Amazonギフト券にチャージで最大2.5%還元!

Alexaに「音声プロフィール」でそれぞれのユーザーを個別認識させよう!登録と設定方法について

ヨノイ

Alexaの応答や楽曲再生のリコメンドを家族ごとに最適化させたい!

Alexaには「音声プロフィール」という機能があることをご存じでしょうか。

音声プロフィールはユーザーの声をAlexaに覚えさせることのできる機能です。

ユーザーの音声を登録することで、Alexaは誰が喋っているかを聞き分けられるようになり、それぞれのユーザーごとに会話を学習し始めます。

応答がユーザーごとに最適化される他、本人確認を省略したりできるようになるため、ぜひ自分の声を登録しておきましょう。

Alexaの「音声プロフィール」機能のメリットとは?

Alexaの「音声プロフィール」機能に登録することで、音声によるパーソナライズが可能になります。

具体的には「音声プロフィール」の登録で、以下のことが可能になります。

  1. 音声ショッピングによる注文を自分以外ができないようにできる。
  2. 音楽再生の際に、声でユーザーを聞き分けて楽曲再生をカスタマイズしてくれる。
  3. フラッシュニュースの再生時に、一度再生したニュースをスキップしてくれる。
  4. 自分宛てのメッセージのみを確認することができる。
  5. 自分からのメッセージだけを送信できる。

音声プロフィール機能により、音声でユーザーを認識できるようになるため、個人を認証するプロセスが省略できるようになります。

さらに、ユーザーごとに応答の履歴を管理できることからその個人に最適化されたコンテンツが提供できるようになります。

ヨノイ

めっさ執事の世界や…。

音声プロフィールは音声ショッピングの誤発注防止に有効

特に音声ショッピングに関して、音声プロフィールは有効です。

あまり知られていませんが、デフォルト設定の場合、誰でもAlexaから音声ショッピングで注文できてしまいます。

音声プロフィールを登録しておくことで、幼児のイタズラなどによる誤注文を防ぐことができます。

Echoで音楽を聴くならAmazon Music Unlimitedがおすすめ

Echoで音楽を聴く場合、Alexaに指示することで再生が可能ですが、Prime Musicだと再生できる楽曲数的にやや物足りません。

せっかくAlexaに楽曲再生をお願いしても、「Prime Musicでは再生できません」と断られることが多いはず。

せっかくAlexaがパーソナライズしてくれるので、Amazon Music Unlimitedに加入しておくと楽曲再生の幅が一気に広がります。

現在、Amazon Music Unlimitedでは、初回の方に限り30日間の無料体験を行っています。

6,500万曲が再生可能と、Apple MusicやSpotifyと同レベルの音楽サービスなので、まだ体験してない方はぜひお試しで登録してみてください。

>>Amazon Music Unlimitedはこちらから

Alexaの「音声プロフィール」機能の設定方法について

「音声プロフィール」機能への登録は、スマホのAlexaアプリより行います。

①まず、アプリの左上のメニューより、「設定」をタップします。

Alexaアプリ:設定②「アカウントの設定」をタップします。

Alexaアプリ:Alexaアカウント

③「音声の識別」をタップします。

Alexaアプリ:音声の識別

④「音声プロフィールを作成」をタップします。

Alexaアプリ:音声プロフィール

⑤「ようこそ、◯◯さん」のメッセージが表示され、プライバシーポリシーに基づいた規約に同意することを求められます。

Alexaアプリ:音声プロフィール登録

よく目を通した上で「同意」をタップします。

⑥「音声プロフィール」の登録がスタートします。

Alexaアプリ:音声プロフィール登録

登録するためには、5分以内に次の手順を進めていきます。

  1. 近くにあるデバイスをすべてミュート状態にする。
  2. 周囲を静かな状態にする。
  3. デバイスから30~150cmの距離に立つ。
  4. 「アレクサ、私の声を覚えて」と言い、反応したAlexaの指示に従う。

Alexaに「アレクサ、私の声を覚えて」と話しかけると、登録の手順を説明してくれます。

登録の方法は、Alexaが話す4つの例文をそのまま復唱していくだけです。

長い文章ではないですしサクサク進んでいくので、数分もあれば登録作業は終了です。

以上で音声の個別認識ができるようになります。

ヨノイ

以前は例文が10個もあったのですが、精度が上がったのか数が少なくなったようです!進化している!

2人目以降の音声プロフィールを追加する方法

家族がいる場合など、音声プロフィールを追加で登録したい場合は下記の手順で行います。

  1. 1人目を登録したAlexaアプリから一旦サインアウトします。
  2. 1人目と同じアカウントでサインインしなおします。
  3. 「あなたのことを教えてください」と表示されるので「これは私ではありません/違います」を選択します(下の画像参照)。
  4. Alexaアプリの案内する手順に従って新しいユーザープロフィールを追加します。
  5. 「設定」>「アカウントの設定」>「音声の識別」を選択して、1人目と同様に音声プロフィールを設定します。

Alexaアプリ:音声プロフィールの追加

この手順を繰り返すことで家族全員の音声プロフィールを作成することができます。

なお、登録は別のスマホにAlexaアプリをダウンロードして行うことも可能です。

また、⑤の音声プロフィールの作成は、メニューの「マイプロフィール」>「音声」からでもアクセスできます。

Alexaの「音声プロフィール」機能でできないことは?

現時点(2020年1月時点)では、Alexaの音声プロフィールで「登録した音声でしかAlexaが起動しないようにする」という使い方はできません。

ユーザーの音声を聞き分けられているので技術的には可能であるように思えますが、現時点では対応していません。

ですが、個人的にはぜひ搭載してほしい機能ですね。

AlexaなりEchoなりを利用していて一番の不満は、何でもかんでも「アレクサ」という音声に反応してしまうことです。

ヨノイ

せめてテレビCMの「アレクサ」には反応しないようにしてほしい…。

テレビCMに反応してしまうのも大概ですが、家族の間での会話の中で単語として出ただけで反応してしまうのも少し不安になるものがあります。

Echoに複数のアカウントを登録することはできる?

現時点では、EchoにリンクできるAmazonアカウントは一つだけです。

Echoに複数のアカウントをリンクし、それぞれに音声プロフィールを登録するといった利用の仕方はできません。

アメリカでは複数人で利用可能なEchoが発売されているらしいのですが、国内では未対応とのこと。

現時点では、一つのアカウント内に複数の音声プロフィールを登録するといった使い方しかできません。

ヨノイ

音声プロフィールを利用して別アカウントのAlexaを起動するようなことはまだできないようです。

「音声プロフィール」か確認コードの設定は誤注文防止のためしておきましょう

Alexaは、デフォルトの設定で音声ショッピングが「オン」、確認コードが「オフ」と誰でも認証なしに注文しまくれるガバガバな設定になっています。

確認コードは誤注文やなりすましを防止するために、購入前に4桁の番号を要求される機能ですが、デフォルトでは「オフ」です。

ヨノイ

まさかの誰でも注文しまくれる状態です!

安全な自宅の中にEchoを置いてあるとは言え、これでは少々不安なので、設定の変更はしておきましょう。

「音声プロフィール」機能を利用しない場合は、音声ショッピング自体をオフにするか、確認コードを「オン」が推奨です。

こうしておくことで、誰でも音声ショッピングで注文することのできる状態は、とりあえず回避することができます。

音声プロフィールはセキュリティとパーソナライズを加速させるので設定しておきましょう

音声プロフィールは登録しておくことでユーザーにとってより利便性が高まる機能なので、ぜひ登録しておきたい機能です。

期待度の高まる機能ではありますが、AlexaやEchoに関しては残念ながら、英語圏で新たな機能が実装されても日本語対応はやや遅れ気味です。

機能追加のアナウンスもあまり積極的に行われてないようなので、Echoユーザーの方は情報をキャッチできるようアンテナを張っておくのがおすすめです。

ヨノイ

日本語の話者は母数が少ないから仕方ない…。

今後様々な機能が追加されていくことを期待して待ちましょう。

(追記)

ぶっちゃけ現状のAlexaは会話において面倒な部分が多いので、この辺も一緒に設定しておくと幸せになれますよ。

関連記事:Alexaに毎回「アレクサ!」と呼びかけるのが面倒なら会話継続モードが便利です

ウェイクワードを変えないまでも、デバイスの名前を変えるだけで結構マシになります。

関連記事:遠くのAlexaに声をかけたいのに近くのAlexaが反応して困る場合はウェイクワードを設定しましょう

 

人気記事U-NEXTの評判は?メリット、デメリットを一挙解説

人気記事動画配信サービス12社を徹底比較!本当におすすめできるVODランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です