Amazonチャージで最大2.5%還元

Amazonの Fire HD 8 Plus(2020/第10世代)は買い?使い勝手をレビュー

Fire HD 8 Plusレビュー

Fire HD 8 Plusってどんなモデルなんだろう?通常版とどう違うのかな?どちらを買えばいいか迷っているので口コミや評価が知りたい。

Fire HD 8 Plus(アマゾンファイアHDプラス)は第10世代となるFire HD 8の上位モデル。

人気のFire HD 8の基本性能をアップさせ、よりパワフルに使いやすくしたデバイスです。

僕もFire HD 8 Plusの発売にあわせて購入。

ある程度使用してデバイスの感触もつかめてきたので、レビューを書いてみたいと思います。

なお結論から言うと、Fire HD 8 Plus、めちゃくちゃいいですね。

基本性能の向上にあわせてワイヤレス充電を採用などで使い勝手も向上しており、Fire HD 8の良さをより加速させたかたちです。

これまでも「Fire HD 10とFire HD 8、どちらを買うか?」はちょっとした悩みどころでしたが、今まで以上に人気を二分することは間違いないかと。

それではFire HD 8 Plusについて詳しく解説していきます。

第8世代(2018年)モデルからスペックが向上したポイント

Fire HD 8 Plusは多くの部分で旧モデルから仕様を刷新。

使い勝手も大きく向上しています。

形状からして変わったので、手に持っただけでもずいぶんと新鮮に感じますね。

以下、旧モデル(2018年/第8世代)から向上した箇所です。

Fire HD 8 Plusの特徴

  • 本体の縦横比のサイズがより正方形よりに変更
  • 画面の輝度が向上、より明るく鮮やかに
  • CPUのクロック数が1.3GHz→2.0GHzへ
  • 本体RAMが従来の1.5GB→3.0GBへ
  • 本体ストレージが16/32GB→32/64GBへ
  • バッテリー駆動時間が最大10時間→12時間へ
  • ゲームモードの搭載
  • ワイヤレス充電の採用

主には基本性能の向上はもちろんのこと、本体サイズの縦横比の変更ワイヤレス充電の採用など、かなり目新しいスペックアップがはかられています。

とくにワイヤレス充電はそれ単体でも便利ですが、これを搭載したことによってはじめてShowモードとAlexaハンズフリーが実用的になったと言っていいくらい。

またゲームモードによりゲームを高速化できるなど、オールラウンダーなFire HD 8の特性をさらに加速させるアップデートが施されていると言えます。

Fire HD 8 Plusのスペックと価格について

ここではまずFire HD 8 Plusのスペックと価格について解説します。

Fire HD 8 Plusのスペック一覧

本家Fire HD 8とは別ラインとして新たに登場したFire HD 8 Plusですが、まずはスペックを並べてみます。

ノーマルのFire HD 8も含めて比較すると以下のようになります。

 Fire HD 8 Plus タブレットFire HD 8 タブレット
世代第10世代(2020年発売)
イメージ
カラースレートブラック、ブルー、ホワイト
価格11,980円13,980円9,980円11,980円
ディスプレイ8インチHD、IPSディスプレイ、高度な偏光フィルター搭載
解像度1280 × 800 (189ppi)
OSバージョン(出荷時)Fire OS 7
Bluetoothバージョン5.0LE
プロセッサ2.0GHz クアッドコア
RAM3GB2GB
オーディオ3.5mmステレオジャック、内蔵Dolby Atmosデュアルステレオスピーカー
センサーアクセロメータ、環境光センサー
マルチタッチ5ポイント
Alexa搭載◯(ハンズフリーモード対応)
ストレージ32GB64GB32GB64GB
microSDカードスロット1TBまで対応
カメラ2メガピクセルフロントカメラとリアカメラ、720pHDビデオ録画
位置情報サービスWiFi経由の位置情報サービス(GPSの搭載はなし)
Wi-Fiデュアルバンド a/b/g/n/ac ※wifi 6(802.11 ax)は非対応
バッテリー最大12時間
ワイヤレス充電非対応
充電時間同梱のUSB-C(2.0)ケーブル、9W充電アダプタで約4時間同梱のUSB-C(2.0)ケーブル、5W充電アダプタで約5時間
入出力USB-C(2.0)コネクタ
サイズ202 × 137 × 9.7mm
ゲームモード
重量355g
保証90日間限定保証付き(国内の場合は別売で延長オプションあり)

実はかなり多くの仕様がノーマル版のFire HD 8と共通なんですよね。

違いをピックアップすると下記のとおり。

Fire HD 8 Plusとノーマル版の違い

  • 本体カラーがFire HD 8 Plusはスレート1色のみに対しノーマル版は3色
  • Fire HD 8 PlusはRAMが3GB
  • Fire HD 8 Plusはワイヤレス充電に対応
  • 同梱の充電アダプタのW数が異なる
  • 本体価格が異なる

ずばりPlusとノーマル版を分けるのはRAMの容量ワイヤレス充電の有無ですね。

RAMが3GBに増えたことで、アプリを動かしても余裕を感じられるようになりました。

FireタブレットのRAMに関しては、コストカット部分として毎度ぎりぎりを攻めている感じだったので、ここは使い勝手に直結するポイントとして歓迎したいところですね。

Fire HD 8 Plusの本体価格について

本体価格は以下のとおり。

 32GB64GB
Fire HD 8 Plus11,980円13,980円
Fire HD 8 Plus + ワイヤレス充電スタンドセット14,980円16,980円
Fire HD 89,980円11,980円

Fire HD 8 Plusはワイヤレス充電スタンドとのセットも発売されており、別々に買うよりも1,600円程度安くなります

ワイヤレスを利用したい方はセットでの購入をおすすめします。

またワイヤレス充電スタンドに加えて、純正カバーとのセットもあります。

必要な方はまとめて買ってしまうのがお得です。

Fire HD 8 Plusの本体ディテール

Fire HD 8 Plus本体について、画像を使いながら解説していきます。

前のモデルのレビュー記事と比較しながら見ていただくと発見があって面白いかもしれません。

【Amazon】Fire HD 8タブレット(2018/第8世代)をレビュー!最初の1台に最適な高コスパモデル

Fire HD 8 Plusの本体や付属品

まずは外箱です。

Fire HD 8 Plusレビュー

以前は千歳飴っぽいくさび形をしていましたが、最近は箱形に移行していますね。

本体一式です。

Fire HD 8 Plusレビュー

リーフレットの色やデザインが以前と変わっていたりします。

本体です。

Fire HD 8 Plusレビュー

画面サイズは変わっていませんが、この第10世代モデルから本体の縦横サイズが変わっています。

縦が短くなり横に広がったかたちで、要はずんぐりむっくりになった格好です。

なお画像の本体ディスプレイには映り込み防止のために、アンチグレアフィルムを貼っています。

画像だとかなりマットな質感ですが、素の何も貼ってない状態だとやはりかなり映り込みます

ヨノイ

毎度言っている気がしますが……。

Fireタブレットを買うならアンチグレアフィルムは必須ですね。

ちなみに今回購入したのは下記のフィルム。

ぶっちゃけ、アンチグレア度は結構低いです。

アンチグレアフィルムなら下記のASDEC製品がおすすめ。

かなり強力に映り込みを阻止してくれます。

次に背面。

Fire HD 8 Plusレビュー

大きな特徴は、ロゴや技適マークなどが横向きになったこと。

またカラーもこれまでのブラックからスレートへと変更され、色味のあるグレー系統の色に変わっています。

結構ガジェットらしい色ですね。

カメラの位置がこれまでの向かって左端から右端へと移動しています。

Fire HD 8 Plusレビュー(カメラ)

ロゴは横向きに。

Fire HD 8 Plusレビュー(背面ロゴ)

ロゴもFire HD 10(2019)からの流れどおり「amazon」の文言が消え、スマイルマークのみへと変更されています。

付属品の9Wコンセントです。

Fire HD 8 Plusレビュー(9Wコンセント)

こちらも外装がマットな素材感のものに変わり、さりげなくamazonマークが入っています。

裏面は普通のUSBコネクタですね。

Fire HD 8 Plusレビュー(コンセント)

ケーブルはこのような感じ。

Fire HD 8 Plusレビュー(ケーブル)

Fire HD 8シリーズも今回から端子がUSB-Cへと変更されています。

コンセント側。

Fire HD 8 Plusレビュー(USB端子)

本体側はタイプCの端子ですね。

Fire HD 8 Plusレビュー(USB-C)

Fire HD 8 Plusのサイズと重さ

Fire HD 8シリーズは今回から本体の縦横サイズが変更に。

縦が縮んで横が広がり、より正方形に近づいたかたちです。

これによりこれまでの「縦持ちしたときの持ちやすさ」から一歩遠のいてしまった感じはあります。

手に持ってみるとこのような感じ。

Fire HD 8 Plusレビュー(本体)

私も手が大きい方ではないので基準としてどうかというのもありますが、画像のとおり手の平はわりと開く感じになります。

ホールド感が少し損なわれてるのは否めないかも。

背面から見てみます。

Fire HD 8 Plusレビュー(本体背面)

結構頑張ってつかんでる感じにはなっちゃいますね。

Fire HD 8 Plusレビュー(本体下)

下から見るとこのような感じ。

重量的には355gということで旧モデルよりも14g軽くなっているので、わずかだとは言え開発サイドの頑張りがあったのかもしれませんね。

とは言え、手の小さい人は無理せず両手持ちしておきましょう。

前世代モデル(2018年/第8世代)との本体サイズの比較

サイズ感を比較するために前のモデル(Fire HD 8・2018)と並べてみます。

左がFire HD 8 Plus、右が旧モデルのFire HD 8です。

背面です。

色味もサイズ感も結構違います。

重ねてみます。

Fire HD 8 Plusレビュー(旧モデルと比較)

上に来ているのが旧モデルですね。

縦横のサイズが変わっていることがわかります。

ちなみにこちらは旧モデルのFire HD 8。

厚さを見てみます。

Fire HD 8 Plusレビュー(旧モデルと厚みを比較)

厚さは変わりませんが、スピーカー穴のサイズが違うのがわかります。

上の穴が大きい方がFire HD 8 Plusですね。

本体サイズの変更で左右に距離が取れなくなった分、音の抜けをよくしているのかもしれません。

電源・入出力・ボリュームについて

それぞれ旧モデルと配置が変わっています。

このような感じ。

Fire HD 8 Plusレビュー(電源・入出力・ボリューム)

電源ボタンがボリューム側に来ています。

またイヤホンの入力が逆端に移動しており、電源とイヤホンの位置が入れ替わったかたちです。

ちなみに旧モデルはこんな感じ。

Fire HD 8(2018・第8世代)入出力・ボリューム

また今回からFire HD 8でもUSB-Cが採用されています。

Fire HD 8 Plusレビュー(電源・入出力・ボリューム)

とくにイヤホンの入力端子は背面へむかうカーブの途中にあけられているのが特徴的ですね。

成形的に難しい位置っぽい気もしますが、きれいに加工してあります。

処理性能とAnTuTuベンチマークスコア

システムオンチップ(SOC)プラットフォームはMediaTek MT8168(64ビットクアッドコア)、CPUはARM Cortex-A53 x 4(2.0GHz)、GPUはArm Mali-G52 3EE MC1が採用されています。

参考 Fireタブレットの仕様: Fire HDモデル | FireタブレットAmazonアプリストア

体感的にはかなりぬるぬる。

旧モデルで頻発していた挙動の引っかかりはほぼ見られません。

なおAnTuTuベンチマークの計測結果は下記のとおり。

Antutuベンチマーク:Fire HD 8 Plus(2020)

またGeekbench 3の結果は下記のとおり。

Geekbench 3:Fire HD 8 Plus(2020)

他のモデルとの比較は下記の記事に掲載中ですので、ぜひご一読ください。

Fireタブレットのベンチマーク一覧を一挙公開!AnTuTuベンチマーク、Geekbench3で計測Fireタブレットのベンチマーク一覧を一挙公開!AnTuTuベンチマーク、Geekbench3で計測

スピーカー・オーディオ性能

スピーカーはDolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカーが搭載。

長辺側にスピーカーの穴が用意されています。

Fire HD 8 Plusレビュー(スピーカー)

スピーカー穴のサイズは旧モデルよりも大きくなっています。

Fire HD 8 Plusレビュー(旧モデルと厚みを比較)

ここで一つ気付きがありまして、僕はこれまでスピーカー側を下側にして置いて利用するのが正解だと思っていたのですが、今回の本体デザインから見るとどうやら違うようですね。

スピーカー側が天井を向くのが正解のようです。

カメラ位置と背面のデザインの上下がそのようになっていますので、お間違えのないよう。

バッテリー容量と駆動時間

Fire HD 8 Plusは9Wの充電アダプタを同梱。

約4時間の充電で12時間稼働します。

これまで5Wのアダプタだったので充電スピードが遅いのが気になっていましたが、かなり早くなった印象です。

またFire HD 8 Plusではワイヤレス充電が利用できるようになり、取り回しがかなりよくなりました。

Alexaハンズフリーにしておくとバッテリーの減りが早いのは旧モデルと同じですね。

ただしワイヤレススタンドに置くと常に充電されている状態なので、Showモード&Alexaハンズフリーで利用してもさほど支障がないのがよいですね。

フロントカメラ/リアカメラ

カメラ性能は旧モデルから変わらず。

現代の標準からいくと、お世辞にもよい性能のカメラとは言えません。

カメラとしての実用性はほぼないと思っておいた方がよいですね。

また今回からカメラ位置が変更されフロントカメラは長辺側に移動し、リアカメラは左側から右側へと移動しました。

Fire HD 8 Plusレビュー(カメラ)

FireタブレットではZOOMも利用できますが、画像でのやり取りが多いようなら別デバイスを考慮した方がよいかもしれません。

【Amazon】FireタブレットでZOOMを利用する方法【Amazon】FireタブレットでZOOMを利用する方法

内部ストレージ

内部ストレージは従来の16GB/32GBから倍の32GB/64GBへと増量。

また外部ストレージとしてマイクロSDカードを1TBまで追加可能になりました。

かなり大容量のストレージを搭載できるようになったので、容量不足の心配はなさそうですね。

また最近ではマイクロSDカードがさらに安くなっています。

32GBモデルを購入しておいて、64GBモデルとの差額でマイクロSDカードを購入した方がコスパよく使えるのは従前どおりですね。

専用のワイヤレス充電スタンドも発売

Fire HD 8 Plusは専用のワイヤレス充電スタンドが発売されています。

Fire HD 8 Plusにあわせて作られているので造形もぴったり。

とくにShowモードやAlexaハンズフリーをフルに活用したい場合は必須とも言えるデバイスですね。

Fire HD 10タブレットをハンズフリーモードとShowモードで使用するメリット

と言うのも、両機能ともともかくバッテリーを食いまくるんですよね……。

結局コンセントに繋ぎっぱなしにしなくてはならず、取り回しの良さを犠牲にしなくてはならなかったので、ワイヤレス充電スタンドはかなり歓迎できるアイテムですね。

一つ難を言えば、置きっぱなしにしている間は常に充電状態なので、バッテリーの寿命が短くなってしまうであろうこと。

注意
リチウムイオンバッテリーは満充電状態を継続すると、バッテリー性能が劣化してしまいます。

製品サイクルが2年程度、本体価格が1万数千円と考えれば、劣化しきったら次のモデルに買い替えていくのが正しそうです。

以下、ワイヤレス充電スタンドの画像です。

まずは外箱。

Fire HD 8 Plus(ワイヤレス充電スタンド)

内容物ですFire HD 8 Plusレビュー(ワイヤレス充電スタンド一式)

本体にコンセント、説明書、リーフレットのシンプルな構成。

ひっくり返すと底にコンセントジャックがあります。

Fire HD 8 Plusレビュー(ワイヤレス充電スタンド裏面)

差すとこのような感じ。

Fire HD 8 Plusレビュー(ワイヤレス充電スタンド裏面)

前面の設置部はFire HD 8 Plusのボディ形状にあわせてくり抜いてあるのでぴったり収まります。

Fire HD 8 Plusレビュー(ワイヤレス充電スタンドくぼみ)

また縦置きにも対応できるよう、中央がより深くくり抜かれています。

設置するとこのような感じ。

Fire HD 8 Plus ワイヤレススタンド設置

もちろんスタンドとしての実用性も確かなので、動画鑑賞もばっちりです。

また、ここまで新しいFire HD 8の本体を見て分かるように、本体の形状変更に伴ってこれまであった本体上下のベゼル部分が短くなってしまいました。

これまでは横持ちしても指を添える場所があったわけですが、新モデルでなくなってしまった格好です。

横向きで手持ちすると若干持ちにくくなったかなとも感じるのですが、その場合は代わりにワイヤレススタンドを使うといいかもしれません。

Fire HD 8 Plusの機能面での特徴について

Fire HD 8 Plus

ワイヤレス充電の採用

Fire HD 8 Plusではワイヤレス充電を採用しています。

詳細はここまでで解説してきたとおり。

Showモードが捗ります。

今一つ盛り上がってないEcho Showをこっちに寄せようとしているのかと思えるくらいですね。

RAM3GBを搭載

これもなかなか数値で示せず、体感ベースの話にならざるをえませんが、少なくとも旧モデルに比べると挙動はかなり快適です。

複数のアプリを立ち上げても重くなったりなどがありません。

かなりぬるぬるという表現がぴったりな印象です。

ゲームモードの搭載

今回のFire HD 8 Plusからゲームモードが搭載されています。

MEMO
ゲームモードとはメモリやパフォーマンスをゲームに最適化する機能。同時にゲームに集中できるよう各種通知を完全にシャットアウトしてくれます。

気になるのは処理性能がどのくらい向上するのかということ。

今回はマインクラフトを起動して試してみました。

ちなみに起動にかかる秒数を計測するとざっくり以下のような感じ。

Fire HD 8 Plus(ゲームモードあり)15.03秒
  〃  (ゲームモードなし)15.46秒
Fire HD 8(2018年/第8世代モデル)16.08秒
Fire HD 107.15秒

そもそもゲームモードが起動時から影響を与えているのか?という根本的な裏が取れてないのですが、結果は上記のとおり。

Fire HD 10がぶっちぎりで速いのはともかくとして、体感としてはワンテンポ向上する感じです。

劇的に速く感じるかと言われれば正直そうでもないのですが、それでも高速化は歓迎できること。

もしかすると最近のもっと新しい高負荷のゲームで試すともっと違いがはっきりと出るのかもしれません。

ゲーム中の挙動も基本的に大きな差はないのですが、描画のなめらかさに何となく違いは感じますね。

旧モデルは何をするにしてももっさりなイメージですが、Fire HD 8 Plusではかなり軽快に行動できます。

ディスプレイ輝度が明るい

Fire HD 8 Plusで強調しておきたいのが、ディスプレイ輝度の改善による鮮明さの向上と色味の変化。

旧モデルと比べるとかなり明るくなったおかげで、ディスプレイの印象はずいぶんとアップしています。

画像で上手く捉えられていないのですが、並べるとこのような感じ。

Fire HD 8 Plusレビュー(ディスプレイ輝度の比較)

左がPlusで右が旧モデルです。

もちろん画素数に違いはないのですが、並べてみるとFire HD 8 Plusの方がドットの表現がより滑らかに見えます。

ヨノイ

もしかしたらフィルムの違いという可能性もありますが……。(旧モデルに貼ってあるASDECの方がアンチグレアがきつい)

また旧モデルは俗に言う尿液晶気味というか、Fire HD 8 Plusと並べるとかなり黄色く見えますね。

逆に今回のディスプレイは結構青みがかっており、多くの方に好まれるタイプの液晶ではないかと思います。

オーディオ性能が優秀

何気にFire HD 8シリーズはオーディオスピーカーが優秀。

組み込まれている部品に違いがあるのか、それとも設計のバランスがよいのか分かりませんが、一聴して全然違います。

序列をつけると以下のとおり。

Fire HD 8 Plus > Fire HD 8(2018年) > Fire HD 10

Fire HD 10のスピーカーは故障してるのか?と思うくらい貧弱ですね。

ヨノイ

本当に故障してるのかもしれません……。

AlexaハンズフリーでEcho的に音楽再生機として利用するのもありだと思います。

Fire HD 8 Plusを購入するにあたり注意しておきたいポイント

Fireタブレット全般に共通する、デバイスとしての注意点です。

GPS機能がなく使えるのはWi-Fiのみ

FireタブレットはGPS機能が搭載されていないため、地図アプリなどは使えません。

また回線への接続も基本的にはWi-Fiになります。

SIMスロットも用意されてないため、出先で通信しながら使いたい場合はポケットWiFiなどを用意する必要があります。

「縛りなし解約金なし」のおすすめのポケットWiFiは?短期でお試しできるWiFiを教えます

ポケットWiFiの中には、契約期間の縛りがなく解約金もない、短期利用を前提としたサービスも増えています。

月額料金やサービス水準も他のサービスと大きく変わらないのでちょっと試したい場合などにおすすめです。

Google Playが利用できない

Fireタブレットに搭載のFire OSではGoogle Playを正規の方法ではインストールできません

必然的にAmazonのアプリストアでリリースされているアプリから選択して使うかたちになりますが、正直なところ品揃えは今一つ。

ヨノイ

アップデートされないまま放置されているアプリも多数……。

そこでAPKファイルを利用してPlayストアアプリをインストールし、Google Playを利用する方法があります。

Fireタブレットに最も簡単にGoogle Playをインストールする方法Fireタブレットに最も簡単にGoogle Playをインストールする方法

ただしグレーゾーンで成り立っている方法なので、実行する場合は自己責任でよろしくお願いします。

Fire HD 10とFire HD 8 Plus、どちらを買えばいいのか?

Fire HD 8 Plusをワイヤレス充電スタンドとセットで購入することを考えると、価格的にもFire HD 10と競合します。

 32GB64GB
Fire HD 8 Plus11,980円13,980円
Fire HD 8 Plus + ワイヤレス充電スタンドセット14,980円16,980円
Fire HD 1015,980円19,980円

予算が先に決まっていて、Fire HD 10と迷われている方も多いのではないかと思いますが、個人的には下記の条件でおすすめします。

  • 動画配信サービスの視聴がメインでほぼ動かさない→Fire HD 10
  • 動画以外にもKindleやゲーム、Showモードなど多機能を楽しみたい→Fire HD 8 Plus

どちらか迷っているのであれば、Fire HD 8 Plusを買っておくのが無難かな、というのが僕の考えです。

AmazonのFire HD 10タブレット(2019/第9世代)をレビュー!新型になって圧倒的にパワフルにAmazonのFire HD 10タブレット(2019/第9世代)をレビュー!新型になって圧倒的にパワフルに

以下、理由を書いていきます。

Fire HD 10のフルHDディスプレイは強い、がFire HD 8 も十分きれい

Fire HD 10とFire HD 8 Plusを並べて使っていると実感してしまいますが、やはりフルHDディスプレイは強いです。

ただしFire HD 8 Plusは輝度も向上し、ディスプレイ性能はかなり上がっているので、8インチサイズで利用するならそこまで気になりません。

もちろんフルHDディスプレイやRatinディスプレイと並べれば差は歴然としているのですが。

取り回しがいいのがFire HD 8 Plusの魅力でもあるので、このくらいのスペックのものが搭載されていれば十分かと。

家から持ち出さずほぼ据え置きで利用するのであればFire HD 10を買いましょう。

参考 動画配信サービスの画質を比較|SD、HD、フルHD、4Kの違いなども解説ヨノイVOD

ベンチマークはまだ圧倒的にFire HD 10が上

ベンチ性能はあくまで数値的なもので体感を正確に代弁するものではないでしょうが、ベンチ性能はFire HD 10が圧倒的に上

それでもiPhone8に劣るという感じなんですけどね。

とは言えRAMの容量が増えたり、またゲームに関しては専用のモードも搭載され、触れる中での挙動に不満は感じません

旧モデル(2018年/第8世代)はすでに動きがかなりギコギコしていて微妙にストレスが溜まるのですが、Fire HD 8 Plusではそんなことないですね。

まあベンチうんぬん言っても、Fireタブレットでそこまでパワーを要することをやるのかというそもそもの疑問もあったりもするのですが……。

Fire HD 8 Plus単体で見るとかなりおすすめできるデバイス

Fire HD 8 Plusはトータルで見てかなり優れたデバイスだと思いますが、上位モデルが強いので比較するとさすがに負けてしまう、という部分はどうしてもあります。

フルHDが搭載されていれば一機に神機になったのでしょうが、ラインナップのバランスと製造コスト的にも、さすがにそうはいかないですよね。

事実上、FireタブレットはFire HD 10とFire HD 8 Plusの二択になったかと思いますが、それぞれ使い方の想定がかなり異なるデバイスです。

ご自身の使い方に合いそうな方を選んでおくと失敗がないかと思います。

Fireタブレットを買ったら何ができる?できること、できないことをわかりやすく解説Fireタブレットを買ったら何ができる?できること、できないことをわかりやすく解説 Fireタブレットのセール価格まとめ!割引率をチェックしてお得な購入を