Amazon Fire 7 タブレット(2019年モデル)をレビュー!スペックやできることを詳しく解説

(Fire 7に関するよくある悩み)
AmazonのFire 7 タブレットって安いけどどうなんだろう?
スペックも低そうだしせっかく買ったのにダメダメだったら嫌だな…。

Fire 7はAmazonのFireタブレットシリーズの中で、最小かつ最軽量のモデル。

最近はほとんど見なくなった7インチという絶妙なサイズ感と、安価で購入しやすい価格が大きな魅力です。

ヨノイ

7インチという、ポケットに入れてどこへでも持ち出せるサイズ感は至高……!

しかし徹底的に割り切られたスペックを見ると、どの程度ちゃんと使えるのか不安な面も。

そこでこの記事では、Fire 7(2019)を発売当初から1年近く使う中で感じたことを、レビュー記事として解説します。

いくらFire 7が安いとは言え、買い物での失敗はしたくないもの。

Fire 7の購入を迷われている方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

なお「Fireタブレットで何ができるのか?」については、下記の記事で詳しく紹介しています。

» Fireタブレットを買ったら何ができる?できること、できないことをわかりやすく解説

また当ブログでは、他にもFire HD 10Fire HD 8 Plusのレビューを書いています。

どのモデルを購入すべきか迷われている方は、ぜひあわせてご覧ください。

» AmazonのFire HD 8 Plusを徹底レビュー!スペックや使い方、無印モデルとの違いを解説

» Amazon Fire HD 10 タブレット(2019年モデル)をレビュー!スペックやメリット・デメリットを解説

目次

Fire 7 タブレット(2019年モデル)の特徴は?

Fire 7(2019):パッケージ

Fire 7 タブレットの特徴について詳しく紹介していきます。

Fire 7 タブレットはシリーズの中で最もコンパクトな7インチ

Fire 77インチディスプレイを搭載した、Fireタブレットシリーズ中、最もコンパクトなモデル。

最近では、7インチサイズのタブレットが少なくなったこともあり、新鮮みのあるサイズ感ですね。

7インチサイズは大型のスマホを一回り大きくしたくらいのサイズ感で、Fire HD 10、Fire HD 8と比較すると、取り回しの良さは抜群。

他のモデルよりもスペック面で見劣りする点は否めませんが、コンパクトさを最優先させたモデルだということは理解しておきましょう。

Fire 7(2019)ではAlexa(アレクサ)が使用可能

Amazonの開発するAIアシスタント「Alexa」(アレクサ)。

音声による会話形式のやり取りが可能で、音声で指示された命令を実行したり、会話での回答が可能です。

アレクサができること
  • 定額制サービスなどを利用して音楽再生が可能
  • オーディブル・Kindle本の再生
  • 天気やニュースの読み上げ
  • タイマーやアラームのセット
  • 家電を声でコントロールするスマートホーム(別途機器が必要)
  • その他Alexaスキルで実行可能なスキルを追加可能

2019年のモデル以降、FireタブレットシリーズでもAlexaの搭載がはじまり、Fire 7では今回のモデル(2019年モデル)ではじめて搭載されました。

Alexaが搭載されたことで、音声でアプリを起動したり、「◯◯を検索して」と音声でウェブ検索をしたりなど、これまでにない使い方ができるようになっています。

» EchoでAlexaに使える実用性の高いフレーズまとめ!スピーカー以外の機能も充実!

また、Fireタブレットでは、Alexaをより使いやすくする機能として、「Alexaハンズフリー」が搭載されています。

このAlexaハンズフリーは、音声でAlexaを起動できる機能。

「アレクサ!」と声をかけるだけで、Alexaがスリープ状態から自動で起動してくれます。

Echoはいつでも音声指示を受けられるよう常に待機状態となっていますが、それに近いかたちで使えます。

なお、Alexaは複数のデバイスで連携が可能です。

Echoなど他のAmazonデバイスを持っている場合は、それらと組み合わせることで、よりユーザーに最適化されたかたちで使用できます。

» Fire HD 10タブレットをハンズフリーモードとShowモードで使用するメリット

ディスプレイはSD画質でHD画質未満

Fire 7はディスプレイ画質がHD画質未満です。

名前に「HD」が入っていないことからも分かるように、Fire 7のディスプレイ解像度は「SD」

ちなみにSD画質とは縦横の画素数がが1,024×600ピクセルの画面のことを言います。

現代の標準的な感覚からいくと、正直なところ画質はかなり荒いです。

» 動画配信サービスの画質を比較|SD、HD、フルHD、4Kの違いなども解説

Fire HD 10、Fire HD 8は名前に「HD」が入っているとおり、HD〜フルHD画質です。

スマホの高精細なディスプレイを見慣れた今、Fire 7の画面を見て美しいとは決して感じませんが、7インチ程度であればSD画質レベルでもまあアリかなというのが個人的な感想です。

とはいえディスプレイの美しさにはこだわりたいという方もいらっしゃるでしょうから、そのような方はFire 7の購入はよく検討した方がよいと思います。

Fire 7はShowモードには非対応

Showモード」とは、Fireタブレットの待機画面がEcho Showの画面に切り替わることで、疑似Echo Showとして使用できるモードのこと。

Fireタブレットシリーズの中で唯一、Fire 7はShowモードに非対応です。

Echo Showシリーズには5.5インチの製品もあるので、Fire 7のディスプレイが特別小さすぎるということでもなさそうですが、製品として競合してしまうという判断かもしれません。

» Amazon Echoシリーズ全モデルを徹底比較!選び方とおすすめ機種をやさしく解説

ShowモードはFireタブレットを有効活用できる有効な機能の一つ。

特に上位機種ではワイヤレス充電に対応したモデルも出ており、手軽にスタンドから持ち上げられることからShowモードとの親和性がかなり高くなっています。

ワイヤレス充電に非対応だと、持ち運ぶ際に一々コンセントの抜き差しが発生してかなり不便です。

利用をお考えの場合は、Fire HD 8 Plusなど上位機種も検討すべきでしょう。

» Fire HD 10タブレットをハンズフリーモードとShowモードで使用するメリット

Fire 7(2019年モデル)のスペックについて

Fire 7のスペックは下記のとおりです。

 Fire 7 タブレット
世代第9世代(2019年発売)
イメージ
カラーブラック
価格5,980円(16GB)・7,980円(32GB)円
ディスプレイ7インチ、IPSディスプレイ、反射防止技術採用
解像度解像度1024 × 600(171ppi)、SDビデオ再生
OSバージョン(出荷時)6.3.0
Bluetoothバージョン4.1LE
プロセッサ1.3GHz クアッドコア
RAM1GB
オーディオモノラルスピーカー、マイク 3.5 mm ステレオ ジャック
センサーアクセロメータ
マルチタッチ5点
Alexa搭載
ストレージ16GB・32GB
microSDカードスロット512GBまで対応
カメラ2メガピクセルフロントカメラ、2メガピクセル HDリアカメラ + 720HDビデオレコーディング
位置情報サービスWiFi経由の位置情報サービス(GPSの搭載はなし)
Wi-Fiデュアルバンド a/b/g/n(ac未対応)
バッテリー最大7時間
充電時間同梱のUSB充電アダプタで約4時間
入出力USB 2.0ポート(マイクロB コネクタ)
サイズ192 × 115 × 9.6mm
重量286g
保証90日間限定保証付き(国内の場合は別売で延長オプションあり)

他のモデルと比較すると、さすがにFire 7はスペック的に非力な面が否めません。

特にRAMが1GBしかないのが弱いところですね。

新型のFire HD 10 Plus、Fire HD 10では4GB、3GBのRAM搭載を実現しています。

プロセッサも一代前のFire HD 8と同等のものが搭載されているとは言え、カクつきが気になる場面はかなり多いです。

とくにFire OSは、従来の6から7へと大型のアップデートがあったこともあり、次第に挙動に厳しさが出てきています。

発売から約2年が経過したモデルであり、かつそもそもスペック的にかなりギリギリという点は考慮にいれておきたいところです。

» 【Amazon】Fire HD 8タブレット(2018/第8世代)をレビュー!最初の1台に最適な高コスパモデル

Fire 7(2019年モデル)の価格について

Fire 7の価格についてまず言えるのは、何と言っても圧倒的に安いということ。

16GBモデルは定価5,980円、セール価格だと3千円台で購入できます。

16GB32GB
通常価格5,980円7,980円
プライムデー割引価格(2021)5,980円(割引対象外)7,980円(割引対象外)
初売り(2021)3,980円(33%オフ)5,980円(25%オフ)
サイバーマンデーブラックフライデー割引価格(2020)3,980円(33%オフ)5,980円(25%オフ)

» Fireタブレットの全セール価格まとめ。割引率をチェックしてお得な購入を

完全におもちゃ感覚で買えてしまう価格というのもなかなかですね。

Fireシリーズはスペックの割に異常な安さなのですが、Fire 7に関してはぶち抜いてる感があります。

この価格だったらハードに使用して壊してしまってもあまり気になりません。

故障をおそれて家で大事に扱うよりも、ガンガン持ち出して使い倒した方がこのデバイスのよさを発揮できるでしょう。

私はカバーも付けずにむき出しでバッグに入れて持ち歩いています。

また購入するならAmazonギフト券のチャージタイプの利用がお得です。

» Amazonギフト券に現金チャージで最大2.5%のポイント還元!おトクな買い物の方法がこちら

手間もそれほどかからないですし、Amazonの買い物全般に使えるテクニックなので是非チェックをしてみてください。

Fire 7の本体や性能などについてレビュー

ここからはFire 7の本体画像を見ながら性能面について具体的に解説していきます。

Fire 7の本体・付属品

Fire 7の本体と付属品一式はこちら。

Fire 7(2019):内容物

本体のディスプレイはかなりマットに見えるかと思いますが、実際はもっと映り込みます

映り込みがかなり激しく写真撮影に苦労するので、開封してすぐにディスプレイにアンチグレアフィルムを貼っています。

実際は下記くらい映り込むのでフィルムは必須ですね。

Fire HD 10 Plus:ディスプレイの映り込み

また画像では写ってないですが、背面のロゴデザインなどはFire HD 10と同様です。

Fire 7のサイズと重量

サイズ感はかなりコンパクトです。片手持ちも余裕です。

Fire 7(2019):本体前面

背面から。

Fire 7(2019):本体背面

下から見てもかなり余裕があるのがわかります。

Fire 7(2019):本体下部

Fire HD 8も片手持ちできましたが、Fire 7を触った後に持つと大きさを感じてしまいます。

使ってみると実感しますが、7インチは手に収まるサイズとしては絶妙な大きさです。

重さも気にならないため片手でも余裕で、横持ちでも重くて辛いといった感じはありません。

Fire 7(2019):ディスプレイ横持ち

持ってみると分かりますが、片手での横持ちは手に重さを感じやすい持ち方です。

Fire HD 8でも横持ちでの長時間使用は少々厳しいため、このような使い方をしたい場合はFire 7の方がおすすめかもしれません。

Kindle Paperwhiteと並べてみます。

Fire 7(2019)/Kindlepaperwhite

サイズ的にはほぼ変わりません。

これにFire HD 8を加えてみます。

Fire HD 8/Fire 7/Kindlepaperwhite

他のモデルと並べてみます。

Fire HD 10/Fire HD 8/Fire 7/Kindlepaperwhite

こうやって並べてみると、とくにFire HD 10とはかなり大きさが違うのがわかります。

重ねてみます。

Fireタブレット本体厚さ

厚みはKindleも含めたすべてのモデルで、ほぼ同じです。

処理性能

処理性能を見た場合、気になるのはRAMが1GBという点。

アプリはもちろん基本的な動作でも、少し気になる場面があります

明らかにマルチタスクには向いてないので、一度に沢山のことをしたい、という方は購入モデルを再検討した方がよいでしょう。

こちらの記事ではFire HD 10、Fire HD 8 Plusなどとベンチマーク比較をしていますので、ぜひあわせてご覧ください。

» Fireタブレットのベンチマーク一覧を一挙公開!AnTuTuベンチマーク、Geekbench3で計測

スピーカー/オーディオ関連

スピーカーはモノラルで、一つしかありません。

Fire 7(2019):本体側面

上位モデルはステレオ対応でスピーカーも二つありましたが、Fire 7はバッサリと割り切った仕様です。

側面もこのような具合で、スピーカー穴が片方にしかありません。

Fire 7(2019):本体側面
Fire 7(2019):モノラルスピーカー

正直なところ、Fire 7では本体のスピーカーで音楽を聴くのは厳しいです。

音場にこだわった最新の音楽をモノラルスピーカーで聴いてもさすがに楽しくありません。

Fire 7で音を出すならイヤホンか外付けスピーカーは必須です。

» cheero CHE-627をレビュー!再生時間10時間のロングバッテリー搭載【cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1】

それでも音楽を聴くならAmazon Music Unlimitedで物量で勝負とかそういう使い方でしょうか……。

音楽プレーヤーとしての利用はあまり期待しない方がいいでしょう。

» 【レビュー】Amazon Music Unlimitedを徹底解説!口コミや評判、料金など

バッテリー容量・稼働時間

スペック表では最大7時間となっていますが、体感的にはバッテリーの減りは異常に早いです。

どうやらAlexaハンズフリーOn Deckでじりじり削られているような印象です。

これはFire 7だけでなく、Fireタブレット全般で共通する問題なのですが…。

「On Deck」とは、プライムビデオの視聴履歴からおすすめの作品を自動でダウンロードしてくれる機能。

いかにも気の利いた機能なのですが、いま一つリコメンドが機械的で、結構な割合で全く興味のない作品を落としてくれます。

あってもあまり役に立たない機能なので、思い切ってオフにするとバッテリーの持ちが多少改善します。

» Fireタブレットをより使いやすくする!購入したらやっておくべき9つの初期設定

またFire 7は急速充電に対応していません。

今どきの標準的な感覚だと、充電速度は「遅い」です。

他にもスマホやタブレットを並行して使っていると、充電が遅くてわずらわしく感じる瞬間が出てくるかと思います。

フロント・リアカメラ

カメラ性能は、上位モデルのFire HD 10、Fire HD 8と同じです。

とはいえ、これらのモデルもカメラ性能は決して高くないので、実際はQRコード読み込み用といったところでしょう。

Fireタブレットではカメラ機能はコストダウンの対象となっているようです。

内部ストレージ

内蔵ストレージは16GBと32GBから選べます。

どちらを選んでも、後からmicroSDカードで最大512GBまで増設できるので、購入時はとりあえず16GBでOKです。

16GBのSDカードであればAmazonで1,000円以下で買えるので、本体の差額を考えてもこちらの方がお得です。

Fire 7はFire TV Stick経由でテレビへ出力可能

AirReceiverなどのアプリを利用することで、テレビへのミラーリングが簡単にできます。

接続も簡単なので大画面で見たい場合にはおすすめの使い方です。

AirReceiverはAmazonデバイス全般で大活躍するアプリなので購入しておくのがおすすめです。

315円と安い上、複数デバイスで使い回せます。

» Fireタブレットを使ってないならPCのサブディスプレイにするのがオススメです【Mac編】

» Fire TV StickでMacやiPhoneをテレビにミラーリングする方法をご紹介します

Fire 7を購入する際の注意点

GPSは使えずインターネットへの接続はWi-Fiのみ

FireタブレットシリーズはGPS機能がついていません。

そのため、地図アプリなどは使用できません。

また接続もWi-Fiしか使えません。

本体を外へ持ち出して利用する場合は、見たいコンテンツをあらかじめ本体にダウンロードしておくか、ポケットWiFiを用意する必要があります。

ポケットWiFiなら契約期間の縛りなし、解約金なしのサービスが使いやすくおすすめです。

» 【決定版】あなたのポケットWiFi選びをまるっと解決!本当におすすめできる比較ランキングがこちら

Amazonアプリの品揃えが正直厳しい

Amazonアプリストアのラインナップはともかく充実してません。

たくさんのアプリの中から検索して選ぶといった使い方は期待しない方がよいです。

さすがにTwitterやパズドラなどの超メジャーアプリはありますが、それでも「あのメジャーアプリがない」ということも普通にあります。

またAmazonアプリはラインナップはされているものの、更新が長らく途絶えているようなものも多々あります。

ダウンロードはできても実際には使用できないものもあったりするので注意が必要です。

Google Playは利用できないがインストールは可能

FireタブレットではGoogle Playは利用できません。

しかしGoogleのPlayストアをインストールして、裏技的にAndroidアプリを利用する方法もあったりします。

ただし正規の方法ではないのであくまで「自己責任」です。

» FireタブレットにGoogle Playをインストールする方法を詳しく解説

また、Fire 7は本体性能が微妙なので、Playストアを入れると挙動的に怪しくなります。

このあたりは本体性能の差がもろに出てしまうので、Playストア前提で購入を考えているのであれば、購入するモデルを再考した方がいいかもしれません。

» Fireタブレットのベンチマーク一覧を一挙公開!AnTuTuベンチマーク、Geekbench3で計測

Fire 7はAmazonコインを利用した課金用マシンとして使うのもあり

Amazonアプリは全般的に使えない、という解説をしましたが、例外が「Amazonコイン」を利用する場合。

AmazonコインはAmazonアプリストア内で利用できるバーチャル通貨で、還元率が異常に高いのがポイントです。

還元率は最大で20%以上になることもあり、たとえばゲームで課金する場合に、Amazonコインで課金することでかなりコスパよくガチャを回せます。

ただし

  • ゲームがAmazonアプリとして配信されている
  • プラットフォーム間でのゲームデータの引き継ぎができる

というのが前提です。

詳しくは下記の記事で解説しています。

» Amazonコインとは何?使い方やお得な購入方法からキャンペーン情報までを分かりやすく解説!

Fire 7は購入から30日以内なら延長保証も購入可能

Fireタブレットシリーズは購入から30日以内なら延長保証を購入できます。

延長保証の期間は2年間と3年間のいずれか。

また保証の内容は下記のとおりです。(2020年11月現在)

  1. メーカー保証期間終了後の自然故障・不具合について、保証期間中に1回に限り無償で代替品に交換(バッテリーの劣化を含む)
  2. 落下による故障、水濡れなどの偶発事故について、保証期間中に1回に限り無償で代替品に交換

本体の価格が十分安いため、保証をつけるかは微妙なところですね。

ちなみに私は壊れたら買い替えと思っているので、延長保証はつけていません。

まとめ:Fire 7は割り切って楽しめる方向けのガジェット

スペックを中心とした記事のため、Fire 7がいかに非力かを語るような内容になってしまいましたが、かといってFire 7がチープな端末かと言えばそんなことはありません。

わりと外装もしっかりしていますし、セールで3,000円台という価格設定を考えても、仕上げはなかなか丁寧だと感じます。

長い時間さわっていると、急に無反応になってしまったり、また画面の解像度が気になる場面もありますが、やはり安いというのは大きな強みの一つ。

3,000円台でこの製品内容は他のメーカーでは無理ですし、多少の不出来があっても結局はAmazonプライムやサブスク系サービスで帳消しになります。

» Amazonプライムビデオはどんなサービス?メリット・デメリットを紹介

また安いので故障を気にしなくてよいのもいいところ。

その分どんどん持ち出せるのは利点ですね。

僕も出先で動画を見そうな予感が少しでもあれば、動画をダウンロードして裸のままバッグに入れて出掛けています。

やはり軽くてコンパクトだと、多少の不便は関係なく使いますね。

Fire HD 10は画面はきれいでぬるぬる動きますし、使うと納得感はありますが、大きいので触るのが面倒なことがあります。

その点ではFire 7はともかく邪魔にならないので、気付けば漫画やプライムビデオなど、意外とちょこちょこ使っていたりします。

それを考えると、もしかすると本来のFireタブレットのコンセプトに一番近いデバイスなのかもしれません。

またサイズ的にもKindleに近いので、カラー版のKindleとして利用するというのもありだと思います。

» 和書12万冊が読み放題!Kindle Unlimitedのメリット・デメリットを徹底解説【無料体験】

正直なところ、Fireタブレットシリーズの1台目としておすすめするのは少しためらうものがありますが、気軽に触れる2台目としてであれば面白い買い物かと思います。

何と言っても安いのは正義。

気になる方はぜひFire 7を試してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる