品以上
Hulu70,000本以上
FOD PREMIUM30,000本以上
Amazonプライムビデオ推定10,000本以上

ともかく沢山の動画作品を視聴したいという方にとっては、dTVはおすすめできる選択肢の一つです。

【メリット③】ミュージックビデオやオリジナル番組・スピンオフ作品が充実

dTVは音楽系の動画やオリジナル番組が豊富なのもポイントです。

dTVの配信コンテンツのポイント

  • コンサート映像やカラオケが見られる
  • 地上波バラエティのオリジナル番組や邦画のスピンオフ作品などが充実している
  • Beeマンガというマンガを動画化したコンテンツが見られる

dTVは実質的な運営をエイベックスが行っていることもあり、音楽系のコンテンツがかなり充実しています。

dTV:メリット・デメリット(音楽・ミュージックビデオ)

国内外のアーティストのライブ映像やミュージックビデオをはじめとして、カラオケ配信など多くの動画が配信されています。

とくにエイベックス所属のアーティストの映像はかなりの数が取り揃えられています。

90年代以降のエイベックスの中心的アーティストの映像が目白押しなので、J-POP好きのユーザーはぜひチェックしてみましょう。

ヨノイ

エイベックス黄金期を支えたアーティストの楽曲が堪能できますよ。

またdTVでは、映画やドラマのスピンオフ作品や、地上波バラエティのオリジナル番組なども多数配信されています。

dTVの前身のBeeTVで配信されたスピンオフ作品などもdTVに引き継がれており、ここでしか見られない番組を視聴できます。

MEMO
代表的な作品としては、『闇金ウシジマくん』のスピンオフ作品や『ゴッドタン』のオリジナル番組などが配信されています。

その他には「Beeマンガ」と呼ばれるマンガを動画化したコンテンツが配信されるなど、独自性のあるコンテンツがあるのもdTVの特色です。

dTV:メリット・デメリット(Beeマンガ)

「Beeマンガ」は漫画のコマをパラパラ漫画のように再生し、そこに声優さんが声を入れている紙芝居的な半動画作品。漫画を動画のように視聴できます。

【メリット④】DAZN(ダゾーン)とセットで契約すると割引価格に

dTV:DAZN

スポーツ特化の動画配信サービス、DAZNダゾーン)。

DAZNはドコモユーザー向けに価格が割引された「DAZN for docomo」を展開しており、dTVとセットで契約すると、割引価格が適用されます。

 dTV + DAZN for docomoDAZN for docomoDAZN(一般料金)
ドコモ利用者2,255円(税込)…200円割引1,925円(税込)1,925円(税込)
非ドコモ利用者利用不可

dTVとDAZN for docomoをあわせて契約することで、月額2,255円で利用可能。

通常と比べて200円引きで契約が可能となっており、スポーツコンテンツも視聴したい方にはお得なプランです。

【メリット⑤】ダウンロード機能によるオフライン再生が可能

違法動画サイトは見てはいけない!厳罰化された著作権法に触れない代わりのおすすめ動画サイトを紹介

dTVアプリにはダウンロード機能が備えられています。

このダウンロード機能であらかじめ動画をダウンロードしておくことで、オフライン再生による視聴が可能です。

もちろん4G回線での動画視聴も可能ですが、通信容量を大きく消費してしまうため、あまりおすすめできる視聴方法ではありません。

各画質で1時間ストリーミング再生した場合の通信量の目安は以下です。

【標準画質】約450MB

【高画質】約900MB

【最高画質】約1.4GB

ストリーミング再生時の通信量は?|動画を見るならdTV -公式サイト

出先で視聴したい場合には、あらかじめ自宅のWiFi環境でダウンロードしておくことで、通信することなくオフラインでコンテンツを楽しめます

またダウンロードする際には動画の画質を設定できるため、端末のストレージ残量にあわせてさらにデータ容量や通信容量を抑えられます。

【メリット⑥】倍速再生が可能

dTVのコンテンツは倍速再生が可能です。

再生速度は下記の3段階で変えられます。

  • 標準
  • 1.5倍
  • 2.0倍

dTVの動画は、倍速再生でも音声付きで再生できます。

チェックしたいけどゆっくり見る暇がない、限られた時間の中で多くの作品を消化していきたい、といった場合にはかなり便利な機能です。

【メリット⑦】オリジナルVRコンテンツ「dTV VR」が観られる

別アプリ「dTV VR」をスマホにダウンロードすることで、VRコンテンツを楽しめます

まだコンテンツ数は多くはありませんが、大手の動画配信サービスによるVRコンテンツの配信は珍しく、挑戦的な試みと言えます。

VRで音楽ライブや人気アーティストのミュージックビデオなどを360度パノラマで体感できるので、VR端末が手元にある方はぜひ体験してみましょう。

dTVのデメリット

dTVのデメリットとしては以下が挙げられます。

dTVのデメリット

  • 同時視聴ができない
  • 対応端末にゲーム機がない
  • 支払い方法の選択肢が少なくクレジットカードかドコモ払いのみ

それぞれについて解説していきます。

【デメリット①】複数の端末からの同時視聴ができない

dTVは同時視聴ができません。

たとえばU-NEXTやNetflixは最大4台までの同時視聴に対応していますが、dTVは一つの契約につきアカウントは一つのみ。

複数の端末を使った同時視聴はできません。

ヨノイ

残念!

また同時視聴に対応してない動画配信サービスでも、たとえばHuluのようにストリーミング再生とダウンロード再生を並行して利用できる場合があります。

しかしdTVでは、ストリーミング再生とダウンロード再生の同時再生にも非対応。

どのような方法を用いても、同時視聴はできません。

誰かが視聴中は別デバイスでも視聴できない個人使用向きなサービスなので、家族で共有したい場合は別サービスを検討した方がよいでしょう。

とくに同時視聴が4台まで可能なU-NEXT、Netflixは多人数での家族共有に向いています。

【デメリット②】対応端末にゲーム機がない

dTVはPS4などのゲーム機向けにアプリ配信をしていません。

そのためゲーム機を介してテレビに出力できず、テレビ視聴するためには専用のデバイスを新たに用意する必要があります。

おすすめの代表的なデバイスはAmazonの「Fire TV Stick」。

以下の記事ではセットアップの方法を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【デメリット③】支払い方法がクレジットカード払いかドコモ払いのみ

dTVでは、支払い方法がドコモ払いとクレジットカードの二択しかありません。

ドコモ払いはドコモユーザーしか利用できないので、ドコモ以外ユーザーの場合は支払い方法はクレジットカードに限定されるかたちになります。

つまりドコモ以外のユーザーの場合は、クレジットカードを持ってない方はdTVを利用できません。

クレジットカードのないユーザーは他の動画配信サービスを検討しましょう。

dTVの評判や評価は?

ここまでdTVのメリット・デメリットを見てきましたが、それを踏まえつつ、ユーザーの実際の評価や評判について見てみましょう。

dTVのよい評判・評価

やはりdTVを評価する声の多くは「たくさんの作品が見られる」といった内容のものが中心でした。

またジャニーズ系のドラマや若手俳優作品などにも強みがあり、とくに女性からの指示を集めています。

dTVのよくない評判・評価

dTVに対する否定的な声としては、システム面に関するものが散見されました。

とくに画質に関するものがいくつも見られたのが気になるところ。

ユーザー側の回線の品質にも関わるところではありますが、サーバーの耐久力がやや弱いのかもしれませんね。

ヨノイ

dTVユーザーは特定のタレントさんやアイドルを追いかけている方が多い様子。コンテンツに対する満足度は高いと言えそうです。

まとめ:dTVはリーズナブルな月額料金でたくさんの動画を見たい方におすすめ

dTVは他と比較しても最安級にリーズナブル

動画配信サービスの中でも最も利用しやすいサービスの一つです。

また配信されている作品数も多く、その分多様な好みをカバーできるのも強みです。

「あまりお金をかけたくないけど動画配信を楽しみたい」「特定の俳優やアイドルを追いかけたい」という方にとっては大いにおすすめできるサービスです。

ヨノイ

とくに初めて動画配信サービスを利用する方に、dTVはおすすめです!

またdTVでは、31日間の無料お試しを実施しています

無料トライアルは気軽にサービスを体験できる絶好の機会なので、登録したことのない方はぜひ登録してみましょう。

なお、動画配信サービスの無料トライアルは縮小傾向がトレンド。

2019年末にNetflixが無料トライアルを廃止したのを皮切りに、無料期間を短縮するサービスが続いています。

ここ最近で無料トライアルを縮小した動画配信サービスは下記のとおり。

サービス名変更後変更前変更日
Netflixなし1ヶ月間2019年12月3日
Paravi2週間30日間2020年2月25日
FODプレミアム2週間1ヶ月間2020年5月11日

そんな中、dTVは31日間という長期間の無料おためしを維持してくれています。

無料トライアルの短期間化は業界全体の流れ。

dTVの無料トライアルは手続きも簡単ですので、サービス内容が気になる方は早いうちに体験することをおすすめします。

\550円で12万作品が視聴できる!/

※31日以内に解約すれば料金はかかりません

なお「無料トライアルって2回目は利用できないの?」という疑問に答える記事はこちら。

他サービスでの同様のご質問についてもお答えしています。

他サービスともう一度比較したい方はぜひ下記の比較記事をご覧ください。