Fireタブレット

Amazon Fire 7 タブレット(2019/第9世代)をレビュー

Fire 7(2019):ディスプレイ横持ち
AmazonのFire 7 タブレットって安いけどどうなんだろう?
スペックも低そうだしせっかく買ったのにダメダメだったら嫌だな…。

Fire 7 タブレットはFireタブレットシリーズのエントリーモデルとして、価格も安く購入しやすいのが魅力です。

しかし、徹底的に割り切られたスペックなどを見ると、どの程度ちゃんと使えるのか少々不安になるのも事実。

そこで今回この記事では、Fire 7(2019)のスペックなどに加え、実際にを使用して感じたことをレビューとしてまとめてみました。

購入を迷われている方はぜひ参考の一つにしていただければと思います。

なお、このブログでは、Fire HD 10Fire HD 8のレビューも書いていますので、ぜひあわせてご覧いただければと思います。

Fire 7(2019)の特徴は?

Fire 7(2019):パッケージ

Fireタブレットの特徴は次のとおり。

Fireタブレットシリーズで最もコンパクトな7インチ

Fire 7は最近では珍しくなった7インチディスプレイのコンパクトなタブレットです。

Fireタブレットの中で最小のモデルと言うことで、取り回しの良さとリーズナブルな価格が魅力です。

他のモデルと比べて若干スペック面で見劣りしてしまいますが、あくまでコンパクトさを優先させたモデルだということを理解しておきましょう。

Fire 7でもAlexaが使用可能

FireタブレットシリーズにはAlexaが搭載されています。

Alexaハンズフリーという機能により、「アレクサ!」と声をかけるだけでEchoのようにAlexaがスリープ状態から自動で起動します。

他のAmazonデバイスとも連携は可能なので、Echoなどを持っている方はぜひ積極的に利用しましょう。

ディスプレイはSD画質でHD画質未満

名前にHDを冠してないことからもわかるように、ディスプレイ画質がHD画質未満です。

Retinaディスプレイが標準となった現在で解像度が1024×600というのもかなり珍しいですが、この辺りはコストとの兼ね合いと割り切りましょう。

高精細な画像を見慣れた今、Fire 7のディスプレイを見てきれいだとは感じませんが、7インチ程度であればSD画質レベルでもまあありかなというのが個人的な感想です。

Fire 7はShowモードに非対応

Fireタブレットシリーズの中で、Fire 7のみShowモードに非対応です。

ShowモードとはFireタブレットがEcho Showの画面に切り替わり、疑似Echo Showとして使用できるモードのこと。

Echo Showシリーズには5.5インチの製品もあるため、Fire 7のディスプレイが特別小さすぎるということでもなさそうですが、おそらく製品として競合してしまうという判断でしょう。

ぶっちゃけ、Echo Show5が売れなくなってしまいます!

Fire 7はコンパクトなので、ユーザーの手元にある時間が長いという統計データでもあるのかもしれません。

Fire 7(2019)のスペックについて

Fire 7のスペックは下記のとおりです。

Fire 7 タブレット
世代 第9世代(2019年発売)
イメージ
カラー ブラック
価格 5,980円 7,980円
ディスプレイ 7インチ、IPSディスプレイ、反射防止技術採用
解像度 解像度1024 × 600(171ppi)、SDビデオ再生
OSバージョン(出荷時) 6.3.0
Bluetoothバージョン 4.1LE
プロセッサ 1.3GHz クアッドコア
RAM 1GB
オーディオ モノラルスピーカー、マイク 3.5 mm ステレオ ジャック
センサー アクセロメータ
マルチタッチ 5点
Alexa搭載
ストレージ 16GB 32GB
microSDカードスロット 512GBまで対応
カメラ 2メガピクセルフロントカメラ、2メガピクセル HDリアカメラ + 720HDビデオレコーディング
位置情報サービス WiFi経由の位置情報サービス(GPSの搭載はなし)
Wi-Fi デュアルバンド a/b/g/n(ac未対応)
バッテリー 最大7時間
充電時間 同梱のUSB充電アダプタで約4時間
入出力 USB 2.0ポート(マイクロB コネクタ)
サイズ 192 × 115 × 9.6mm
重力 286g
保証 90日間限定保証付き(国内の場合は別売で延長オプションあり)

何気にプロセッサ性能はFire HD 8と同じです。

RAMが1GBなのが弱いですが、一概に性能が貧弱とも言い切れない仕様にはなっていますね。

Fire 7(2019)の価格について

Fire 7の価格についてまず言えるのは、圧倒的に安い!ということです。

2020年1月現在で16GBモデルは5,980円で、セール価格だと3千円台で購入できます。

16GB 32GB
通常価格 5,980円 7,980円
初売り(2020) 3,480円(42%オフ) 5,480円(31%オフ)
サイバーマンデー割引価格(2019) 3,280円(45%オフ) 5,280円(34%オフ)
ブラックフライデー割引価格(2019) 5,980円(割引対象外) 7,980円(割引対象外)
プライムデー割引価格(2019) 3,280円(45%オフ) 5,280円(34%オフ)

小学生のお年玉で変えてしまいそうな価格というのも凄まじいですね。

Fireシリーズはスペックと比較して異常な安さなのですが、Fire 7に関してはぶち抜いてる感があります。

正直、この価格だったらちょっとしたおもちゃ感覚で購入できます。

Fire 7の本体や性能などについてレビュー

以下、Fire 7について具体的に見ていきます。

Fire 7の本体・付属品

内容物一式はこちら。

Fire 7(2019):内容物

例によってすぐにディスプレイにアンチグレアフィルムを貼っているので、実際はもっと映り込みます。

画像では写ってないですが、背面のロゴデザインなどはFire HD 10と同様です。

現行モデルではFire HD 8(2018)だけ旧ロゴなので2019年の製品からデザインを切り替えたようです。

Fire 7のサイズと重量

サイズ感はかなりコンパクトです。片手持ちも余裕です。

Fire 7(2019):本体前面

背面から。

Fire 7(2019):本体背面

下から見てもかなり余裕があるのがわかります。

Fire 7(2019):本体下部

Fire HD 8も片手持ちできましたが、Fire 7を触った後に持つと大きさを感じます。

当たり前ですがサイズが小さいと持ちやすいですし、手に収まるサイズとして7インチは絶妙な大きさだと感じます。

重さ的にも片手で余裕なので、横持ちにしても重くて辛いといった感じはありません。

Fire 7(2019):ディスプレイ横持ち

Fire HD 8にしても長時間は厳しいのでここは優位性ありですね。

Kindlepaperwhiteと並べてみます。

Fire 7(2019)/Kindlepaperwhite

サイズ的にはほぼ同じですね。

Fire HD 8を加えてみます。

Fire HD 8/Fire 7/Kindlepaperwhite

他のモデルと並べてみます。

Fire HD 10/Fire HD 8/Fire 7/Kindlepaperwhite

重ねてみます。

Fireタブレット本体厚さ

厚みはKindleも含めてほぼ変わりません。

処理性能

CPU性能は何気にFire HD 8と同じですが、RAMが1GBなのがちょっと厳しい感じはあります。

タブレットの性格的にもマルチタスク的な使い方はあまりしないことをAmazonは把握しているのかもしれません。

そもそもこのタブレットで重いタスクをやろうという気にはあまりならないですが、アプリを使う際はこまめに落としながら使った方がよさそうな感じはあります。

Fire HD 10、8とベンチマーク比較をしてみたので、こちらもあわせてご覧ください。

Fireタブレットのベンチマーク一覧を一挙公開!AnTuTuベンチマーク、Geekbench3で計測Fireタブレットシリーズのベンチマークを掲載しています。使用したアプリケーションはAnTuTu、Geekbench 3です。Fire HD 10(2019)のAnTuTuスコアも掲載していますので、ぜひ購入の際の参考にしていただければと思います。...

スピーカー/オーディオ関連

スピーカーはモノラルで、一つしかないのが特徴です。

Fire 7(2019):本体側面

Fire HD 8、Fire HD 10はステレオ対応でスピーカーも二つありましたが、Fire 7は割り切った仕様です。

側面もこんな感じでスピーカー穴が片方にしかありません。

Fire 7(2019):本体側面
Fire 7(2019):モノラルスピーカー

正直、Fire 7の場合はスピーカー出力でプライム・ミュージックを聴くのは厳しいかなと感じます。

音場にこだわった今どきの音楽をモノラルスピーカーで聴いても今一つ楽しくないというのが本音です。

バッテリー容量/稼働時間

スペック表では最大7時間となっていますが、体感的に減りが早い気がします。

どうやらAlexaハンズフリーでじりじり削られているような印象です。

これはFireタブレット全般でそうなのですが…。

また、Fireタブレットは急速充電に対応していないので、充電時間は今どきの感覚としては決して早くはありません。

これ1枚ならあまり気にならないと思いますが、他のタブレットを並行して使っていたりすると、充電が遅くてわずらわしく感じるときはあるかもしれません。

家にFireタブレットが4枚あるので充電がわけわからなくなります…!

フロント/リアカメラ

性能はFire HD 8、Fire HD 10と同じです。

とはいえ性能は決して高くないので、実際はQRコード読み込み用といった感じでしょうか。

Fireタブレットではカメラ機能はコストダウンの対象となっているようです。

内部ストレージ

内蔵ストレージは16GBと32GBから選ぶかたちです。

あとからmicroSDカードで最大512GBまで増設できるので、購入時はとりあえず16GBでOKです。

16GBのSDカードであればAmazonで1,000円以下で買えるので、本体の差額を考えてもこちらの方がお得です。

Fire 7はFire TV Stick経由でテレビへ出力可能

AirReceiverというアプリなどを利用することで、テレビへのミラーリングが簡単にできます。

created by Rinker
龙方儿

接続も簡単なので大画面で見たい場合にはおすすめの使い方です。

AirReceiverはAmazonデバイス全般で大活躍するアプリなので購入しておくのがおすすめです。

315円と格安な上、複数デバイスで使い回せます。

Fireタブレット:サブディスプレイ化
Fireタブレットを使ってないならPCのサブディスプレイにするのがオススメです【Mac編】 AmazonのFireタブレットは定価がとても安い上、セールでも異常に割り引かれるため、タブレットとしては比較的購入しやすいデバイス...
Fire TV Stick:Macデスクトップのミラーリング
Fire TV StickでMacやiPhoneをテレビにミラーリングする方法をご紹介しますAirReceiverは他のPCのデスクトップをサブディスプレイ的に表示できる便利なアプリケーションですが、ミラーリングアプリとしても利...

Fire 7を購入する際の注意点

GPSは使えずインターネットへの接続はWi-Fiのみ

FireタブレットシリーズはGPS機能がついていません。

また、接続もWi-Fiしか使えないので、地図アプリなどは使用できません。

本体を外へ持ち出す際は、見たいコンテンツを本体にダウンロードしておく必要があります。

また出先でネット経由で何かを行う場合はテザリング機能やFree Wi-Fiなどが必要になります。

Amazonアプリの品揃えが正直厳しい

AmazonアプリストアのラインナップはPlayストアと比較するのもどうかというくらい充実してません。

アプリとしては置いてあっても、更新が長らく途絶えていたりなど、実質的に使用できないものもちらほらあったりします。

Amazonアプリにはあまり期待しない方がいいかもしれません。

Google Playは利用できないがインストールは可能

FireタブレットではGoogle Playは利用できません。

GoogleのPlayストアをインストールして、裏技的にAndroidアプリを利用する方法もありますが、正規の方法ではないのであくまで「自己責任」です。

Fire HD 10
Fireタブレットに最も簡単にGoogle Playをインストールする方法FireタブレットにGoogle Playをインストールする手順について説明しています。root化を行わないSilkブラウザのみを使った簡単な方法なので、難しい操作が不安な方も安心です。...

また、Fire 7は本体性能が微妙なので、正直Playストアを入れると挙動的に怪しいです。

Playストア前提で購入を考えているのであれば、再考した方がいいかもしれません。

Fire 7は購入から30日以内なら延長保証も購入可能

Fireタブレットシリーズは購入から30日以内なら延長保証をつけられます。

延長保証の期間は2年間と3年間から選ぶことができます。

保証の内容は下記のようになっています。(2019年12月現在)

  1. メーカー保証期間終了後の自然故障・不具合について、保証期間中に1回に限り無償で代替品に交換(バッテリーの劣化を含む)
  2. 落下による故障、水濡れなどの偶発事故について、保証期間中に1回に限り無償で代替品に交換

本体の価格が十分安いので保証をつけるかはかなり悩ましいところです。

僕はFireタブレットに関しては壊れたら買い替えと思って延長保証はつけていません。

まとめ:Fire 7は割り切って楽しめる人向けのガジェット

「割り切って」と言っても、Fire 7をチープだとはあまり感じません。

3,000円台という価格設定もあるので、あまり不得手なところが気にならないというのもありますし、結局はプライムで帳消しになるんですよね。

触っていると謎の無反応がよくあったりと、言いたいところはありますが、コンパクトで持ち歩けるというのは愛着面での強みもあったりします。

Fire HD 10は使えば画面はきれいでぬるぬる動きますし、「やっぱりこれだな」と思うのですが、でかいので触るまでが少々おっくうなんですよね。

その点では、Fire 7は気付けば漫画を読んでいたり、プライムビデオを観ていたりするので、本来のFireタブレットのコンセプトに一番近いデバイスではないかとも思います。

Fireタブレットシリーズの1台目としておすすめするのは少し躊躇してしまいますが、気軽に触れる2台目としてであれば面白い買い物になるのではないかと思います。

ABOUT ME
ヨノイ
ヨノイ
ヨノイといいます!ブログや文章を書くことが好きで、ネットのさまざまなサービスや製品について発信しています!Amazonが大好きなのでそのあたりの情報が多め。記事をシェアしてくれると喜びます!\(^o^)/
Amazonギフト券にチャージすると最大2.5%還元!
Amazonでお得にポイントをゲットする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券のチャージタイプがおすすめ!

Amazonギフト券のチャージタイプは購入することでアカウントに残高が追加される仕組み。

チャージ後はそのままAmazonでの買い物で使用できます。

チャージするだけでポイントが最大2.5%分加算されるのでかなりお得!ぜひ利用しましょう!

\現金でチャージするだけで最大2.5%!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です