Fireタブレット

Fireタブレットを初期化して購入時の状態へリセットする方法

2019年12月8日

この記事ではFireタブレットを初期化(リセット)して購入時の状態に戻す方法について説明します。

Fireタブレットの調子が悪く改善しない場合、初期化して再セットアップしてみるのは有力な解決策の一つです。

また、デバイスを他人に譲る場合なども、個人情報を削除するために初期化は必須の作業です。

それ以外にも、一度入れたGoogle Playストアをアンインストールしたい場合に初期化は有効です。

Google Playストアを入れたけど普通にアンインストールで大丈夫なのか心配…。

初期化を行うと出荷時のクリーンな状態に戻せるので、対応の判断がつかないような場合にもとりあえず間違いない選択肢かと思います。

それでは、以下で手順を見ていきましょう。

初期化(リセット)する前にはバックアップが必須

Fireタブレットを初期化すると、デバイスに保存していた写真や個別のドキュメントなどが消えてしまいます。

残しておきたいものがあれば、PCへ送るなどしてバックアップを取っておきましょう。

Amazonで購入したコンテンツ

Amazonで購入したコンテンツは、アカウントから再ダウンロードできます。

初期化後に再度デバイスへダウンロードすることで、元の状態に復元することが可能です。

Kindle Unlimitedなどのコンテンツもライブラリにダウンロードしておくことで再ダウンロードできます。

Amazonコンテンツ以外に保存しているドキュメントや画像

Fireタブレットで写真を撮る人はあまりいないかもしれませんが、画像や写真などのファイルを保存している場合は、PCなど別媒体にセーブを取っておきましょう。

Amazonのクラウドストレージに送っておくのもおすすめです。

Amazon DriveはAmazonアカウントがあれば5GBまで割り当てられています。

わりと認知度の低いサービスですが、完全に無料なのでこういう機会に使うのもアリだと思います。

また、プライム会員ならAmazon Photosも容量無制限で使用できます。

Amazonドライブとプライムフォトの利用方法はこちら!無料ストレージを積極的に使いましょう

続きを見る

あらかじめ用意しておいた方がいいもの

Fireタブレットの再セットアップの際に必要になるため、以下を準備しておくとよいと思います。

  • Amazonアカウントのパスワード
  • 自宅のWi-FiのSSID名と暗号化キー(パスワード)

初期化が終了したら購入時に行ったセットアップをもう一度行うので、そこで入力を求められます。

セットアップが始まってから探し始めるのは激しくダルいので、あらかじめ準備してきましょう。

Fireタブレットの初期化の手順

以下、Fireタブレットの初期化の方法についてです。

説明はAmazon公式にある内容に沿っていますが、画像がある分こちらの方がわかりやすいかと思います。

また、Fire OSのバージョンごとに画像を用意しているので、お手持ちのデバイスにあわせてご覧ください。

Fire OSのバージョンFireタブレットの種類
Fire OS 5Fire HD 10(2017)
Fire OS 6Fire HD 8(2018)、Fire 7(2019)
Fire OS 7Fire HD 10(2019)
なおFire OS 7の画像は用意でき次第追加します!

画面の上部のメニューから「設定」を選択

画面の上部からスワイプすることで、メニューが表示されるので「設定」アイコンを選択します。

①Fire OS 5の場合

Fire OS 5:メニュー

②Fire OS 6の場合

Fire OS 6:メニュー

③Fire OS 7の場合

Fireタブレットに最も簡単にGoogle Playをインストールする方法

「端末オプション」または「デバイスオプション」を選択

Fire OSのバージョンによって名称が異なりますが、「設定」から「端末オプション」または「デバイスオプション」をタップします。

①Fire OS 5の場合

Fire OS 5:端末オプション

②Fire OS 6の場合

Fire OS 6:デバイスオプション

③Fire OS 7の場合

Fire OS 7:端末オプション

「工場出荷時の設定にリセット」をタップ

「工場出荷時の設定にリセット」をタップします。

①Fire OS 5の場合

Fire OS 5:工場出荷時の設定にリセット

②Fire OS 6の場合

Fire OS 6:工場出荷時の設定にリセット

③Fire OS 7の場合

Fire OS 7:工場出荷時の設定にリセット

表示を確認して「リセット」をタップ

初期化の最終確認をされます。「リセット」をタップすると初期化が始まり、以降は復元できません。

①Fire OS 5の場合

Fire OS 5:工場出荷時の設定にリセット

②Fire OS 6、Fire OS 7の場合

Fire OS 6:工場出荷時の設定にリセット

初期化が終了したら再セットアップが開始

初期化が終了したら再セットアップ画面が表示されます。

以前入力していたAmazonアカウントの実名とWi-Fi名が表示され、Amazonアカウントの情報とWi-Fiの接続情報を引き継ぐか聞かれます。

継続して使用する場合はアカウントをそのまま使用でOKですが、別アカウントを登録する場合は前のアカウントを削除する必要があります。

ちなみにFire OS 6での確認なので、OSのバージョンが異なるとこの辺の流れは若干違うかもしれません!

アカウントの入力に進むと初期セットアップが始まるので、指示に従って入力していきます。

セットアップが終わってホーム画面が起動したら必要に応じてコンテンツやアプリを再ダウンロードして終了です。

バックアップだけはしっかり忘れずに

再インストール系の作業でありがちな失敗が、バックアップのし忘れや再ダウンロードができないという現象です。

Fireタブレット内に消えてしまうと困るデータがないか作業の前にしっかり確認をしたうえで、作業を行いましょう。

クリーンインストール後におすすめの設定はこちらの記事をご覧ください。

Fireタブレットを便利に使い倒す!購入したらすぐにやっておくべき9つの設定
Fireタブレットを便利に使い倒す!購入したらすぐにやっておくべき9つの設定

続きを見る

Google Playのインストールはこちら。

Fireタブレットに最も簡単にGoogle Playをインストールする方法
Fireタブレットに最も簡単にGoogle Playをインストールする方法

続きを見る

スポンサードリンク

-Fireタブレット

© 2020 ヨノイログ