Amazonチャージで最大2.5%還元

【6,500万曲が聴ける】Amazon Music Unlimitedを評判や料金など徹底解説

Amazon Music Unlimitedのサービス内容を解説|評判や使い方、料金など

ヨノイ

Amazon Music Unlimitedってどんなサービス?音楽サービスとしての優位性は何?

このような疑問にお答えします。

Amazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)はAmazonが提供する音楽配信サービス。

配信される楽曲は6,500万曲以上と国内最大級で、楽曲はどれも聴き放題なのが特徴です。

しかし音楽配信サービスは群雄割拠の時代。

Apple MusicやSpotifyなど、魅力的なサービスが他にも存在します。

代表的な音楽配信サービス

  • Amazon Music Unlimited
  • Apple Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • mora

選択肢は豊富であると言えますが、その分違いをきちんと把握しておきたいところですよね。

そこでこの記事では、Amazon Music Unlimitedの基本的な情報を初めての方にも分かりやすく解説します。

ちなみに私はApple Music、Spotifyとあわせて使ってきましたが、今ではAmazon Music Unlimited一本に絞っています。

実際に使用する中で感じたこともご紹介しますので、ぜひサービス選びの参考にしていただければと思います。

\音楽サブスクNo.1の6,500万曲が聴ける!/

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

Amazon Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)とは?

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

Amazon Music Unlimitedとは、Amazonが提供する有料の音楽配信サービスです。

6,500万曲以上が聴き放題で、聴きたい曲を広告なしで楽しめます。

さらにAmazon Music Unlimitedにはダウンロード再生機能も備わっているため、オフライン環境でも音楽を試聴することが可能。

場所を問わず、どこでも音楽を楽しむことができます。

またAmazon Music Unlimitedの最大のメリットはAmazonデバイスとの連携が抜群によいところ。

特にAIアシスタントであるAlexaを利用することで、音声による再生指示や好みの楽曲の判断までしてくれるようになります。

Alexaに「音声プロフィール」でそれぞれのユーザーを個別認識させよう!登録と設定方法について

Prime Music(プライムミュージック)と比較して違いは何?

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

AmazonにはPrime Music(プライムミュージック)というもう一つの音楽サービスがあります。

このPrime MusicはAmazonプライム加入者が利用できる特典。

Music Unlimitedのように、Amazonの楽曲データの中から無料で音楽を試聴できます。

Prime Musicはプライム会費を払えばそれ以外に費用がかからないのがポイントではありますが、サービス内容はあくまでただで利用できる特典のレベル。

有料サービスであるMusic Unlimitedと比べると内容は大きく劣ります。

比較してみると下記のとおり。

 Amazon Music UnlimitedPrime Music
サービスの種類定額制サービスAmazonプライム内の特典
配信楽曲数6,500万曲以上200万曲以上
料金(税込)・個人プラン:月額980円
 (プライム会員なら月額780円、年額7,800円)
・ファミリープラン:月額1,480円
 (プライム会員なら年額14,800円)
・Echoプラン:月額380円
Amazonプライム会費のみ(月額500円/年額4,900円)
無料体験30日間30日間
広告なしなし

ヨノイ

プライムミュージックで200万曲も聴ければ十分なのでは…?

と思うかもしれませんが、200万曲って意外と聴けない曲が多いんですよね。

Alexaにリクエストしても対象外の楽曲として聴けず、代わりにMusic Unlimitedへの入会を促され続けると地味にストレスです。

(Alexaに再生を指示した曲がPrime Music対象外だとそのようなメッセージを言ってきます)

MEMO
ちなみにアルバム1枚を12曲と考えて単純に200万曲を12で割ると16万7千。 アルバムタイトルとして16万7千枚と考えると、やはりそう多いわけではないですよね。

聞くところによると渋谷のタワーレコードが在庫80万枚ということらしいので、そう考えると何となくボリューム感が見えてくるかもしれません。 (あくまでタイトル数ではなく「在庫数」なので単純比較はできませんが)

この辺りのボリュームの少なさは実際に体感してみるとわかるかと思います。

Amazon Music Unlimitedの料金プラン

ここではAmazon Music Unlimitedの料金やプランについて解説します。

Amazon Music Unlimitedの複数のプラン

Amazon Music Unlimitedは利用の仕方にあわせて複数のプランを用意しています。

それぞれ下記のとおり。

プラン名月額料金月額料金
(プライム会員)
年額料金
(プライム会員)
登録アカウント数
個人プラン980円780円7,800円1
ファミリープラン1,480円1,480円14,800円6
Echoプラン380円380円1

比較要素は料金と登録アカウント数のみ。

たとえば個人プラントファミリープランでは一年間の料金が2倍近く違いますが、登録アカウント数は5つも違います。

利用環境によってかなりコスパが変わってきますので、自身に最適なプラン選びをすることが大切です。

個人プラン

基本となるのが個人プラン。

月額980円のところ、プライム会員だと値下げされて月額780円に。

年間で一括払いにすることで年額7,800円とさらに2ヶ月分も安くなります。

ただし利用できるアカウントは1つのみ。

シェアする使い方には向かないので、家族で共有する予定のない方向けのプランですね。

ファミリープラン

ファミリープランはアカウントを6つまで登録可能にしたもの。

家族で楽しみたい場合はこちらですね。

なお月額は1,480円でプライム会員のみ年額14,800円で利用可能です。

なおプラン料金は個人プランと2倍近く違いますが、アカウント数から考えるとコスパは圧倒的にこちらが上。

家族で違う音楽サービスを利用している場合はAmazon Music Unlimitedに集約するのもありだと思います。

Echoプラン

Echoプランは音楽の再生を特定のEchoに限定したプラン。

安いのがメリットですが、特定のEchoでしかAmazon Music Unlimitedが再生できません。

利用場面がかなり限定されるのでその点にだけは注意ですね。

Amazon Music Unlimitedの無料体験

Amazon Music Unlimitedは初回30日間の無料体験を用意しています。

文字通りサービスそのものを丸ごと無料で体験できますので、気になる方はぜひ登録してみましょう。

なお無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

万が一サービスが合わなかった場合も安心して解約できます。

\音楽サブスクNo.1の6,500万曲が聴ける!/

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

Amazon Music Unlimitedの使い方

ここではAmazon Music UnlimitedのPCからの使い方を簡単に説明します。

まずはPCのブラウザでアクセスした場合の画面です。

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

左ペインにメニューがずらっと並び、画面の中央には「今週のピックアップ」「ニュースリリース」「人気ランキング」「最近の再生」などのカテゴリごとにプレイリストやミュージシャンの画像が並びます。

上部の検索ボックスに探したいアーティスト名を入力すると、このように検索できます。

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

欅坂46で検索してみました。

アーティスト、楽曲が混じったかたちでの「検索結果」と「アーティスト」としての検索結果、楽曲としての検索結果が表示されます。

アーティストの「欅坂46」をクリックすると、アーティストページが開きます。

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

「人気のある楽曲」「人気のあるアルバム」で画面が二分されているかたちですね。

「人気のある楽曲」

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

こちらは「人気のあるアルバム」

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

それぞれをクリックするとさらに詳細な一覧が並びます。

こちらは「人気のある楽曲」

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

こちらは「人気のあるアルバム」

Amazon Music Unlimited:使い方・評判

楽曲をクリックすればそこから下に向かって順に再生されていくかたち。

アルバムをクリックすればアルバムの楽曲ごとですね。

…。

ぶっちゃけこれ、画面の設計がApple Musicとほぼ同じなんですよね。

Apple Musicの方が画面から徹底的に無駄を省いている分、垢抜けて見えるのですが、操作感や設計の思想はApple MusicとAmazon Music Unlimitedでほぼ同じ。

ヨノイ

どっちかがどっちかをパク(ry

ですので、Apple Musicから移籍される方はほとんど迷うことはないはずです。

SpotifyはUIが独自路線を行っているので、またApple Musicとも違うのですが、それほど戸惑うこともないはず。

感覚的にすぐ把握できるので、問題なく使えるかと思います。

Amazon Music Unlimitedのメリット

Amazon Music Unlimitedが他のサービスと比較して優れている部分について解説していきます。

配信楽曲数が他と比べてもトップクラス

Amazon Music Unlimitedの配信楽曲数は6,500万曲以上。

この6,500万曲以上という数字は、音楽配信サービスの中でもトップクラスです。

同様の音楽配信サービスと比較してみるとこのような感じ。

サービス名配信楽曲数
Amazon Music Unlimited6,500万曲
Apple Music6,000万曲
LINE MUSIC6,000万曲
Spotify4,000万曲

楽曲数で2位のApple Musicに500万曲差と、Amazon Music Unlimitedは同様のサービスから頭一つ抜けています。

当然、楽曲の再生の間に広告は入りませんので、視聴環境も快適です。

Amazonデバイスとの連携が抜群によい

最近のAmazonデバイスのほとんどにはAIアシスタントのAlexaが搭載済みですが、Music UnlimitedはAlexaに話しかけることですぐに再生が可能です。

もちろん楽曲やアーティスト、アルバムを個別に指示することもできますし、「アップテンポの曲」といった曖昧な指示にも対応してくれます。

ヨノイ

もちろん音声で!

Music UnlimitedはiPhoneやAndroidスマホを始め、FireタブレットシリーズやEchoなど、ほぼすべてのAmazonデバイスで再生が可能。

AlexaはAmazonデバイス間で連携できるので、再生履歴なども共有できます。

どのデバイスで利用しても履歴はすべて一つに統合できるので、Alexaの保有するデータがよりユーザーの体験に近づいたものになります。

Alexaが再生履歴やユーザーの指示内容から最適なプレイリストを生成

Amazon Music Unlimitedの再生履歴はAlexaに参照されます。

Alexaは履歴に基づいて個人の好みなどを判別し、プレイリストを自動生成する際に反映してくれるようになります。

さらにAlexaには「音声プロフィール」という音声により個人を識別する機能が搭載されています。

Alexaの音声プロフィール機能は、ユーザーの音声を登録することでAlexaが声色で個人を認識できるようになるもの。

この機能により、好みをより一層、的確に判断してくれるようになっていきます。

実際にEchoなど音声指示メインで使用してみるとわかるのですが、視覚情報がないと意外と再生指示がワンパターンになりがちなんですよね。

ヨノイ

普段は気づきませんが、音楽のチョイスも画面に表示されている視覚情報に刺激されていることがよくわかります。

そういった場合にはあえて曖昧な指示からプレイリストを呼び出すのが最適です。

Alexaは曖昧な形容詞にもとづいたリコメンドも可能なので、「楽しい曲を再生して」とか適当に指示をしてもいい感じに曲をピックアップしてくれます。

もちろん聞いたことのない曲も含まれますが、その中で好き嫌いを判別していけばよい話。

それが自然に次回以降のリコメンドに反映されていき、よりユーザーの好みを反映したリコメンドに近づいていくといったかたちです。

他社の音楽配信サービスと比較して安い

他社サービスと比較してみるとMusic Unlimitedの安さが際立ちます。

一覧にまとめるとこのような感じ。

サービス名月額料金年額料金
Amazon Music Unlimited780円7,800円
LINE MUSIC980円9,600円
Apple Music980円9,800円
Spotyfy980円

特にプライム会員の場合はさらに安くなるので、完全に他社を引き離しています。

よほど好みのアーティストを独占配信しているとかでもない限り、客観的に見てもAmazonの勝ちと言えます。

Amazon Music Unlimitedのデメリット

次にMusic Unlimitedを利用するうえでのデメリットです。

スマホとの相性でサービスを選んでいる場合に乗り換えにくい

やや分かりづらいかもですが、たとえばiPhoneユーザーの場合はApple Musicを使っていることが多いでしょうし、その場合は心理的にやや乗り換えづらいかもしれません。

Androidの場合はGoogle Play MusicやSotifyユーザーが多いのかもしれないですね。

ただAmazon Music UnlimitedだからといってiPhoneで使いづらいかと言えば決してそんなことはないですね。

無料期間もありますし、一度両方のサービスを平行で使ってみて、実際に確かめてみるのはありだと思います。

Amazon Music Unlimitedの評判

Amazon Music Unlimitedの評判を見てみましょう。

わりといろいろな評価がありますね…。

UIはアプリのことを言ってるのかPC版のことを言っているのかなどでまた見解が分かれますが、わりと慣れの範囲もあるのかなと。

やはり実際に自分で使って確かめてみるのが一番かもしれませんね。

Amazon Music Unlimitedはどんな人におすすめか

Amazon Music Unlimitedがおすすめな人はこのような人ですね。

Amazon Music Unlimitedがおすすめな人

  • 音楽が好きでともかくたくさんのジャンル・曲を聴きたい
  • 自分の知らない音楽を開拓していきたい
  • Amazonが大好きでAmazonデバイスをたくさん持っている(特にEcho)

Amazon Music Unlimitedはもちろん安さもアピールポイントですが、それ以上に推したいのは音楽体験の厚さです。

やはり楽曲数の多さは正義ですよね。

サブスクリプションが一般的になる前は、まず先に音楽のことを知ってないとなかなか聴く対象になりえませんでしたが、今ではAIアシスタントが自動でいい感じにリコメンドしてくれます。

まだまだ発展途上な部分も多いですが、AlexaやEchoのような存在が加わることで音楽体験は確実に変化しています。

ぜひ最高のアーカイブを利用して音楽を楽しんでみましょう。

まずは30日間の無料体験に登録してみよう

とは言え、慣れた音楽環境をいきなりガラッと変えるのも勇気がいりますよね。

そこでおすすめなのは、30日間の無料体験を利用してみることです。

登録して30日間は料金がかからないので、いま利用しているサービスを残したままチャレンジすることができます。

期間は十分ありますので、その間にMusic Unlimitedを試してみて、細かい部分を納得いくまで比較してみましょう。

またMusic Unlimitedは時折、月額料金が激安になるキャンペーンを開催することでも有名です。

ごくまれに4ヶ月間99円キャンペーンなどを行うこともあるので、そのようなバナーを見かけたら登録のチャンスですよ。

Music Unlimitedが気になる方は、ぜひ無料体験で6,500万曲の世界を覗いてみてください。

\音楽サブスクNo.1の6,500万曲が聴ける!/

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

人気記事U-NEXTの評判は?メリット、デメリットを一挙解説

人気記事動画配信サービス12社を徹底比較!本当におすすめできるVODランキングがこちら