Amazonチャージで最大2.5%還元

Amazon Echoのライトリングの色・光り方別まとめ!これでEchoの状態がわかります

先日のプライムデーでAmazon Echoを購入しました。

早速、Amazon Music Unlimitedのスピーカーとして活躍してくれています。

Amazon Music Unlimitedのサービス内容を解説|評判や使い方、料金など【6,500万曲が聴ける】Amazon Music Unlimitedを評判や料金など徹底解説

Amazon Echoの特徴は音声による指示に反応してくれること。

さまざまなフレーズに反応してくれるので、手の離せない忙しい場面には何かと便利です。

ヨノイ

毎朝の天気と気温の確認はAlexaに聞いてます!

Amazon Echoとのやり取りはAlexaによる音声会話がメインですが、Echoはそれ以外にもライトリングと呼ばれる伝達方法を持っています。

ライトリングとはEchoの本体に組み込まれたリング状のライトのこと。

状態に応じて色と点灯のパターンが変化します。

すべてを覚えるのは大変ですが、中にはEchoの不調を伝えるものもあります。

どんな状態であるのかは何となくでもわかるようにしておきたいところです。

この記事ではAmazon Echoの11種類のライトリングについて紹介します。

実際にライトリングが光る瞬間の画像も掲載していますので、状態を確認したいときはぜひ参考にしてください。

Amazon Echoのライトリングとは

ライトリングとはAmazon Echoの状態を視覚的に表現するために組み込まれた、リング状のライトのこと。

本体上部のふちがライトとして発光するようになっており、色と光り方でEchoの状態を教えてくれます。

ライトリングには起動を示すような単純なものから、Echo本体の不調を示す深刻なものまで何種類かあります。

Echoの状態を把握するためにも、ライトリングのパターンについてある程度の把握ができるようにしておくと安心です。

≫ Amazon.co.jp ヘルプ: ライトリングについて

Amazon Echoのライトリングは11種類

Amazon Echoのライトリングの光り方には11種類のパターンがあります。

それぞれについて画像とともに説明していきます。

青色のリングが点灯し、水色のライトが回転している状態

Amazon Echo:水色のライトリングが回転

端末が起動している状態です。

Echoに向かって声をかけると、待機中のライトオフの状態からこの状態に移行します。

青色のリングが点灯し、水色のライトが一点に固定されている状態

声をかけた人に反応し、待機している状態です。

「アレクサ!」と声をかけると反応し、この状態へ移行します。

水色のライトの位置は反応した声の方向を示しています。

なおEchoに指示を出すときは都度「アレクサ」と呼ばなければなりませんが、使っているうちに段々と面倒くさくなってきます。

会話継続モードと呼ばれるモードを設定しておくと、この待機状態の間であれば、「アレクサ」という声かけなしに連続で指示が出せるようになります。

Alexaに毎回「アレクサ!」と呼びかけるのが面倒なら会話継続モードが便利です

煩雑さが一気になくなるので、ぜひ設定しておきたいおすすめの機能です。

青色と水色のリングが交互に点灯

Amazon Echo:青色と水色のリングが交互に点灯

Echoが応答している状態です。

指示された内容を処理している最中はこの状態になります。

「Alexa、○○の曲をかけて」など、Echoに向かって指示した直後に一時的にこの状態に移行します。

Alexaが「○○の曲をシャッフル再生します」と実行に移るとライトリングはオフに戻ります。

EchoでAlexaに使える実用性の高いフレーズまとめ!スピーカー以外の機能も充実!

黄色のライトが点滅している

Amazon Echo:黄色のライトが点滅している

未確認の通知がある状態です。

Alexa、通知を確認」と話しかけることで通知の内容を教えてくれます。

突然黄色に光るので焦ってしまいますが、実はただの通知です。

Amazonで注文した商品が配送されるたび、Echoには通知が届きます。

その都度Echoが黄色く光ることになるので、割とよく見る光景になるはずです。

画像では黄色がしっかり捉えられてないですが、実際は結構くっきりとした黄色に光ります。

オレンジ色のライトが回転している

Amazon Echo:オレンジ色のライトが回転

Wi-Fiネットワークに接続しようとしている状態です。

Alexaアプリからネットワークの再設定を行うとこの状態になります。

ネットワークの再設定は本体の「●」ボタンを6秒間押すことでも移行することができます。

ネットワークから切断されてしまうとEchoはほとんど何もできなくなります。

調子が悪そうな場合はWi-Fiの状態を復旧するなどして、再接続をしてやる必要があります。

赤色のライトリングが点灯

Amazon Echo:赤色のライトリングが点灯

Echoのマイクがオフになっている状態です。

Echo本体のマイクボタンを押してオンにすると解除されます。

掃除をしたときにマイクボタンをうっかり押してしまうとこうなります。

緑色のライトが点滅している

Echoが通話を受信している状態です。

または誰かがAlexaの「呼びかけ」機能を使用して、別のデバイスからEchoに対して「呼びかけ」を行っている状態です。

通話機能、呼びかけ機能を使用するためには電話番号の登録が必要です。

画像は準備でき次第追加します。

緑色のライトが回転している

Echoで通話中の状態です。

または「呼びかけ」の会話がされている最中の状態です。

こちらも画像は準備でき次第追加します。

白色のライトが点灯している

Amazon Echo:白色のライトが点灯

Echoの音量を調整している状態です。

Echoの音量は話しかけるか、本体の音量ボタンで調節できます。

Echoの音量は10段階で指示できますが、適当に勘で指示するといきなり爆音になったりするので、探り探りやることをおすすめします。

音量は「今より音量を少し下げて」のように相対的な音量の指示もできるので、そちらの方が無難そうです。

紫色のライトが継続して点滅

Amazon Echo:紫色のライトが継続して点滅

Wi-Fiの設定中にエラーが発生している状態です。

トラブルシューティングなどをもとに対応しましょう。

≫ Amazon.co.jp ヘルプ: Echo端末をWi-Fiに接続できません

画像はフリー素材からの借りものです。

Alexaとの会話後に紫色のライトが1回点滅

Echoのおやすみモードが有効になった状態です。

おやすみモードにすることで「呼び出し」「メッセージ」「呼びかけ」をすべて一時的に無効化できます。

≫ Amazon.co.jp ヘルプ: Alexaのおやすみモードを使用する

おやすみモードはAlexaアプリから設定することができます。

特定の時間になると自動的におやすみモードに移行するなどの設定も可能です。

すべてのライトリングがオフ

Amazon Echo:ライトリングがオフ

Echoが待機中の状態です。

指示を待っている状態ですので、声をかければ応答します。

まとめ:Amazon Echoのライトリングの状態は常に確認しておきましょう

Amazon Echoを利用する場合は、ライトリングの色を何となくでも把握しておくと安心です。

見慣れない色のライトが点灯したときは是非この記事を参考に、Echoの状態を確認していただければと思います。

また今後、Echoのライトリングが追加される可能性もあります。

その場合はこちらの記事でも随時追加していきますので、ぜひこちらの記事を継続的にご活用ください。

 

またこのブログではEchoやAlexaに関する記事を他にも書いています。

下記の記事のように、Echoを使いやすくする設定方法などについても紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください。

Alexaに「音声プロフィール」でそれぞれのユーザーを個別認識させよう!登録と設定方法について 遠くのAlexaに声をかけたいのに近くのAlexaが反応して困る場合はウェイクワードを設定しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です