ギガWiFi(ギガワイファイ)の口コミ・評判を徹底調査!メリット・デメリットを詳しく解説

ギガWiFiってどんなサービスだろう?

新しいサービスっぽいけど…?

縛りや解約金もあるみたいだし、失敗しないようにあらかじめ詳しいことを知っておきたい!

ギガWiFiは2020年2月から開始したばかりの新しいモバイルWiFiサービス。

他サービスと比べると認知度はまだ低いですが、それゆえに今ポケットWiFiを探されている方にとってはまさに狙い目のサービスと言えます。

ヨノイ

回線って利用者が殺到すると混雑しちゃうんですよね…。

しかし逆に言えば歴史が浅いため、実績も信頼も未知数のサービス

何の心配もなく契約できるかと言えば、なかなかそうはいかないですよね。

そこでこの記事ではギガWiFiの口コミや評判を探るとともに、サービス内容を徹底調査。

ギガWiFiのメリット・デメリットについて調べてみました。

MEMO
口コミや評判はTwitterでツイートされた内容を中心に調査しています。

ギガWiFiを一言でいうと、「業界最安級のコスパを誇る穴場サービス」。

ギガWiFiを検討されている方は、ぜひ本記事でメリットを確認していただき、ポケットWiFi選びの判断材料としていただければと思います。

\大手3キャリアの回線を大容量で使える/

※8日以内ならクーリングオフOKが可能です

ギガWiFi(ギガワイファイ)とは

ギガWiFiは株式会社メディアサービスの提供するモバイルWi-Fiサービス。

2020年2月からスタートしたばかりのサービスで、続々と新規参入の続くモバイル回線の中でも比較的新しいサービスです。

ギガWiFiは後発のサービスであるがゆえにまだまだ知名度が低く、有名どころのポケットWiFiサービスの新規停止が続く中では狙い目のサービスと言えます。

ギガWiFiのサービス内容について

ギガWiFiのサービススペックは以下のようになっています。

ギガWiFiのプラン内容一覧

ギガWiFiのプラン内容は下記のとおりです。

プラン名50GBプラン100GBプラン
端末U3G4Max
月額料金(税込)2,948円3,718円4,158円
契約事務手数料(税込)3,300円
オプション費用(任意)クラウド安心サービス:660円(税込)
契約期間3年間
(開通月の翌月を起算日とするため実質的には37ヶ月)
2年間
(開通月の翌月を起算日とするため実質的には25ヶ月)
契約解除料金(税込)4,950円
回線docomo、au、Softbank
通信速度(下り最速)150Mbps
通信速度(上り最速)50Mbps
通信容量50GB100GB
海外利用1GB:1,320円/日
連続使用可能時間12時間
最大接続台数10台5台
端末重量125g188g
発送までの日数最短即日発送
支払い方法クレジットカードのみ
その他機能・モバイルバッテリー
・翻訳機能
・Google MAP
・トリップアドバイザー

注意しておきたいのは、50GBプランのみ契約期間が3年だということ。

また端末はU3が26,400円(税込)、G4Maxが29,040円(税込)で、それぞれ契約年数に応じた分割払いとなりますが、途中解約しない限りは全額相殺され、月々の支払いに入ってくることはありません。

なお契約解除料金は更新月は0円。

契約は2年間で更新月に契約解除を行わないと自動更新されることには注意です。

ギガWiFiはポケットWiFiルーターを2種類から選べる

上記の表のとおり、ギガWiFiでは端末(ポケットWiFiルーター)が2種類用意されています。

それぞれのルーターは性能が異なっており、どちらを選ぶかによって月額料金も変わってきます。

それぞれの違いをざっくり言うとこのような感じですね。

  • U3:基本機能さえ使えれば安い方がいい
  • G4MAX:月額料金が高くてもルーター以外の追加機能もほしい

もう少し詳しく解説していきます。

U3とは

U3はたくさんのポケットWiFiサービスで利用されている、スタンダードなルーター。

WiFiの通信だけに特化しており、余計な機能は付いていません。

その分端末代金が安く済み、月額料金もリーズナブルにおさめることができます。

「いわゆるポケットWiFiとして使えればOK」という方はこちらがおすすめです。

ヨノイ

また最大で10台まで接続できます。

G4Maxとは

一方でG4Maxは多機能が売りのポケットWiFiルーター。

下記の機能が利用できます。

  • モバイルバッテリーとして利用可能
  • 22言語対応の翻訳機能が使える
  • Google Map、トリップアドバイザーが利用可能

G4Maxは端末に大型のディスプレイが搭載されているのが特徴で、まるでスマホみたいなルックスをしています。

またG4Maxは主に海外利用者向けの機能が充実。

モバイルバッテリーとして使えるほか、22言語に対応した翻訳機能も内蔵されています。

さらにトリップアドバイザーも内蔵されており、現地で口コミからホテルを探したりなどもできます。

MEMO
トリップアドバイザーとは、旅行に関する口コミや価格比較などを掲載したサービス。

トリップアドバイザーから直接ホテルを予約することもできます。

旅先で最安値を確認しながらホテルを探したい場合などに利用できます。

ヨノイ

海外旅行や出張の多い方にはおすすめのモデルですね。

海外用途としてはどちらのルーターでも利用可能

補足として付け加えておくと、海外でのWiFi利用はU3、G4Maxどちらの機器でも可能です。

U3、G4Maxどちらでも、海外で電源を入れれば1日あたり1,320円で1GBまでWiFiを利用できます。

なお国による料金差はありません。

ギガWiFiは月額料金は一定で変動なし

ギガWiFiの月額料金は開始時の料金で固定で、期間による変動はありません。

よくあるパターンとしては、開始時から数か月間は安めの月額料金で、それ以降は料金が上がるというもの。

ユーザーとしてはお得なのか損なのかがわかりづらく、計算が面倒というのが本音です。

しかしギガWiFiは月額料金はずっと一定。

契約月数で変わることがなく、料金が把握しやすいという利点があります。

ヨノイ

シンプルでわかりやすいのが魅力ですね!

ただしギガWiFiは契約期間に縛りのあるサービスで契約期間は100GBプランでは2年契約

また50GBプランでは3年契約となっており、それぞれ更新月以外の月に解約をすると違約金の支払いが発生する点には注意しておかなければなりません。

ギガWiFiのデメリット

ポケットWiFiは非常に競争性の激しいサービス。

他社と比較した場合、ギガWiFiにはデメリットがいくつか存在します。

デメリットは主に下記の4点です。

ギガWiFiのデメリット
  • 大容量プランでも、月間の通信量に100GBまでの制限がある
  • 契約期間の縛りがあり、期間中の解約にかかる費用が高い
  • 新規参入のサービスであり、実績が未知数

契約するにあたってはそれぞれネックとなり得る部分なので、事前によく理解しておく必要があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月間の使用できるデータ容量が大容量プランでも100GBまで

データ容量無制限をうたうサービスが多い中、ギガWiFiは最大でも月間100GBまでしか利用できません

注意

もともとギガWiFiは容量無制限のサービスとしてスタートしましたが、2020年8月から100GB制限へと変更。

上限を設けたかたちです。

ただしこれはデメリットとして紹介はしていますが、一概にそうとも言えないところです。

と言うのも、100GBの通信量を使うというのは結構大変なことなんですよね。

こちらの記事では他のポケットWiFiではありますが、実際100GBを使った場合に速度制限がかかるかを検証しています。

この記事を書くのに、24時間ぶっ続けで動画をHD〜フルHD画質で再生したのですが、100GBに達するまで5日以上はかかっています

このことからも、100GBは簡単に使える容量ではないことが分かります。

ヨノイ

かなりヘビーな通信量です!

100GBは普通の使い方をする限りはそう簡単に達する量ではありません。

家庭用のWiFiも兼用した上で1日3時間以上をコンスタントに使わない限りはまず大丈夫なはずです。

ヨノイ

契約する前にご自身の前月の通信量を確認しておくと失敗がありません。

とは言え毎月どの程度使うかはわからないですし、通信量に上限はないに越したことはないでしょう。

多めに使う方はチェックしておきたいポイントです。

注意
なお通信容量の無制限をうたうサービスでも、実際は一定の使用量を超えると極端な速度制限を実施しているところがほとんどです。384Kbpsとほぼ実用性のない速度まで落とされてしまうので、実質的に使用制限があるのと同じです。

契約期間の縛りがあり更新月以外は解約費用がかかる

ギガWiFiは契約期間に縛りのあるサービスです。

そのため期間中に解約した場合は解約費用が発生します

なおギガWiFiの契約期間は100GBプランで2年、50GBプランで3年です。

ポケットWiFiとしては標準的な期間設定ではありますが、それでも月額料金を支払い続けると考えると長いですよね。

ヨノイ

2年先まで毎月3,700円以上を払い続ける計算…。

とくにギガWiFiは端末に関して買い取り式を採用しているため、途中解約はその分の金額が上乗せされてしまいます。

たとえば100GBプランで計算すると、以下のようになります。

途中解約時の金額
契約解除料金(4,950円)+{端末の割賦代金(1,100円)×契約期間の残月数分}

結構な金額になってしまいます。

クラウドWiFiやSAKURAWiFiのように、契約期間の縛りなし、解約金なしのサービスもある中、負担感を覚えざるを得ない部分ではありますね。

長期的な利用が見越せない場合は、縛りのないサービスで一度試してみた方がよいでしょう。

ヨノイ

縛りが嫌な人はAiR-WiFiやクラウドWiFiなどがおすすめです!
AiR-WiFiは縛りなし系ポケットWiFiのベストチョイス!?驚異的コスパのメリット・デメリットを詳しく解説

とくにAiR-WiFiはギガWiFiにとって驚異ともいえる存在で、その理由は同等のプラン条件かつギガWiFiよりも低い月額料金で契約期間の縛りなし、解約金なしだから。

また、クラウドWiFiも同様で、U3端末のプランを考えるなら、クラウドWiFiの方が縛りなし解約金なしの分、利用者にとって有利なプラン構成となっています。。

新規参入のサービスで実績が未知数

冒頭でも書きましたが、ギガWiFiは比較的あたらしいサービスです。

利用者も少なく、サービス提供者としての実績もまだまだこれから。

どの程度信頼できるサービスなのかはっきりと見極めるにはもう少し時間が必要と言えます。

ヨノイ

他社のサービスの中には品質低下により行政から指摘を受け、新規受付を停止してしまったところもあります…。

とくにギガWiFiは契約期間が最低でも25ヶ月以上。

途中解約は解約金などの費用が発生してしまいます。

簡単に解約できないからこそ、慎重になってしまうというのはありえますね。

\大手3キャリアの回線を大容量で使える/

※工事不要ですぐに利用を始められます

ギガWiFiのメリット

次にギガWiFiのメリットについてです。

ギガWiFiのメリットは下記のとおり。

ギガWiFiのメリット
  • 月額料金が最安級
  • クラウドSIMで大手キャリア3回線を使用可能
  • 3日間10GB制限がなく最大で月間100GBの通信量を使用可能
  • よりリーズナブルな50GBプランが新登場
  • 料金体系がシンプルで月額料金が変わらない
  • すぐに利用を始められる
  • G4Maxではモバイルバッテリーなど追加機能が使える

それぞれ解説していきます。

月額料金が同クラスで最安級

ギガWiFi(ギガワイファイ)は月額料金が同クラスのプラン帯で最安級なポケットWiFIです。

100GB上限のサービスで比較してみると以下のとおり。

サービス名月額料金(税込)
ギガWiFi3,718円
AiR-WiFi3,718円
MUGEN WiFI3,718円
どこよりもWiFi3,718円
Ex WiFi CLOUD3,718円
それがだいじWiFi3,718円
365WiFi4,378円
hy-fi4,378円
FUJI WiFi4,895円

このように、ギガWiFiよりも月額料金の安いサービスは多くありません。

また大抵のケースにおいて、最安のサービスには利用者が殺到してサービスレベルは落ちてしまいがち。

あえて2番手、3番手のサービスを選んだ方が快適性を担保できることも多いですし、そのような観点からも、ギガWiFiはまさに狙い目のサービスと言えるでしょう。

クラウドSIMで大手キャリア3回線を使用可能

ギガWiFiはクラウドSIMを使用しており、大手3キャリアの回線を利用可能

その場所での回線の混雑状況をもとに自動で最適な回線を選んでくれるので、快適に通信できます。

MEMO
「クラウドSIM」はクラウド上でSIMカードの切り替えを行うしくみのことを言います。端末のSIMカードを差し替えることなく、自動的に国内大手3キャリアの使える回線を切り替えて接続できます。

また3キャリアの回線を使えると言うことはエリアのカバー率も高いと言うこと。

さらにクラウドSIMならWiMAXのように建物や地下に弱いということもありません。

環境に左右されにくく、どんな環境でも快適にモバイル回線を利用できるのが強みです。

3日間制限がなく月間100GBの通信量を使用可能

月間100GBもの通信容量を使用できます。

こちらはデメリットの部分でも触れましたが、実用上は十分過ぎるほどの通信量

一般的な使用に限って言えば、ほとんどの場合で使い切れないほどの容量と言えます。

またギガWiFiは3日間10GBなどの短期間の通信量による制限がありません

使い方にもよりますが、3日間で10GBの通信量は普通にあり得る数字。

こちらの制限があるサービスだと、油断するとすぐに速度低下に引っかかってしまうので、使うのが地味にストレスです。

新たに登場した50GBプランでよりリーズナブルに使える

ギガWiFiでは、2021年3月から新たに50GBプランが登場。

月額料金も2千円台と、よりリーズナブルに使えるプラン設計になっています。

\大手3キャリアの回線を大容量で使える/

※8日以内ならクーリングオフOKが可能です

料金体系がシンプルで契約期間で月額料金が変わらない

ギガWiFiは料金体系がシンプルなのもよい部分。

端末(ルーター)の種類により月額料金が2種類に分かれますが、どちらも利用月数で料金が変わることはありません。

よくあるのが最初の数ヶ月は月額料金が安い代わりに、途中から料金が上がるパターン。

ヨノイ

比較的昔からあるサービスはこのパターンが多いですね。

一見安く見えますが、トータルの総額はむしろ高くついたりする上、計算もしにくく分かりにくいのがネック。

その点、ギガWiFiはシンプルで明解。

総額で安く済むことも多いので、安心して先々の費用を考えられます。

ギガWiFiならすぐに利用を開始できる

これもとても重要なポイントで、ギガWiFiなら利用開始を待つことがありません

ヨノイ

すぐに利用を始められます!

リモートワークの増加により、ポケットWiFi各社の新規受付が次々と停止する中、利用できるサービス探しに困っている方も多いのでは。

ギガWiFiならまだまだ新規受付は可能で、端末も選ぶことができます。

注意
ポケットWiFiルーターを複数取り揃えていても実際には選べないサービスも多いので注意しておきましょう。

G4Maxではモバイルバッテリーなど追加機能が使える

ギガWiFiではポケットWiFiルーターをU2sとG4Maxの2種類から選べます。

G4Maxのポイントはルーター機能だけにとどまらず多機能なこと。

下記の機能が使えます。

  • モバイルバッテリーとして利用可能
  • 22言語対応の翻訳機能が使える
  • Google Map、トリップアドバイザーが利用可能

主に海外向けの機能が充実しているので、出張や海外旅行が趣味の方は、こちらを選択しておくと安心です。

とくにモバイルバッテリーとしての用途であれば、海外関係なく普段使いで十分役立ちますよね。

バッテリー容量は3,900mAhと大きくはありませんが、荷物が少なく済むのは助かりますね。

ギガWiFiは申し込み時の電話オペレーター対応が充実

ギガWiFiの隠れたメリットとして、申し込みに関する電話対応の充実があげられます。

ギガWiFiはWeb申し込みも勿論できますが、電話による対人でのアナウンス体制がばっちり用意されており、専門オペーレーターと会話をしながら進められます。

たとえば利用端末にもとづいたエリア確認も電話でできますし、Web申し込み後もギガWiFiから確認の電話をもらうことができます。

ヨノイ

確認の電話があると安心できます。

不明点を直接聞ける機会ってなかなかないので貴重ですよね。

ましてや最近ではポケットWiFiへの申し込みが急増しているので、カスタマーサービスに電話が繋がらないのもよくあること。

初めての契約で不安な方には特におすすめできるサービス体制です。

\大手3キャリアの回線を大容量で使える/

※工事不要ですぐに利用を始められます

ギガWiFi(ギガワイファイ)の申し込み方法・登録手順

ギガWiFiの申し込み方法・登録の手順は下記のとおりです。

STEP.1
公式ページから「WEBでお申し込み」をクリック

ギガWiFiの公式サイトのトップページから「WEBでお申し込み」をクリックします。

ギガWiFi:登録方法①(トップページへアクセス)

STEP.2
お客様情報を入力

名前や住所など、お客様情報を入力します。

ギガWiFi:登録方法②(登録情報を入力)

画面下部の必須項目にチェックを入れ、「確認画面へ」をクリックします。

STEP.3
ギガWiFiより確認の電話を受ける

入力した情報をもとにギガWiFiより確認の電話が入ります。

確認後、登録したメールアドレス宛にギガWiFiから登録用のメールが送付されるので、記載のURLより以下を行います。

  • クレジットカード情報(決済情報)の登録
  • 身分証の提出
STEP.4
申し込み完了

端末が送付されたら利用を開始できます。

お客様情報の入力時に、連絡希望時間帯も指定できるので、自分の都合のより時間帯を選んでおくと電話を受け損なうことがありません。

また、電話による申し込みもできますが、時期や時間帯によっては回線の混雑により繋がらないことも多いため、WEBからの申し込みをおすすめします。

\大手3キャリアの回線を大容量で使える/

※8日以内ならクーリングオフOKが可能です

ギガWiFi(ギガワイファイ)の口コミ・評判は?

次にギガWiFiの口コミや評判について調べてみました。

【口コミ・評判①】ギガWiFiは他の話題のサービスと比較しても安い

ポケットWiFiは新規参入が増えており、話題性のあるサービスも登場していますが、ギガWiFiは手堅くお得なのが特徴です。

3年縛りで3,980円はちょっと高いかもですね…。

【口コミ・評判②】ギガWiFiはサポートの対応が標準的

ギガWiFiはサポートの対応も含め、レスポンスは悪くないようです。

こちらは他サービスで届かないのでギガWiFiに契約を移したという声。

またWiMAXはナビダイヤルがなかなかつながらず、解約の電話代だけで7,000円かかったという方もいるようです。

その一方でこのような声も。

ネットを検索すると他でも同様の件に関する書き込みを目にすることもあり、サポートのすべてが良好とは言えないようです。

サポートセンターがどのような体制になっているのかは不明ですが、対応にはやや注意が必要だと言えるでしょう。

【口コミ・評判③】ギガWiFiは安定している

数値で確認できればベストですが、それでも体感で安定しているという声は安心できる材料と言えます。

他サービスに契約できない方はぜひ検討してみましょう。

口コミを探して分かるのは、利用者はまだまだ少ないと言うこと。

TwitterやGoogleで検索しても、本当にユーザーの生の声は数えるほどしかありません。

この状況から考えると、サービスとしてはまだ余裕のある環境であると推察できます。

安定的な利用環境を求める方にとっては、検討する価値はありそうです。

まとめ:ギガWiFiは継続利用できるすぐに使いたい方向けのおすすめポケットWiFi

ギガWiFiは極端な特徴がないため、メリットが分かりづらい部分もありますが、じっくりサービス内容を吟味すると隠れた良サービスであることが分かってきます。

とくに月額料金におけるコストパフォーマンスや、またサービスをすぐに開始できる点には、他と比較しても明らかな優位性があります。

またサービス内容の基本的な部分に他よりも劣る要素がないのも、強調しておきたいところです。

ヨノイ

手堅くいいサービスを使っていきたいならギガWiFiはおすすめです!

ギガWiFiの利用で避けたいのは、契約期間内に解約すること。

契約期間のあるサービスなので、解約金と端末割賦代金が一括で請求されてしまいます。

長期間利用をしてこそのサービスとも言えるので、ある程度の継続的な利用をされる方は、ぜひ前向きに検討してみましょう。

\大手3キャリアの回線を大容量で使える/

※8日以内ならクーリングオフOKが可能です