Amazonギフト券にチャージですると最大2.5%が還元!

WordPressで301リダイレクトをする最も簡単な方法を解説

本記事では301リダイレクトを行う方法について解説します。

紹介する方法は下記の3種類。

  • プラグインを使う方法
  • .htaccessを修正する方法
  • サーバーの基本機能を使う方法

記事タイトルでは大仰に「最も簡単な」などと謳っていますが、文字通り最も簡単なのはプラグインを使う方法

またサーバーの基本機能として用意されていれば、それを使ってリダイレクトする方法も簡単ですが、機能を備えているかはサーバーにより異なります。

サーバーの機能になく、プラグインを無闇に増やしたくない方は.haccessの修正がおすすめです。

特に最近では、メインブログ内で記事数の増えたカテゴリーを切り出して、単独の特化ブログとして運営する手法が増えてきています。

他ドメイン、サブディレクトリに記事を移行する場合はリダイレクト処理が必要になりますので、ぜひ作業の参考にしてください。

リダイレクトとは

まず最初に簡単に「リダイレクトとは何か」について解説します。

WEBサイトにおけるリダイレクトとは、特定のURLにアクセスした際に別のURLに自動転送されるしくみのこと。

一般的には新たなURLや正しいURLへの誘導に用いられ、古いURLや誤ったURLへの訪問者を強制的に目的のURLへと転送します。

例として挙げられるのがURLの正規化。

WordPressを開設した際に、下記のURLにアクセスした場合に全てhttps://〜へと切り替わるように設定したかと思います

  • http://〜
  • http://www.〜
  • https://www.〜

これをURLの正規化と言いますが、これもリダイレクト処理の一つです。

» URLの正規化とは?検索エンジンを最適化する方法

URLの変更にリダイレクト処理をかけなかった場合、古いURLへのアクセスは全て「404 Not Found」となり、訪問者は目当ての記事に辿り着けなくなってしまいます。

リダイレクト処理が必要なケース

通常リダイレクト処理は、URLに変更が生じた場合に、古いURLへの訪問者を新たなURLへ誘導する目的で使われます。

つまり下記のようなケースでは、301リダイレクト処理を設定するのが読者のためにも望ましいと言えます。

  • ブログの記事URLを変更した
  • ブログ内の一部の記事を別ドメインに移行した
  • ブログ内の一部の記事をサブディレクトリに移行した

特に最近のSEOでは特化ブログが有利な流れもあり、雑記ブログ内の一部カテゴリーを切り出して別のブログとする手法がトレンドです。

別に取得した新ドメインまたはメインブログのサブディレクトリ下にブログを新規開設することになるため、記事を移行した場合はリダイレクト処理をかける必要があります。

なぜリダイレクト処理が必要なのか

適切なリダイレクト処理をかけない場合、いくつかの問題が生じる可能性があります。

読者が記事へたどり着けない

WordPressの301リダイレクト:404 Not Found

URLの変更にリダイレクト処理をかけなかった場合、古いURLへのアクセスは全て「404 Not Found」となってしまいます。

404 Not Foundでは「目的のページは表示されません」などの画像が用意された専用ページが表示されるのみ。

訪問者は目当ての記事にたどり着けなくないため、記事を読むことができません。

検索評価が転送先の新URLに引き継がれない

またそれ以上に問題なのが、リダイレクトなしでは検索エンジン上での記事の評価が引き継がれないということ。

あるページのURL変更した場合、中身が一言一句同じでも、URLが違うとGoogleは別の記事として認識します。

元のURLで検索順位が1位であったとしても、新たなURLでは記事の評価が再算定されてしまうため、その結果順位が下がってしまう場合があります。

コピーコンテンツと見なされる可能性がある

また別ドメインやサブディレクトリに記事を移した場合、リダイレクトしないのであれば、旧URLの記事は速やかに非公開にする必要があります。

なぜなら新旧URLのコンテンツが完全に重複しているため、コピーコンテンツと見られる可能性があるからです。

Googleにコピーコンテンツと見なされると、ペナルティとしてインデックスの削除の対象となる可能性があります。

被リンクの効果が受け継がれない

またもう一点、非常に重要なこととして、被リンクの効果が受け継がれないことが挙げられます。

移転した記事が他のサイトからリンクを受けていた場合、リダイレクトをかけない限り被リンクの効果は受け継がれません。

貴重な被リンクを失うことになるため、何があってもリダイレクトが漏れないようにする必要があります。

» 効果的な被リンク対策と獲得方法とは?ブログ初心者が取り組める戦略と施策を詳しく解説

リダイレクトは主に2種類。301リダイレクトと302リダイレクトの違いについて

リダイレクトはURLへのアクセスを転送する処理ですが、性質に応じてリダイレクトを使い分ける必要があります。

リダイレクトにはいくつか種類がありますが、主に以下の2種類より選択します。

  • 301リダイレクト:恒久的な転送の場合
  • 302リダイレクト:一時的な転送の場合

それぞれ詳しく解説します。

301リダイレクト

301リダイレクトは恒久的な転送の場合に使用します。

新たなURLへの転送がこの先も永続的に必要な場合は、301リダイレクトを行います。

なお301リダイレクトを設定すると、検索エンジン上のURLはしばらくすると新しい転送先のURLに置き換わります

リダイレクトが必要な場合は、通常はこちらの301リダイレクトを選んでおけば問題ありません。

302リダイレクト

302リダイレクトは一時的な転送の場合に使用します。

301リダイレクトとの違いは、転送先のURLが検索エンジンにインデックスされないこと。

サイトのメンテナンスや検証で一時的に別ページに転送をしたい場合はこちらを使います。

301リダイレクトの方法①:プラグインを使用する

いよいよここからは301リダイレクトを行う方法について具体的に解説していきます。

まずはリダイレクトの方法として最も簡単なのは、プラグインを使う方法です。

WordPressではリダイレクト用のプラグインがいくつもあるので、それを使います。

有名なものでは以下のものがあります。

Redirectionが有名ですが、今回はSimple 301 Redirectsでの設定をご紹介します。

設定といってもごくごく簡単で、転送元のパーマリンクと転送先のURLを指定するだけです。

プラグイン名で検索するとこのようなカードが現れます。

WordPressプラグイン:Simple 301 Redirects

インストールして起動すると、左ペインの設定に「301 Redirects」が加わるので、選択すると以下のとおり。

WordPressプラグイン:Simple 301 Redirectsの設定画面

「Request」に転送元のパーマリンクを入力し、「Destination」に転送先のURLを入力します。

設定はこれだけで終了です。

パーマリンクの前後に「/」をつけないとリダイレクトしないので、その点だけ注意してください。

なお、ダウンロード数を見ると圧倒的にRedirectionが使われているので、多数派が良い方は素直にRedirectionの方が良いかもしれませんね。

301リダイレクトの方法②:.htaccessを編集する

プラグインを増やしたくないという方は、.htaccessを編集する方法がおすすめです。

.htaccessとは、Webサーバーの基本的な動作をディレクトリ単位で設定できるファイルのこと。

サーバーのコントロールパネルから編集できるので、そちらから設定を行います。

なお、.htaccessの編集に失敗するとブログが表示されなくなったりなど、それなりに大きな被害が発生します

必ずバックアップを取った上で、慎重に作業をするようにしてください。

ここではConoHa WINGのコントロールパネルで、.htaccessへのアクセスを解説します。

コントロールパネルにログインし、画面上部のアイコンより「WING」を選択し、「サイト管理」を選択します。

ConoHa WING:コントロールパネル>サイト管理

「応用設定」より「.htaccess設定」を開きます。

ConoHa WING:応用設定>.htaccess設定

「.htaccess設定」くと、以下のように.htaccessを編集できます。

ConoHa WING:.htaccessの編集

例えば、このヨノイブログ内で転送をかけるとします。

  • 転送元URL:https://yonoi.com/old-page/
  • 転送先URL:https://yonoi.com/new-page/

この場合は、.htaccess内に以下を記述します。

RewriteEngine on

RewriteRule ^old-page/$ https://yonoi.com/new-page/ [R=301,L] 

なお、上記のコードは.htaccess内の「# BEGIN WordPress〜# END WordPress」の直下に記述すればOKです。

ただしConoHa WINGの場合、「# BEGIN WordPress〜# END WordPress」の直上直下に記述してもリダイレクトが効きません。

というのも、ConoHa WINGの.htaccessには、「# BEGIN WordPress〜」以外にも大量のコードが記述されており、リダイレクトに影響していると見られるため。

ConoHa WINGの場合は次に紹介するサーバーの基本機能を使った方法がおすすめです。

301リダイレクトの方法③:サーバーの基本機能を利用する

サーバーによっては、コントロールパネル内に301リダイレクト用の設定を用意している場合があります

たとえばConoHa WINGでは次のように、「基本設定」の直下に「サイト転送」としてURLを直接指定できるようになっています。

ConoHa WING:基本設定>リダイレクト設定

プラグインと同様に、転送元と転送先のURLを指定するだけですむため、簡単に設定できます。

またステータスコードも301と302を切り替えられるようになっています。

ただしこの方法はサーバーによって機能の条件が微妙に異なります。

Xサーバーでは同一ドメインのURLにはリダイレクト設定できないため、同一ドメイン内でリダイレクト設定を行う場合は、プラグインか.htaccessファイルで設定する必要があります。

リダイレクトで注意すべきポイント

ここではリダイレクトを行う際に注意しておきたいポイントについて紹介します。

低評価を受けたページのリダイレクトは必ずしも必要ではない

リダイレクトを行うと転送元のページの評価が引き継がれますが、これは良い評価だけでなく悪い評価についても同様です。

低品質な自演リンクやスパムリンクが原因でGoogleから悪い評価を受けているなら、リダイレクトはしない方がよいでしょう。

新たなURLで一から評価を算定してもらった方がよい結果が得られるパターンがあることは知っておきましょう。

301リダイレクトは一度設定したら基本は解除しない

301リダイレクトを設定したら、基本的には解除しない方がよいです。

なぜなら、被リンクを正確に把握できてない場合があるからです。

被リンクの確認はサーチコンソールの「外部リンク」にて確認できますが、被リンクの中にはサーチコンソール上に表示されないものもあります。

サーチコンソール上に反映されない被リンクを無効と判断して良いのか、もしくは表示されないだけで多少なりとも有効なのかは判断の難しいところです。

外部ツールなどで全ての被リンクを正確に把握できていれば別ですが、検索結果に表示されるURLが転送先のものに置き換わったからといって解除するのは、慎重になった方がよいかもしれません。

例外は前述のスパム系のリンクが付いている場合で、この辺りは順位変動を見つつ決めればよいかと思います。

まとめ:WordPressの301リダイレクトはサーバー機能をまずはチェック

WordPressでサイトを運営していると、301リダイレクトが必要な場面がいずれやってきます。

.htaccessを使えばプラグインを使わずにすみますが、.htaccessファイルは編集を失敗するとサイトが表示されなくなるなど、被害が甚大です。

最近ではConoHa WINGのようにサーバー側の機能でリダイレクトを用意していることもあるので、まずは.htaccessを触らずにすむ方法を探すのがおすすめです。

.htaccessを編集する場合は、サーバーによりコントロールパネルからのアクセス方法や中身の状態が異なります。

事前にバックアップを取るなど、万全の体勢で臨みましょう。

 

人気記事【2021年版】ブログアフィリエイトでおすすめのWordPressテーマ7選【有料・無料】

人気記事高速レンタルサーバーConoHA WINGのメリット・デメリットを解説!口コミ・評判も紹介